お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

めんたいぴりり 第二部 後編

G 1時間44分

第九話「みっちゃん、来る」の巻
 俊之(博多華丸)は酔っぱらってキャバレーの店員ミチエ(井上佳子)を「ふくのやに勧誘してしまう。 不満気な千代子(富田靖子)だったがミチエの働きぶりを認め、一緒に働くことに。そんな中、「ふくのや」とよく似た明太子が売られているのが見つかる。

第十話「めんたいが危ない」の巻
 「味の明太子」の偽物が売られていることを知り、驚く「ふくのや」の面々。「ふくのや」に味を盗もうと忍び込んでいた斉藤(長岡暢陵)を捕まえるも、自分の明太子に惚れ込んでもらえたと喜ぶ俊之は、斉藤に明太子作りを見学させる。

第十一話「ふくのや恋物語」の巻
 「ふくのや」の従業員・ミチエ(井上佳子)は堅物の父・吾郎(西村雅彦)に見合いを迫られ、「婚約者がいる」と嘘をついてしまう。話を聞いた俊之(博多華丸)はミチエに思いを寄せる同じ従業員の松尾(斉藤優)を婚約者に仕立ててしまおうと考える。

第十二話「続・ふくのや恋物語」の巻
 父・吾郎(西村雅彦)に見合いを迫られた従業員のミチエ(井上佳子)のため、ミチエに思いを寄せる従業員の松尾(斉藤優)をニセの婚約者として紹介した俊之(博多華丸)。頭ごなしに松尾を否定する吾郎の剣幕に…。

第十三話「さらば、八重山」の巻
 ようやく納得のいく明太子が出来上がり、好調な売れ行きに気を良くする俊之(博多華丸)。そんな矢先、創業時からの従業員八重山(瀬口寛之)が「ふくのや」から独立したいと申し出る。ところが、俊之は八重山の独立を認めようとしない。

第十四話「めんたい大作戦」の巻
 キャバレーから何と100万円分の明太子の注文が入り色めき立つ「ふくのや」。しかし俊之(博多華丸)は「作り置きをすると鮮度が落ちる」ため断るという。そこで千代子(富田靖子)らは冷蔵倉庫を探して中洲を奔走する。

第十五話「めんたいはラブレター」の巻
 昭和50年、新幹線が博多駅まで開通。明太子の売れ行きを伸ばし、大きくなった「ふくのや」は新社屋に引っ越すことに。そんな中、俊之(博多華丸)と千代子(富田靖子)は福岡の観光協会から使節団の一員として故郷、釜山を訪ねないかと誘われる。

第十六話・最終話「二人の想い出はめんたい」の巻
 使節団の一員として故郷・釜山の地に降り立った俊之(博多華丸)と千代子(富田靖子)。釜山港の桟橋で、俊之と千代子の脳裏には戦争の記憶が蘇る。ガイドに導かれ2人が出会った草梁市場を訪ねると、不思議な出来事が起きる。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

公開終了日
2018-08-10 15:00:00
制作年
2013
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2015-07-07 15:00:00
レンタル (高画質) 432円
ご購入手続きへ

ヒューマン国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア