お知らせ

閉じる

王は愛する特集

予告編TRAILER

まずは、予告編動画を無料で観よう!

あらすじSTORY

これは、人を愛することを知った私の物語―。

王は愛する画像1
王は愛する画像2
王は愛する画像3
王は愛する画像4
王は愛する画像5

第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。

政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。

ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。

一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。これが三人の出会いだった。

7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。

三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。

ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。

人物相関図CHART

ウォン、リン、サンを巡る人間関係をチェック!

キャストCAST

イム・シワン「ミセン-未生-」×ユナ<少女時代>×ホン・ジョンヒョン「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」

ワン・ウォン役

イム・シワン

高麗の王を父に、元の皇帝の娘を母に持つ世子(セジャ)

美しい容姿と知性を兼ね揃え、民の息災を願う心優しい青年だが、両親の祖国が違うことを理由に、三歳で王位継承者である世子になりながら孤独な人生を送ってきた。そんな彼を孤独から救ったのは、幼い頃からの親友で、最も信頼のおける護衛でもあるリンの存在だった。しかし、確固たるものと思われたリンとの友情は、サンとの再会をきっかけに崩れ始め、いつしか愛する者を護る為にそれまで無関心だった権力を持とうとする。

ウン・サン役- ユナ(少女時代)

ウン・サン役

ユナ(少女時代)

高麗一の大商人ウン・ヨンベクの一人娘

幼い頃、山奥で何者かによって母親が殺され、その現場を目撃していたウォンとリンに出会う。それ以来、娘を守りたいというヨンベクの考えにより、身分を偽り、侍女として生きることになったサンは、心に傷を負いながらも気高さと男性的な強さを併せ持つ女性に成長する。ウォンとリンに再会し、友情を育むも、その奔放で素直な姿とたまに見せる弱さがいつしか二人の心を奪い、はからずも二人を翻弄してしまう。

ワン・リン役-ホン・ジョンヒョン

ワン・リン役

ホン・ジョンヒョン

ウォンの唯一無二の親友で護衛武士

高麗の王族の三男。文武に優れていて、幼いころから奔放なウォンをいつも側で見守り、支えてきた最も忠実な護衛武士。しかし、サンに出会ったことにより、サンへの愛とウォンとの友情の間で葛藤するようになる。生涯をかけて支えようと誓っていたウォンのためにサンへの気持ちを心の中に閉まっておくのだが、日毎にサンへの想いが強くなり、徐々にウォンとの絆にほころびが生じ始める。

見どころPOINT

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」「雲が描いた月明り」に続くトキメキ宮廷ラブロマンス!

-1.イム・シワン「ミセン-未生-」×ユナ<少女時代>主演!話題の豪華キャストが魅せる、胸キュン度MAXのロマンス時代劇!

1.イム・シワン「ミセン-未生-」×ユナ<少女時代>主演!話題の豪華キャストが魅せる、胸キュン度MAXのロマンス時代劇!

「太陽を抱く月」「ミセン-未生-」で役者として大ブレイクを果たしたイム・シワン。日本でも抜群の知名度と人気を誇る彼が、2017年入隊前最後の出演作として選んだ本作で、美貌と知性、大胆な行動力に加え、孤独・愛・怒りなど様々な顔を持つ王子ワン・ウォン役に挑戦しました。また、<ZE:A>のメンバーである彼が、ウォンの揺れ動く心を綴った挿入歌『僕の心は』を自ら歌い上げていますので、ぜひ聴いてみてください。

「対するヒロイン役には、アイドルグループ<少女時代>のメンバーで女優としても活躍中のユナ。二人の男性ウォンとリンの間で揺れる、美しく芯の強いサンを作り上げました。

-2.大ヒット作「シンイ-信義-」「太王四神記」脚本家ソン・ジナ最新作!

2.大ヒット作「シンイ-信義-」「太王四神記」脚本家ソン・ジナ最新作!

本作「王は愛する」は、ドラマ「シンイ-信義-」「太王四神記」など、数々のヒット作を生んだ脚本家ソン・ジナが執筆した最新作。熱烈なファンを生み、ドラマをヒットさせた韓国でも指折りのスター脚本家が、愛と友情の狭間で揺れるキャラクターたちを美しく魅力たっぷりに描き出し、多くの視聴者を虜に。

2016年から2017年6月にかけて100%事前制作しており、日本でも大ヒットを記録した「雲が描いた月明り」「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」に続くキラキラロマンス時代劇が誕生しました。

-3.すれ違う愛、友情、そして欲望―

3.すれ違う愛、友情、そして欲望―

絶対的な信頼で結ばれた友情が、一つの恋によって崩れ始める様を切なく、かつロマンティックに描いた本作。高麗の王子である主人公ワン・ウォンが腹心の友と同じ相手を好きになることで、いつしか友情にも変化が…。愛か友情か二人は究極の選択を迫られます。

愛する者を守る為に無関心だった権力を持とうと決意した王子と、王子に忠誠を誓う心優しい友。そして2人の間で揺れ動く美しきヒロインの3人が、宮廷を舞台に甘く切ない三角関係を繰り広げます。その結末とは!?

-4.「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のホン・ジョンヒョンが、優しき護衛役で新境地開拓!

4.「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のホン・ジョンヒョンが、優しき護衛役で新境地開拓!

主君と家臣のブロマンス(男同士の厚い友情)も物語の大きなポイント。護衛として主君のウォンを世話するリン。一方で、リンに危険が及べば、持ち前の知恵を使って助けるウォン。 二人の固い友情は一人の女性を巡って崩れかけるも、断ち切ることのできない絆が物語を一層盛り上げます。

本作でウォンの親友ワン・リンを演じたのが「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」で狂気と悲しみを抱えた役柄で好評を得たホン・ジョンヒョン。本作で魅せた心優しく誠実な姿で、前作からのイメージをガラリと変え、新境地を開拓しました。

スタッフSTAFF

監督:キム・サンヒョプ「トンイ」

脚本:ソン・ジナ 「シンイ-信義-」「太王四神記」

原題:왕은 사랑한다(王は愛する)

英題:The King in Love

韓国放送:地上波<MBC>月火ドラマとして2017年7月17日~2017年9月19日(最終回)に放送。全40話。

無料動画FREE

第1話(高画質日本語字幕版)が誰でも無料で観れる!

高麗の第25代王・忠烈王と元の元成公主の間に生まれた世子ワン・ウォンは、母方の蒙古の血を引くという理由で、周囲はおろか父親からも蔑まれていた。孤独な幼少期を過ごしたウォンが12歳になった時、ワン・リンという唯一の親友ができた。リンと共に王宮の外の世界へ飛び出したウォンは、ある日、ウン・ヨンベク商団が賊に襲われるところに出くわす。そこにはウンの財力を利用して大成しようとする者たちの陰謀が渦巻いていた。

「王は愛する」をさらに知りたい方は以下へ↓↓

豆知識TIPS

読めば深まる知っ得情報はこちら!

-1.原作はある?

1.原作はある?

原作は小説家キム・イリョンの同名長編小説。韓国でベストセラーとなったこの作品は、ファンからも映像化が待ち望まれていました。ドラマは本小説をもとに実力派のソン・ジナが脚本を執筆。ドラマと原作の違いを探してみても面白いかもしれません。

-2.ワン・ウォンは実在人物?

2.ワン・ウォンは実在人物?

劇中、イム・シワンが演じるワン・ウォンはのちに高麗の第26代王であるチュンソン王(1275年~1325年)となる人で、実在の人物です。父は高麗の第25代忠烈王、母は中国の元(げん)王朝の皇女なので、高麗史上初のハーフといわれています。

-3.イム・シワンの近況!

3.イム・シワンの近況!

本作を最後に2017年7月11日入隊したイム・シワンですが、70周年を迎えた2018年の「国軍の日」(10月1日=韓国の祝日)記念式典では司会を務め、その男らしい姿を見ることができました。

陸軍25師団新兵教育大隊の助教として兵役を務めたイム・シワンは、2019年3月27日晴れて除隊。ラブコールが殺到し、早くも次回作が決まっています。軍除隊後初の復帰作は、ケーブルチャンネル<OCN>ドラマ「他人は地獄だ」で撮影の準備に取り掛かるそうです。さらに映画『ボストン1947』にも出演を決めており、今年8月にクランクインの予定です。さすがですねー。

周辺人物GUIDE

ソン・イン役-オ・ミンソク

ソン・イン役

オ・ミンソク

王命や軍事に関わる役所・密直司(ミルチクサ)の堂後官(タンフグァン)。

高麗を自らの支配下に置こうとひそかに企んでいる野心家。ウォンを世子の座から引きずりおろすべく、自らの手を汚すことなく、暗躍する。忠実に王に仕えていると見せつつ、自分に想いを寄せる女を王のもとに送り込み、王をも操ろうとする。

ワン・ダン役-パク・ファニ

ワン・ダン役

パク・ファニ

リンの妹

王族の娘らしく清楚で可憐な女性だが、言いたいことははっきりと言う芯の強さもあわせもつ。幼い頃から兄のリンとともにウォンと接するうちに、ウォンに想いを寄せるようになる。しかしウォンに対してその愛情を表に出すことはなく、ただそばにいられることで自分の心を満足させている。

忠烈(チュンニョル)王

チョン・ボソク

ウォンの父で、第25代の高麗王

高麗のため政略結婚をして、元の皇帝の娘である元成(ウォンソン)公主を妃に迎える。また元の皇帝の孫となる、自らの息子ウォンをも持て余すようになる。高麗の国を守るため、時に激しく厳しい態度に出るが、それがウォンの不信感を募らせ、父と子の溝が深まっていくこととなる。

元成(ウォンソン)公主-チャン・ヨンナム

元成(ウォンソン)公主

チャン・ヨンナム

ウォンの母で高麗の王妃

元(げん)のフビライ・ハンの娘。元から高麗に嫁いできたことで多くの苦難を経験するが、息子ウォンには愛情を一心に注いできた。たとえその振る舞いが民に恐れられ、王に嫌われることがあっても、それはウォンが世子として不自由なく生きるための、彼女なりの純粋で一途な気持ちの表れであった。

イム・シワン作品PICKUP

ピックアップ5選!ステキなイム・シワンにどっぷりハマりたい!

2012年ドラマ。美しすぎるホ・ヨムを演じたイム・シワンが、演技に初めて挑んだドラマ。

2013年映画。韓国で観客動員数1100万人突破の大ヒット作!

2014年ドラマ。社会現象を生んだ感動のヒューマンドラマ!

2016年映画。朝鮮戦争中の実話をもとにした映画で、イム・シワン初主演!

2017年映画。イム・シワンが詐欺師を演じたクライムアクション!

  • ツイート
  • シェア

その他、おすすめ動画はこちら!

ページTOPへ

Official Partner of NBA