お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ホワイトファング

G
  • 字幕

アラスカの大自然を舞台に、少年とホワイト・ドッグの交流を描いた同名小説の映画化。

母と死別した少年ジャックは、父を訪ねてゴールドラッシュにわくアラスカへとやってきた。だが、そこで少年は父の死を知る。父の遺した金鉱を探すため、大自然の猛威と戦いながら過酷な旅を続ける中、少年はヒグマに襲われるという事件に見舞われる。その時ジャックの前に現れ、勇敢にも彼を救い出したのは、狼と犬の血が流れるホワイトドッグだった。ホワイトドッグに友情のめばえを感じるジャック。だが、再び出会った時ホワイトドッグは人間を憎むことを教えられ、怒りにみちた荒々しい闘犬へと変わっていたのだった…。

詳細情報

原題
WHITE FANG
関連情報
製作:メアリーケイ・パウエル
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1991
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-04-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

ホワイトファングの評価・レビュー

3.5
観た人
289
観たい人
320
  • 3.7

    アーロンさん2021/11/07 00:25

    イーサン・ホーク演じる、ジャックのまだ幼さがまだ残るあの茶目っ気ある笑顔で慕われたらそりゃ誰もが降参ですよね、わかります。

    狼犬ホワイト・ファングとの出会い、再会、その後の展開も実にディズニーらしい真っ直ぐなストーリー。

    イーサン・ホークが大好きだということを、再認識する作品でした。

  • 3.8

    Nさん2021/11/05 00:12

    イーサン・ホーク観たさで鑑賞
    内容はディズニーらしくて観やすい

    若かりしイーサン・ホークが美しすぎて、
    出てくる動物が可愛くてひたすら癒された
    動物と人間の絆系に弱いので好きな作品でした

    ゴールドラッシュに沸くアメリカ🇺🇸
    亡き父の残した金鉱を探すため、
    一人アラスカへとやってきたジャック

    眉毛まで真っ白になっちゃうくらい寒い
    寒い時期にちょうどいい映画でした

    イーサン・ホーク可愛くて最高でした

  • 3.2

    Ruuさん2021/10/30 19:50

    イーサン・ホークさんと狼の交流物語だと思って
    見始めたけどホワイトファングと出会うまでが長い。
    出会うまでが面白くないとかじゃないけど、
    もっと早く出会うのかと思ってた。
    50分くらい経ってやっとちゃんと出会う。
    それにやっと出会ったと思ったらまたお別れ。
    なかなか心苦しいシーンがあるし、
    古い作品ではあるけど楽しめました。

    3人組めっちゃ嫌い。ホント嫌い。
    イーサン・ホークさんが若い。
    私はイーサン・ホークさんにダンディな
    オジ様のイメージが強いのですが、
    若い頃はとても美少年だったんですね。
    熊に追われるシーン、
    出川哲朗さん思い出してしまった。

    【忘れないよ】

    2021→239

  • −−

    唐揚げさん2021/10/13 15:51

    ずーーーーっと観たかったの🐶🐶🐶
    狼犬の美しさに見惚れる!!そしてなんで犬たちあんなに演技出来ちゃんだろう...めっちゃ賢いんだろうな〜撮影後にたくさんおやつもらえて可愛がられてたらいいなあって思った。
    心苦しい場面も多いけどとにかくイーサンホークと狼の綺麗な目が良すぎたからDVD買おうかな。

  • 3.0

    高菜炒飯さん2021/06/07 16:28

    高校の授業で鑑賞。
    今ならはっきり言える。
    皆んなが数学やら物理やらを勉強してる間、こんな最高な授業他にないんだからウトウトせずにしっかり見なさい、と。

  • 3.8

    KAiさん2021/03/20 00:38

    "大自然が父だった…狼が友だった…"
    …本作公開当時のキャッチコピーより

    イントゥ・ザ・ワイルドのクリス・マッカンドレスに影響を与えた作家ジャック・ロンドン。彼の描くアラスカの情景はとても美しく雄大であり、厳しさの中にも全てを受けいる度量の大きさを感じさせ、クリスにアラスカこそ聖地と意識づけるには十分でした。

    彼の代表作が本作の原作である"白い牙"。1/4の犬の血をひいた狼犬の主人公がたどる数奇な運命を描いた動物もの小説の傑作です。
    人間と関わる中で狼の中に流れる犬の血に目覚めていくという物語は、もう一つの代表作である飼い犬が野生に適応していく"野生の呼び声"とは対になる作風となっています。

    "白い牙"の映像化作品である本作はディズニーが版権を買い、若きイーサン・ホークを物語の主人公に据え、主人公ジャックと狼犬との絆に焦点をあてたよりファミリー向けの作品に仕上がっています。

    本作の見どころはやはり、もう1人(1匹)の主人公である狼犬の"ホワイトファング"ではないでしょうか。
    アラスカ生まれ、そり犬育ち、悪そうな人間だいたい飼い主、という出自から"人間への浅からぬ憎しみ"を抱いているのですが、ジャックの献身に徐々に心を開いていくというツンデレの演技は素晴らしいものがあります。

    ホワイトファングを演じるのはハスキー犬のジェドくん。彼はかの有名な12人のおっさんと変幻自在の宇宙人の戯れを描いた名作"遊星からの物体X"で冒頭に登場する"追われる犬"を演じた名優ワンちゃんでもあるのです。
    あの映画においての"絶対中に何か潜んでいる犬"の演技も素晴らしかったですね。

    本作の冒頭に動物愛護委員会の監修を受けて撮影されているという注意書きが流れます。
    主人公とホワイトファングが結ぶ絆は素晴らしいものがあるのですが、物語上さけては通れない闘犬のシーンは本当にワンちゃんたちの痛みを感じるほどの真剣さを感じます。ワンちゃん好きの方には少しショッキングに映る可能性も考慮し"動物好き注意"のタグをつけさせていただきます。あしからずご了承くださいませ。

  • −−

    pennylane0116さん2020/12/09 02:30

    マークし忘れ。高校生くらいのときに一人でイーサン祭り(ツタヤにあるイーサン作品全部借りる)した時にみた。

  • 4.0

    山猫舎さん2020/12/05 00:07

    アラスカの風景、わっかいイーサンの美少年ぶり、犬と混血の狼の可愛さ

    私の好きなもの3つ(アラスカ・イーサン・狼)入ってます(笑)

    お話はディズニーらしく、無難に楽しめます


  • 3.5

    ご自由さんさん2020/11/14 17:56

    自然と動物の描写は素晴らしい。犬(狼)と自然が主人公。
    なんとカナダ?の自然の美しいことか!! なんと多くの動物の可愛いことか!!なんと動物同士の戦いの迫力のあることか!!
    小さい頃に親父にプレゼントされたジャック·ロンドン原作「白い牙」「荒野の叫び声」は思い出の本。読めない字がいっぱいあった記憶があり、それでも一生懸命ワクワクしながら読んだものだ。今は混同して記憶も薄いが····。

  • −−

    Dさん2020/09/13 12:21

    ジャック・ロンドン原作の ディズニー映画!
    映画版は、野生の呼び声とは 対照的に人間が主人公。

    若きイーサン・ホークが演じるジャックの成長を描き、狼犬との友情物語。

    ゴールドラッシュに沸く時代のアメリカが舞台。

    リアルの動物を使った過激な描写、過酷な大自然の中での 犬ぞり、狼との乱闘など、ジャック・ロンドンの原作らしい見どころが多い。

    仔犬の頃の狼犬が成長し、ジ ャックと再開。

    闘犬として育てられた狼犬ホ ワイト・ファングは、ジャックとの最初の出会いから、一 変してしまっていた。

    ジャックはホワイト・ファン グとの友情のため、憎しみを 植えつけられてきた狼犬に優しさを教えようとする。

    野生の呼び声と合わせて観たい!
    違った面白さがある!

    こちらも、万人向けにオスス メできる感動作!! この映画は続編がある。

    また、Netflixオリジナルのアニメも。

    【紹介記事】

    “イタリアのアラン・ドロン” ルカ・マリネッリ主演の映画『マーティン・エデン』 9/18公開
    https://eiga-board.com/posts/6274

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました