お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ぼくを探しに

G
  • 字幕

ファンタジックで奇想天外な、ハートウォーミング・ストーリー!

幼い頃に両親を失ったポールは、ショックで言葉を話すことができなくなった。そんなポールを育ててきたのは、風変わりな姉妹の伯母たち。二人はポールを世界一のピアニストに育てようと必死だった。ある日、ポールは同じアパルトマンに住むマダム・プルーストと出会い、不思議なハーブティーを勧められる。それは、失われた記憶を呼び覚ますための“魔法”。一口飲んだとたん、赤ん坊の頃の幸せな記憶が、奇妙な夢のように浮かび上がってくるのだった。その日から、ポールは伯母たちに隠れてマダムの秘密の部屋を訪れるようになり、固く閉ざされた心は少しずつ開放されていく。しかし、それは同時に、心の奥にしまった痛ましい記憶も蘇らせてしまい…。

詳細情報

原題
ATTILA MARCEL
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2015-03-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

ぼくを探しにの評価・レビュー

3.6
観た人
5648
観たい人
6766
  • 4.3

    uzuraさん2021/04/18 17:37

    記憶喪失、両親の死、ハーブ、キノコ、トリップと刺激的な内容だが、アニメーション監督だけあってポップで美しくファッタジックに仕上がってる。暖色が眩しい70'sバイブスの両親がかっけー。父親役もギョーム・グイが演じてたのはあとから知ってびっくり。

  • 3.7

    Mさん2021/04/16 18:37

    声を亡くしたピアニストが隣家のマダムとの出会いで、失っていた幼少期の記憶を取り戻していく物語。

    温かさと優しさに溢れ、シーンシーンでキャラクターの個性を自然に表現していく手腕はさすが。

    ただ冷静に考えてみると
    ハーブティー飲んでトリップしたり、
    主人公の叔母姉妹の世界一下品なさくらんぼの歩きぐい、
    養女のくだりや、
    唐突な死などシュールな所も色々ありそこも見どころの一つかなと。

  • 3.9

    ヴァルーンさん2021/04/10 09:06

    かなり不思議な、色使いとかがオシャレな映画。
    最初、ポールとマダムふたりの関係性も分からないくらいだったけど、それほどの主人公の訳ありな背景に負けないくらい、周りの人の個性も強いし、ハーブティーで記憶を甦らせるという特殊な設定まで現れはじめます。

    もう1回言いますが色合いがほんとに良くって、どのシーンもなんか、ポカポカしてくるような温かい平和な感じでした。
    ポールの人生は決して幸せでは無いかもしれないけど、人情溢れる皆に愛される面での幸せは誰よりも持ってそうだし、なんか毎日楽しそうだしでシリアス要素はほぼ無いです。

    音楽も美しすぎ。ピアニストという設定もこの映画の芸術点のためと思えるくらい、映画全ての美しさは抜群でした。

  • −−

    Maithaさん2021/04/09 10:22

    喋れない主人公、美しい音楽、かしまし叔母さま方、人間臭い魔女、ダンス、美男美女の両親の写真、可愛いお菓子…さすがフランス映画。色遣いが素敵
    まるで音楽にのせた物語のよう

  • 3.5

    soraさん2021/04/09 08:43

    カラフルな映画
    ポールが幸せな人生ならよし!
    もっと自由に好きなように生きてたらどうなってたのかな??と思ったりもした

  • 4.1

    monchanさん2021/03/31 00:10

    ポールの何を考えているか分からない、コミカル?な目、表情、動きがすごい。

    出てくる場所や風景、衣装はおしゃれで素敵。
    物語は、予想できない感じで進んでいくので、引き込まれる〜

    あとハーブティーの味が気になるのと、マドレーヌがおいしそう。

  • 3.7

    恵さん2021/03/24 12:36

    色使いが綺麗、フランスだ。
    ぼんやり観てたらとなんだかよく分からないまま話が進んでしまった、主人公の性質上起伏の少ないお話。演出も独特なので合う合わないがあるなーと思う。私は好きな雰囲気だった。

  • 3.5

    yatchiさん2021/03/20 08:13

    Nous trouvons de tout dans notre mémoires:
    elle est une espèce de pharmacie, de laboratoire de chimie,
    où on met au hasard la main tantôt sur une drogues calmantes, tantôt sur un poison dangereux.

    Marcel Proust


    クラッシック、ジャズ、フレンチポップ、ハワイアン…、
    ボヘミアンファッション、フレンチシック、
    緑溢れる光さす部屋、歴史深いオブジェに囲まれ薄暗い部屋、
    自然、歴史、
    音楽、スポーツ、
    パリ、トルヴィル
    西洋人、東洋人、キリスト教、仏教、
    医者、セラピスト、薬、ドラッグ…

    様々な側面が映画に散りばめられ、
    終わった後にほのぼのしますが、
    よくよく考えたら、深ーい作品でした。

  • 3.8

    ねこさん2021/03/20 01:24

    不思議な味付けだけど幸せな気持ちになる、寓話のような作品

    記憶などというあやふやなものに縛られて身動き取れなくなってしまうなんて勿体ない
    やりたいことをやって楽しむのが人生の醍醐味
    マダム・プルーストとポールのママに、そう教わった気がする

    それとは別に、好きなものと得意なものとは必ずしも同じではないことも知った
    正反対のようだけど、どちらもその通りだと思う

    ポールがマダムの部屋を訪れることになるきっかけが素敵で参った
    雨が奏でるウクレレも、マダムからのメッセージだと思うとよりあたたかく聴こえる

    ピアノの装飾、壁紙、伯母たちの服装、マダムの部屋の様子など、様々な部分に施されたデザインや色彩がとても美しい

    伯母姉妹の今昔が絶妙なキャスティングだったことにも感心

    みんなに愛されていたんだな、ポール
    今度は君が愛する番だ

  • 3.0

    RAAさん2021/03/13 11:29

    おしゃれ。想定通りではあるけど少し面白い過程を辿るところ。

    音楽とかワンシーンの色彩とか
    もちろんストーリーも
    そういう芸術は絶対的ではなくて
    いつでも不確かであってほしいし
    感情的に捉えたい

    関係ないけどシモンネーリングの大ファンになってしまった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す