お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブロークン・アロー

G
  • 字幕

ジョン・ウー監督が放つノンストップ・アクション超大作!

最新銃ステルス爆撃機のパイロット・ヘイル大尉は核弾頭を搭載しての演習中に予期せぬ事態に遭遇する。隣で操縦していた上司ディーキンス少佐が核弾頭を強奪した上、基地に「ヘイルが狂った」と嘘の連絡。機外に放り出されたヘイルは、消えたディーキンスの後を追うが──。

詳細情報

原題
Broken Arrow
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1996
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-06-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ブロークン・アローの評価・レビュー

3.2
観た人
3779
観たい人
640
  • 3.0

    Eucharisさん2021/11/29 22:05

    ジョン・トラボルタ3連発!

    第1弾ブロークン・アロー




    サタデーナイトフィーバーだと思ったか!?

    いいえ。安定の悪役です(⌐■_■)




    この時代の映画って、VFXは…ないよね?

    だから修正、補正、視覚効果による流麗さはないけど、、体当たり感というか、人が頑張ってます!って感じがして良いと思うのです。




    雑なところもあるけれど、愛嬌?(笑)

    いろいろ雑なんだけれどその分わかりやすい関係性とかで背景がすんなり入りやすかったり、、、、ね?

    人間関係とストーリーの組み立てもすっきりしているし、、そして、勝負の火薬量(笑)


    原爆、、爆発させちゃうんだよ?(笑)




    ラストのシーンは何年経っても覚えております(笑)

    そんな映画です。




    次回!正義のトラボルタ!?

  • 3.7

    君子さん2021/10/22 10:09

    タイトルの意味は核兵器紛失の暗号なのね。「それは無いわ〜」とか言いつつ気楽に見れて良かったかな。そして、何故かトラボルタ目線で観てしまう場面がちょいちょいあった笑

    あと二丁拳銃は、クリスチャン・スレーターが小柄に見えるせいなのか、かっこよさがイマイチ出てなかった気がする。

    でもやっぱ、ジョン・ウー×トラボルタなら、断然「フェイス/オフ」が好き!

    WOWOW

  • 3.3

    corouigleさん2021/10/18 21:57

    ジョンウーのハリウッド第一弾
    (あれ、二弾か。。。→一弾目かと勘違いしてた)

    ジョンウー映画は良い!

    アクション爽快、
    英語も簡単!

  • 3.4

    kankoさん2021/10/13 05:52

    それなりに面白かったけどすごく面白くもなかった作品。なんだろう、あんなに色々アクション、爆破シーンなど取り入れているんだけど迫力と緊張感が今ひとつなのは何故だろう。

    ジョン・ウー監督作品は「フェイス・オフ」しか観てないんだけどそちらと比べてしまう。あそこの最後のアクションシーンのスローモーションの使い方とかすごく良かったんだけど。

    トラボルタの軽妙な悪党ぶりは中々良かった。

  • 3.3

    MayumiMさん2021/10/11 21:20

    戦闘機乗らせたら右に出る者はいないけど、銃を扱わせたらアレレな展開に……なんてトコロが、ディーキンス少佐が出世できなかった原因な気がして仕方ないのはワタシだけですかそうですか。
    ともあれ、ステルス爆撃機の演習で搭載された核弾頭に何故タイマーが付いてるのかという疑問をうっちゃっりながら繰り広げられる師弟対決ぶりはどこか清々しささえ感じるんだけど、とにかく悪役を演じてるジョン・トラボルタが楽しそうで何より感満々。しかも、核弾頭に一発カマされて昇天ってどんな男のロマンだよ(違)。
    それにしてもボルボ株って、今なら判るけど、当時だとかなりチャレンジングな投資なんじゃ……イヤ、投資ってそんなモノだけど。

    トコロで、現実になったら怖い"ブロークン・アロー"だけど、実はパロマレス米軍機墜落事故というのが実際に起こって、未だ影響が残ってるんだとか。
    しかも、ソッチは水素爆弾だったって何たる……。

  • 3.4

    kazuuuさん2021/09/25 08:16

    THE 90年台アクション映画。

    核弾頭を手にしたテロリストに、空軍パイロットと公園監視員が二人で戦いを挑む、という内容。

    なんといっても、リアルな爆破シーン。
    ヘリコプター、列車、手榴弾がドーン!と大爆発。
    クリスチャンスレーターがダイブで脱出!
    みたいなスタントシーンが、CGではなく本物の爆薬で描かれているので、迫力があります。

    両手に2丁拳銃で走りながら打つ、など銃撃戦は今見ると微笑ましい。

    なお、題名のブロークンアローは、アメリカ軍が核兵器を紛失した際の隠語らしい。現実では耳にしたくない言葉だ。

  • 3.5

    KoseiHirataさん2021/09/20 10:21

    先日『ハード・ターゲット』を観たので、こちらも観たくなりました。
    公開当時は丸の内ルーブルの『ジュマンジ』が満席で仕方なく代わりに日本劇場の本作を観たことをよく覚えています。後日『ジュマンジ』をビデオで観たのですが、『ブロークン・アロー』よりはだいぶ劣る出来栄えで満席でよかったなぁと思いましたw
    都合4機のヘリコが景気よく爆発するスペクタクルアクションの良作だと思いますが、ジョン・ウーらしさという点ではいささか特徴が出ていないように感じます。
    しかし、クリスチャン・スレイターに2丁拳銃をやらせたりギリギリの線で粘ってはいます。それにしてもクリスチャン・スレイターにアクションをやらすと『トゥルー・ロマンス』の主人公の妄想の世界に飛び込んだようで愉快です。
    少し脚本が弱いですね。政府の要人がスレーターを犯人と誤解する定番の流れが序盤で解決したり、作戦自体もいきあたりばったりでセンスを感じません。まあアクションつるべうちの本作には些細な問題かもしれませんが。
    本作の功績はプチ復活していたトラボルタに悪役もアクションもいけると知らしめたことでしょう。

  • 3.3

    qtaroさん2021/08/21 00:53

    20210819鑑賞
    まあまあ面白かった。
    ステルス機のパイロットに奪われた核弾頭を取り戻すために、相棒のパイロットが暴れ回る話。アクションと冒険要素が上手く融合した面白い展開なんだけど、なんかあまりにもスムーズに話が進み過ぎてて、あと一捻り欲しい感じ。トラボルタのサイコパスぶりは素晴らしいし、ヒロインも魅力的なんだけどな。。まぁ、楽しめたのは確かです。

  • 4.0

    ソイレントグリーン2022さん2021/07/29 10:00

    ジョン・ウー監督、ジョン・トラボルタ、クリスチャン・スレーターと好きな監督、好きな俳優さんでしたので期待高まりました。その私の勝手な期待を裏切る事なくとっても面白かったです。トラボルタは、パルプ・フィクション後で“乗ってた”時期なのかな、この作品でも憎たらしいほどの強い悪役!公園監視員の女性も強すぎです!アメリカのユタ州?壮大な自然の中や、廃鉱山、ヘリ、列車と見せ場が次々と展開されて大変良かった👍

  • 3.7

    hideさん2021/07/24 19:29

    トラヴォルタ、悪役の時の殺られかたがいつも滑稽❗🤣

    核弾頭2機を搭載したステルス戦闘機の模擬演習飛行中、仲間の裏切りによって機外へ放り出されるヘイル大尉(クリスチャン・スレーター)。これは核を強奪しようとするディーキンズ少佐(トラヴォルタ)の計画的犯行。砂漠に落下したヘイルは、公園監視員の女性に逮捕されかけるが、事情を説明し、2人でディーキンズの跡を追うのであった…。

    うまいこと行きすぎの主役とヒロイン。
    何回か死んでるよね~、死んでなくても骨折はしてるよね~🤣!

    いちいち気取ってるトラヴォルタのあるシーンの効果音は「テッテレ~♪」に聞こえたけど🤣!私だけデスネ…
    あと、タバコの吸い方はトラヴォルタあるある?何アレ?😆好きやけど笑った!

    ヒロイン強し!!👊

    真面目なアクションなのにコメディに見えてしまった作品でした。😆

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました