お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

レッド・ファミリー

G
  • 字幕

鬼才キム・ギドクが北と南の「家族」に挑んだ、温かくも切ない衝撃に嗚咽がとまらない、驚異の感動作。

人も羨む理想的な4人家族、実は、母国からの使命を遂行し続けるために、家族を演じている北朝鮮工作員チーム「ツツジ班」。ひとたび家に帰り、玄関のドアをしめると、階級に即した超体育会系。母国の命令を遵守するスパイの顔に一転する。隣に住むのは、下らないことで日々罵り合い、犬も食わない喧嘩を昼夜かまわずく垂れ流すしょーもない一家。母国の家族の安全のために、意に即さない苦しい任務をこなし続ける緊迫した日々を送っているツツジ班の事情など知る由もなく、チャンスあらば鍋を手に突然おしかけてくる。工作員たちは、「資本主義のバカたちが。」と毒づきながらも、彼らに許されない憧憬を抱いたり、共に暮らしながらも、監視しあい、規制しあわなければならない偽家族に、しかし少しずつ心を許していく…。そんなある日、ツツジ班夫役の、母国に人質にとられている妻と子が脱国に失敗したことから事態は暗転し始める。やがて…。

詳細情報

原題
RED FAMILY
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2015-04-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

レッド・ファミリーの評価・レビュー

3.7
観た人
5998
観たい人
4286
  • 3.5

    まんげつさん2021/04/19 06:07

    210418-054
    あくまでも南目線であることを差し引いても…
    同胞の軋轢がこんなカタチで日常社会の中に存在しているという困難。いつか克服する時がくるんだろうか? 傷はいつまでも深いだろうな。

  • 3.1

    ヤンさんさん2021/04/18 19:12

    南に潜入している、北の工作員たちで構成された疑似家族の任務と理想と葛藤の話
    故郷にいる家族とは、まるで人質のようにとられたかのように引き離され、機械のように任務を遂行するマシーンのごとき生活を送っていた主人公たちが、馬鹿馬鹿しくも騒々しい隣家の家族たちと交流する中で、家族や故郷を想い葛藤するのが話の焦点だと思っていたものの、特に北の「異常さ」の描写が薄い気がしてなりません

    南北間の緊張や彼ら家族の行動で何がどうなったか、家族が撮影した写真がどこでどのように活用されているのか、制服?礼服?軍服?を着ているシーンも子どもを手にかけるシーンもさらっと流され、北に残されている家族についても口頭でちょっと出てくるだけなので、劇中のセリフにもありましたがアカに毛が生えただけに見えてしまうのが残念でした

    ちなみにこの作品ポスター、きっちり境界線に立っていてほしかったです笑

  • 3.8

    ともさん2021/04/18 18:24

    前半から一転、後半は一気に哀しい展開に。

    自分達の家族を守るために、偽りの家族として韓国に潜入し、隣の家族をみて少しずつ人らしい感情になって行くけど、残酷な上層部に運命を翻弄される。
    隣の家族が絶え間なく喧嘩していて観ていて疲れてくるけど、最後に全部活きてきて泣けます。

    異常な事が当たり前…正義と教え込まれている事が普通ではない…また北朝鮮の事をこの映画を観て色々考えさせられた。
    改めて日本に生まれた事ってすごく幸せな事なんだな。

  • 3.9

    おだゆうとさん2021/04/18 04:26

    娘の表情1つひとつに思春期のとけとげしさとか気だるさがあってすごく素敵だった。南北の対比や重大な問題の描き方がありきたりではあるけれど、グッとくる映画。

  • 3.6

    standfieldさん2021/04/17 13:27

    母国・北朝鮮からの命令により、家族を装い韓国へ潜入した4人組が、隠れ家隣の変な家族たちとの交流を通じて考え方が変わっていく様子を描く。

    遂行しなければ、母国の家族の命がない。だから冷酷にならなきゃいけないのに、なりきれない。隣の家族と交流してから、罪のない人を殺すことへの罪悪感を覚えてしまったから。
    任務の遂行と日常生活への愛着の狭間で葛藤する4人の姿に胸が痛くなること間違いなし。
    実際、北朝鮮の工作員にああいう人たちが本当にいるんだろうなと思ってしまう。

    最後、4人が家族のやりとりをするシーンで泣きそうになった。それを見ていた工作員たちの表情にもグッときた。同じ国の人間だから感情移入してしまったのだろう。

  • 4.0

    Takaoさん2021/04/16 17:39

    独特なテンポで進む映画だな、と感じたが劇中のBGMが極端に少ないからなのかなと。

    その独特なテンポがコメディ映画なのか?それとも社会派映画なのか?と自分の脳を右往左往させるが、最後に「ああ、これは家族の愛を描いた作品なんだな」と腑に落ちた。

    良かったです

  • 3.1

    CookieMonsterさん2021/04/16 11:34

    一見理想的な家族は北朝鮮からのスパイだった、という設定をみれば社会派コメディかな?と思いそうだけど、北朝鮮の人権問題を描いた社会派作品

    国家に家族を人質として取られ、自らの意に沿わずスパイとして動く偽りの家族
    韓国の儒教的な教えを体現し、目上や互いを敬い、幸せそうな家族を演じている彼らの、家族は人質とされ本来の関係性を築くことができないという皮肉

    対比として登場するのは、互いを敬うことを知らない喧嘩ばかりの家族
    隣の家に住む主人公たちの正体を知らずに理想的な家族だと羨み、反対に主人公たちはこの家族を自分たちの幸せな境遇を知らないのだと嘆く
    隣の芝生はいつも青い

    作品に流れる基本的なスタンスは、家族は是であるという儒教的な考えであり、それは絶対に裏切ることのない絆と関係性であると説きながら、偽りの家族は互いを敬う擬似家族へと変身していく
    船上のシーンは彼らの家族への憧憬がなしたものであり、最後まで諦めきれなかった、かつて夢みたものだからこそ胸を打つ

    但し作品全体の作りとしては平板で、偽りの彼らの悲しみも安っぽく感じる
    結局指導者の思想を洗脳として信仰するのと同様に、儒教的価値観を盲信してるようにもみえるし、韓国社会が当たり前に享受している豊かさへの警鐘も紋切り型にしかみえない
    ニュースで見知った情報を再構成しただけにしかならず、導入部の「残酷にならざるを得ない私達」という表現も尻すぼんでしまった

  • 3.3

    あきさん2021/04/15 23:09

    2021-28
    コメディに笑った
    お母さん松たか子かと
    アクションシーンがわりと何が起こってるのか分からん
    後半がせつな面白くて良かった
    ラストカットがとても良かった
    余韻がすごい
    で、北の人が見たらどう思うんでしょう

  • 3.8

    HUNTさん2021/04/13 21:39

    これ・・・怖すぎるんやけど・・
    こんなんばっかやろ北◯鮮・・実話に近いんやろこれ。
    自由がないって
    見張られてるって
    自分を抑えて家族を餌にずっと工作員として生きてくって・・・
    人としてあんな生活はあかんすぎる
    人をあんな風にしてまうて、宗教ぽいな
    隣人全然羨ましくない。でもこの人たちにとったら羨ましいて人間らしくて
    ラスト家族を演じるシーンは辛すぎるわ。
    ミンジがラスト出てきたんは少し救われた。

  • 3.5

    NaNaさん2021/04/11 17:18

    1回目 3.6 2回目 3.5

    北の工作員
    作中、『プンサンケ』が出て来た
    離散家族
    情から生まれる愛

    話が分かりやすい

    途中に挟まれる野ウサギのストーリー

    チャンス、どんな息子だよ。両親ひざまづかせるの慣れない

    サラ金撃退した所、痛がるツボ教えてほしい

    船のシーン、言ってみたかったんだろうね
    それにしてもまだ若いミンジの前で次々と死んでいくなんて。
    ミンジは情で助けられたのか

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す