お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シタデル CITADEL

G
  • 字幕

“恐怖”は見える…。全く新しいサイコホラーの金字塔!!

荒れ果てた郊外の街エデンズタウンに住むトミー(アイノリン・バーナード)とジョアン(エイミー・シェルズ)の夫婦。ある日トミーの目の前で、妊娠中のジョアンが謎の集団に襲われ、帰らぬ人となってしまう。おなかの子供は助かったものの、それ以来トミーは精神のバランスを崩し、外に出ると凄まじい恐怖感を覚えるようになった。そんな中、エルサと名付けられた愛娘が同じ集団に誘拐される。トミーは、変人と呼ばれる神父(ジェームズ・コスモ)と盲目の少年ダニー(ジェイク・ウィルソン)の助けを得て、エルサを救い出すために廃墟となったビルへ向かう。しかしそこには、恐ろしい秘密が隠されていた!

詳細情報

原題
Citadel
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
アイルランド/英国
対応端末
公開開始日
2015-05-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ホラー洋画ランキング

シタデル CITADELの評価・レビュー

3.1
観た人
161
観たい人
206
  • −−

    Synovuさん2021/04/17 14:49

    記録用。2021/4/17
    臨月の妻を謎の子供達に襲われ、トラウマで広場恐怖症になった男。残された赤ん坊を執拗に狙われ…。殆ど人の居ない寂れた町を舞台に、やたらビビる主人公。病んでるとはいえ行動もおかしい。恐怖心が見える子供達の謎は中々面白い。けど何かヌルッと終わる。よく分からない。

  • −−

    キサトルさん2021/03/20 15:38

    腑に落ちない点も在るのですが、パーカー謎クリーチャーの不気味さや、恐怖心を断ち切って進む不幸男の行動が良いと思いました、はい

  • 3.0

    CotoCoさん2020/02/13 07:17

    主人公の顔色とか恐怖とか心配レベルに応援
    超頑張れー
    途中協力してくれる子供がまた良い・・・
    色味雰囲気が好きなタイプの映画

    何となく寝る前に観出したので記憶があやふや。
    ちゃんと観なおしたい。

  • 3.5

    Jeffreyさん2020/01/18 07:20

    「シタデル」
    本作も評価が悪いホラーだが、僕は好きで言わば本拠地に乗り込む系の作風仕立てで謎の集団に妻を目の前で殺された若い旦那が娘を同団体に誘拐され団体の基地に乗り込むって真新しい設定で独創的且つ独特な廃墟がか持ち出す嫌な雰囲気や暗いトンネルなど様々なオカルト要素があって好き。

  • 3.5

    horaAyaさん2019/12/16 00:35

    どこまで現実なのかが曖昧な作風が不思議な余韻を残す子供怖い系ホラー。目の前で妻が子供たちに殺されるところを目撃した主人公が生まれたばかりの子どもと2人で襲いくる恐怖に怯えながら暮らす様子を描く。

    主人公が覚悟を手にする物語なんだろうなって思った。貧しい暮らしの中で子どもを育て良い親であり続けなければならない不安と重圧。象徴としてのマンション。そして象徴としてのフードの子どもたち。恐怖を外部へと求めるような物語は、結局は自身の内面の奥底へと踏み入っていき、その元凶を乗り越えてぶち壊す。外を見なければ(見えなければ)恐怖なんて存在しないという幻想は打ち砕かれ、内に存在していることに気づくからこそ覚悟が手に入る。

  • 1.3

    地球外生命体さん2019/12/07 01:38

    内容(「キネマ旬報社」データベースより)
    シアラン・フォイ監督の実体験をベースにしたサスペンスホラー。妊娠中の妻が謎の集団に襲われ精神のバランスを崩したトミー。後年、一命を取り留め成長した愛娘・エルサが同じ集団に誘拐される。トミーは娘を取り戻すため集団の本拠地へ乗り込むが…。

    内容(「Oricon」データベースより)
    荒れ果てた郊外の街エデンズタウンに住むトミーとジョアンの夫婦。ある日、トミーの目の前で妊娠中のジョアンが謎の集団に襲われ、帰らぬ人となってしまう。おなかの子供は助かったものの、それ以来トミーは精神のバランスを崩し、外に出ると凄まじい恐怖感を覚えるようになった。そんな中、エルサと名付けられた愛娘が同じ集団に誘拐されるが…。

    ★第16回プチョン国際ファンタスティック映画祭
    監督賞
    男優賞(アナイリン・バーナード)
    ★SXSW映画祭2012
    midnight audience
    観客賞

  • 2.8

    鍋レモンさん2019/12/05 22:55

    ⚪概要とあらすじ
    短編作品を手がけてきたキアラン・フォイが、自身の経験をもとに監督・脚本を務めたサスペンスホラー。

    故障によりエレベーターに閉じこめられたトミーは、そのドアのガラス越しに、妊娠中の愛妻ジョアンが謎の集団に襲われる現場を目撃する。それ以来ジョアンは昏睡状態に陥るが、彼女の胎内にいた娘は無事に生まれ、エルサと名付けられた。事件以来、精神のバランスを崩し外出恐怖症を抱えるトミーは、見知らぬ神父から謎の集団がエルサを追っていると告げられる。盲目の少年の助けを借り、トミーは謎の集団がいるというアパートに向かうのだが...。

    ⚪感想
    「僕達は見えない」

    SFと現実のどっちつかずの中途半端なホラー。驚かそうとはしてこないけれど、なかなか怖い。

    恐怖を抱くと嗅ぎ分け見えるという設定はすごく良かった。一方で、謎の集団が人間であるはずなのにゾンビレベルの化け物で存在する理由が曖昧、警察が全く機能しないなど色々な気になるところが...。
    無理にリアリティを出さず吹っ切れてSFにして作り込めばより面白かったと思う。
    監督自身が昔ギャングに襲われて広場恐怖症になった経験を元に書いているそう。

    エレベーターの故障によって妻が襲われる瞬間を見ても助けられないもどかしさ。酷い。

    主人公のやつれた具合が怖いけど、出産直前の奥さんが襲われ、娘は無事だったけど奥さんは昏睡状態でその後延命措置をやめ亡くなり、自分は育児、仕事、家事となればそりゃこうなる。

    後半は画面が暗いのでよく分からないところが多い。

    神父の突然の告白には驚きを隠せない。

    ラストは物足りない気がするけど主人公とダニーとのやり取りが良かった。

    タイトルのCitadelはフランス語で要塞って意味らしい。

    B級映画とするなら面白い。

    ⚪鑑賞
    GYAO!で鑑賞(字幕)。

  • 2.8

    クモ怪人さん2019/11/23 21:18

    シタデル…
    心配はいらない。赤ちゃんはお腹が空くと舌を出すものなのさ。舌出るじゃねーっ、バッキャローッ!

    エレベーターの故障で閉じこめられた隙に妊娠中の愛妻が襲われる。フードを被った謎の集団だ。これはヒドイ…

    アイルランドのインディーズホラー映画が暗く悲しげだ。さすが、妖精が棲む国、湿度が高い。シアラン・フォイ監督が18歳の頃、ギャング団に襲われ広場恐怖症になった体験をベースに描く。

    悪魔だか、ゾンビィだか全くわからない集団にバイオレンスな神父も登場する。怖いような怖くないような中途半端な展開がアイルランドなのか。画面を暗くすれば怖くなると思ったら大間違いなのにぃ。

    それに、常に天気が悪い。このアイルランドに晴れ間はない。

  • 2.0

    私のことは遊びだったのねさん2019/11/16 14:01

    ★★it was ok
    『シタデル』 キアラン・フォイ監督
    Citadel

    地味に恐かった
    アイルランド産ホラー

    主役のアナイリン・バーナードが
    イライジャ・ウッドに似てる

    ディストピアのような荒廃した住宅都市
    妻を殺害、赤ちゃんを狙う
    フード付きパーカーを着た顔が見えない
    謎の少年ギャング集団

  • 3.0

    さあっさん2019/11/16 11:18

    辛い!
    主人公の心情の表現がリアルで
    「恐怖」に対して
    丁寧に時間を使ってあるので
    とにかく辛い!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す