お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

感染創世記

G
  • 字幕

ジョージ・A・ロメロを越える!? 傑作ゾンビ映画誕生! ゾンビに挑む人間たちの狂気をグロ描写満載に描く。

世界中のホラー・ファンから称賛を浴び、“ジョージ・A・ロメロを超えた”とまで言わしめた傑作ゾンビ映画。ゾンビ感染によって人類滅亡の危機に瀕した地球を舞台に、ゾンビと生き残った人間たちとの壮絶な戦いを描く一方で、人間の中に潜む狂気をあぶり出していく。母親が自身の幼子に喰らいつく冒頭シーンをはじめ完全無慈悲の映像表現で、観客たちを阿鼻叫喚の世界へと誘う。

詳細情報

原題
DEAD GENESIS
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2010
制作国
カナダ
対応端末
公開開始日
2015-01-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

感染創世記の評価・レビュー

2.1
観た人
49
観たい人
17
  • 2.6

    tAkさん2021/01/09 16:23

    ゾンビ映画としては珍しいタイプの映画でした。
    
    市民が作った自己防衛集団にドキュメンタリーを撮るために密着したジュリアンが様々な現実を目の当たりにしていきます。
    
    他のゾンビ映画とは少し違うなと感じたのは、ゾンビの人権や人間側の倫理についてスポットをあてている点です。
    
    従来のゾンビ映画ではゾンビを徹底的に倒し、その街からの脱出を目的としていたり、目的の地を目指すストーリーが多い気がしますが、今作はそれらを目的とせず、自己防衛集団に入隊している市民がなぜゾンビを倒すのか?なぜ入隊したのか?などを掘り下げ回答を得る事を目的としたドキュメンタリー映画の様でした。
    
    バンバンゾンビを倒していく映画ではありませんが、ゾンビ好きの方には一度チェックして欲しい作品ではありました。

  • −−

    Abbyさん2020/03/22 14:38

    ゾンビを犯すとは・・・まあ、人間ならやりかねない事かな((((;゜Д゜)))

    でもそれが正気を保つためとか、それで正気保てれるの?なら、人間とヤればいいんじゃ(ノ`△´)ノ

    ダラダラ展開でゾンビもゾンビとは名だけで、動きもどうなの?ってレベル(;・ω・)せっかく久々に歩くゾンビを観れたと思ったのに(ToT)

    主人公もラストの引き金を引くってだけで戦場の悲惨さを知ったってのもクソ薄いよ(;_・)

  • 3.4

    なりかけゾンビさん2020/02/23 11:04

    現代の戦争の意義を問いただす様に、ゾンビ社会におけるゾンビ狩りの意義をテーマにした作品

    登場人物の心情はとてもよく表現されている
    序盤でひよっこテレビ作家の主人公は「民間団体のゾンビ狩りにより安全が確保されてきている」事を放送しようと密着取材をはじめる。しかしそこで行われていたのは世界のためとの大義を掲げてゾンビからの略奪品で生計をたてている集団。

    様々な場面で非人道的な行為をみて主人公は民間団体を非難するがそれに対してボスが「全てを失い他に何ができる?視聴者は君の番組を評価するだろう。だが俺たちを理解しない。俺も仲間も多くを失った。傷は癒えない。」この言葉がかなり説得力あり、主人公も反論出できずに黙る。
    このシーンがこの映画の真髄だと感じた

    この作品の冒頭では親ゾンビ活動家が「ゾンビは私達と同じ人間。外でゾンビが歩いていたら挨拶をして家に招いてあげて!」
    そんな事できるわけが無い。ゾンビは理性を失っており、家に招こうものなら住人が皆殺しにされるからだ。

    これと同じ出来事は実際に何度も現実で起きており、ベトナム戦争では戦争反対と皆が唱える事で終結したが、それによりランボーの様な故郷に居場所を失った悲惨なベトナム帰還兵が大量に生まれ、なんのケアもされなかった。
    言うは易く行うは難し。結局外野でわーわー言ってる人間は現場で苦しんでいる人間の事など理解しうとしない。この構図を監督は批判したかった様に感じた。

    世界観が確立されているが、撮影方法についてはゾンビを写す時、ゾンビの細かな造形を誤魔化す為にアップで画面をぶれさせる方法は他の映画でもよく観るが、人間同士の会話中もアップ+画面ブレで具合が悪くなりそうだった

  • 2.9

    りょんりょんさん2018/01/08 03:33

    NETFLIXにて鑑賞
    以前に鑑賞したことがありましたが、途中のある場面まですっかりそのことを忘れていました。
    アイデアはよくあるものですが、いいと思います。ただ、手ブレのカメラの使い方をもうちょっと考えた方がいいと思います。手ブレだから臨場感が出るわけじゃないですしね。あと、低予算だからかもしれませんが、ライティングも。基本、自然光でもいいとは思うのですが、技術力がないのに、技術力を求めるような撮影は避けた方がいいと思うのです。

  • 2.0

    Pomupomu1111さん2016/12/02 18:24

    レポーターがゾンビと戦う組織に密着して取材する姿を描いた作品

    笑えるシーンやアクションシーンもないので結構地味です

    人間の汚いところが描かれていて、組織内で人間関係が崩れていく感じとか、観終わった後なんとも言えない...ぼーっとした気分になります笑

    ストーリー自体は悪く無いですが、カメラの手ブレが酷くて気持ち悪くなるのがちょっと残念

  • 4.0

    Jetさん2016/02/29 09:53

    ゾンビの造形は最近の低予算ゾンビ映画にしてはまあ頑張っている部類に入るけど、内容は駄目駄目。レポーターの主人公も民間のゾンビハンターを取材しているようには全然見えない。何しに来たんだ主人公。最大の見所は冒頭の母親ゾンビが自分の息子を食べているシーンが最大の山場かな。

  • 2.5

    chamurさん2016/02/07 00:10

    中途半端な感じだけど思ったほど悪くなかった。
    ゾンビを性の道具にするとか、バカげてるし発想がキモい。

  • 3.3

    ゾンビ判事さん2016/02/03 21:39

    女性ドキュメンタリー映像作家の民間ゾンビ退治組織への密着取材日記

    よってよくあるゾンビ映画ではない
    最近はゾンビ物もバラエティに富んでよいことだ
    これも背景にゾンビはあるがテーマは正義とジャーナリズムというとこか

    なかなかえげつないオープニングで始まる

  • −−

    しりたんさん2015/06/03 14:42

    原題:DEAD GENESIS

    人間側中心にしたゾンビ物。
    ゾンビのメイクは力入っているが低予算なので8割森の中で進行する。
    この『駄作創世記』ではドキュメンタリー制作のために自警団を組んでゾンビを始末しているグループの取材をするが、“見なければよかった”的な思いに駆られ凹む内容。
    時間を無駄にしたくなければ、観る気を起さないようにしませう。

  • 2.0

    ぐりぽんさん2014/05/08 23:06

    序盤10分と終盤の酒場のシーン以降はそれなりに面白いけど、あとはダラダラとインタビューシーンが続く退屈映画。ドキュメンタリータッチにするためか、手持ちカメラで撮影してる雰囲気を出すつもりが、手ぶれが酷すぎて見るに耐えない。ゾンビはただのやられ役の背景に過ぎない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す