お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

プレミアム・ラッシュ

G
  • 字幕

ニューヨークを舞台に壮絶なバイク&カーバトルが展開するハイスピードアクションサスペンス!

人と車が激しく行き交うニューヨーク。究極のテクニックで大都会を疾走するバイクメッセンジャー、ワイリーは、ある日、知り合いの中国人女性ニマから1通の封筒を託される。だが、これが悪夢の始まりだった。闇賭博に身を染めた悪徳刑事マンデーの執拗な追跡、背後にうごめく裏組織の黒い影、そしてニマを苦しめる政府からの弾圧…この封筒にはいったい何が隠されているのか、そして事件に巻き込まれたワイリーはこの危機を切り抜けることができるのか!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

プレミアム・ラッシュの評価・レビュー

3.5
観た人
4512
観たい人
1824
  • 4.1

    Mycroftさん2021/07/23 17:25

    自転車のロードレースを描いた映画はあってもメッセンジャーを主人公にして自転車の魅力を全面に出したアクションとして唯一無二。

    渋滞気味の自動車の群れの間をすり抜けていくシーンだけでなく、信号を無視して流れる自動車をかわしていくシーンとかはかなりスリリング。どう切り抜けるか、瞬間的にルートをシュミレーションする見せ方も面白い。

  • 3.4

    おたしんさん2021/07/13 10:27

    ジョセフ出演作を漁ってて見つけました。
    90分ぐらいでめっちゃ見やすい!
    気軽に見れて良い感じでした!

    気になって調べちゃったけどメッセンジャーって本当にある職業なんだね!
    あんな奴等に横切られたら轢いてやりたくなるのが本音だけど爽快でした!笑

    カーチェイスならぬチャリチェイスは見たことないかも!
    むしろ車vs自転車でスリル満点でした。
    活躍してたわけじゃないけどチャリのポリスが可愛すぎたw
    ジャリボーイ最高やん!

    アイシールド21バリにワイリーが道を見つけるの好きでしたw
    上ったり下りたりとジョセフがどこまで演じてるのか分かんないけど相当練習したんじゃないかな。

    メッセンジャー気になります!
    絶対事故多いけど!

  • −−

    kissenger800さん2021/07/04 16:24

    ニューヨークの地理が分かっていると何倍か面白くなる。って自分が偏愛するニッチカテゴリの映画において不動の1位を誇るのは『サブウェイ・パニック』(1974)なわけですが(タランティーノも同じ意見のはず。というこのカードの強さよ)この作品、オープニングの"Baba O'Riley"を聞きながら、お、いいところまで行くんじゃない? と期待してしまうんですよ。
    ところが東京でいうと北千住から表参道ぐらいでね、主人公が動く範囲。地下鉄に乗れ。
    って正解があるなか、強引に自転車縛り企画なので、だったら町中の疾走シーンを楽しめるんじゃ? って思うじゃないですか。
    でね、比喩でいうと銀座近辺のシーンばっかりなの。
    あとはせいぜい赤坂表参道ぐらい。
    つまり、本来ならメインになるべき「町を疾走するシーン」が短い。それが本当に物足りない。という感想でした。
    もちろんニューヨークの地理を知ってるひと向けに映画を作る理由なんかひとつもないので、自分が言ってることに合理性がひとつもないことは自覚していますが、『シン・ゴジラ』(2016)の楽しみのひとつに、鎌倉から武蔵小杉を経由して東京駅へやって来る、おお、弊社がゴジラに壊される。御社もですか。弊社もです。
    みたいな現実に浸食してくるフィクションの、むしろ浸食してくれ感覚があったことを思い出してほしいんです。(すみません、これ東京民の無神経コメントなことは分かっています。なぜなら十代のころ、関西に住んでいた自分がそういう「東京の奴らばっかり楽しみやがって」コンテンツに腹を立てていた記憶はいまでも消えていないから)

    『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)がものすごく狭いエリアながらマンハッタン町中うろうろ劇としての満足度が高かったり、箱根駅伝をやっぱり見てしまうのは沿道の景色込みだったりするのと同じで、自分が好きな街が舞台になっていると盛り上がってしまうのはしょうがないわけで、えーと、楽しみはしたけど文句は言いたい。という作品でした。好きか嫌いかでいうと……好き(ツンデレかよ)。

  • 3.5

    toshimoviesさん2021/07/04 08:12

    人と車が激しく行き交うNY。究極のテクニックで大都会を疾走するバイクメッセンジャーが、一通の封筒の配達を依頼されるが…。巻き込まれ型ハイスピード・アクションサスペンス。劇場未公開作品。
    疾走感溢れる演出と展開に見入ってしまう。
    コヨーテのワイリー。固定ギア ノーブレーキ。NYにメッセンジャーは1500人。セキュリティ・クーリエ。中国人女性ニマ→蛇頭シスター・チェン。ナンバー・プレート"NY市警"。"ドイヤーズ通り147"。ハワラのチケット。チベット問題。「止まらない。止まりたくない」

  • 4.0

    EDDIEさん2021/06/15 12:28

    めちゃくちゃおもしれーじゃねーか!日本劇場未公開。
    ヤベー奴に追いかけ回される系スリラー。
    ニューヨークを激走するメッセンジャーたち。ヤベー奴はなんと警察!?
    スリル満点の見せ方といい、演出といい、デヴィッド・コープ監督こういうのもっと撮って!

    ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演。
    先日公開の『アオラレ』からあの手のヤベー奴に追いかけ回される系映画が好きなんだな自分と気付き、そういう作品を漁っています。

    本作は一定のコアな支持者がいて、日本未公開ではありますが、Wikipediaには以下の記載がありました。

    “辻岡朔実やわたなべりんたろうを始めとする有志による署名活動をした結果、同年11月2日~8日に新宿シネマカリテにてDVD画質での劇場公開(レイトショー)が実現した。”

    鑑賞してみると、そうまでして劇場のスクリーンで観てみたいという気持ちはかなり共感できました。

    とにかくブレーキなしで時間との勝負とばかりに自転車で走り回るメッセンジャーたちの映像の演出はスリル満点。
    ハラハラドキドキするし、ぶつかって思いっきり飛ばされるところとか普通に驚きます。
    もちろんスタントも起用してるんだろうけど、エンドロールではJGLが撮影中に腕から流血する模様を流すなど、かなり体を張っていることもわかりました。

    市民を守るNYPD、つまりニューヨーク市警を“悪”として映し出す点、日本では道交法的にも公開にかなり勇気が入りそうな点など、作品自体がかなり人を選びそうなところも逆に良いですねぇ。

    JGL演じる主人公ワイリーが警察との追いかけっこで手玉に取ってるところとか、特に自転車で走り慣れてるメッセンジャーと走り慣れてない警察という対比的見せ方がとても良かったです。

    時系列をバラバラにして、ワイリーがなぜ警察に追われているかを徐々に明かす演出も見応えあり。
    いや、これホントもっと多くの人に観てほしい。
    マジで面白いです!

    ※2021年自宅鑑賞126本目

  • 3.6

    五流侍さん2021/06/08 21:39

    物語のクオリティとしてはB級の域を出ないが、ピストバイクを操るジョセフゴードンレヴィットがひたすらにカッコいい。
    日本では道交法違反となってしまうが、フィッシュテール(後輪を滑らせながら左右に降って減速するブレーキング)で減速する様や、車の間を縫って爆走する姿は、一見の価値がある。

  • 3.7

    tk33220さん2021/06/05 14:06

    荷物の奪い合いから派生して、警官との逃走劇や同僚との自転車レースなどが荒唐無稽に繰り広げられるのが素晴らしいだけに、肝心の荷物に意味が託されているところからテンポが悪くなるのが残念で仕方ない。

  • 3.6

    MasatoNakayamaさん2021/05/23 23:38

    最近ピストではないけど自転車にハマってる流れで特に期待せず観たらおもしろかったぁ。

    最初から最後までダレのない疾走感。でもこの映画に影響されたらあぶないあぶない。自分は安全運転で。

  • 3.8

    Kさん2021/05/09 00:47

    疾走感のある自転車の追跡シーンや走路のシミュレーションなど、交通安全の天敵のようなシーンが楽しい好きな映画。

    鑑賞後は無性に自転車を走らせたくなる。

  • 4.5

    Kazoomaさん2021/04/24 23:43

    マイベストムービーの一つ。自転車好きには最高に良い。街乗りは危険が多いけど、この映画を見るとそれでも街乗りに出かけたくなる。愛車のピストバイクに乗りたくなります。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す