お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

リッパー・ストリート シーズン3 第3話

G
  • 字幕
51分

ブルーエット劇場でアレックス・ルシェインという霊媒師が客の前で死亡する。ドレイクとジャクソンは現場に急行し、ルシェインの弟子のエズラ・マーベルと、客のひとりであるウェイクフィールド夫人に事情聴取を行う。夫人は夫を列車事故で亡くし、その霊媒のために劇場にきていた。ジャクソンは毒殺の可能性を示唆し、ドレイクは遺体のポケットからジュニパー・コールというダンサーの写真を手に入れる。ドレイクはジェニパーが働く酒場を訪ね、事情聴取を行う。彼女は以前エズラと関係を持っていたことと、過去にエズラがルシェインを脅迫したことなどを告げる。その後、ドレイクらはエズラをルシェインの殺人容疑で逮捕したが、署内でエズラは身の潔白を主張する。その後、署にはアバーラインが訪ねてきて、バックリィ殺害の真相を尋ねるが、ドレイクはリードを擁護する。ウェイクフィールド夫人が死んだ夫の剥製店に異変があったことを告げ、ドレイクらは現場に向かう。彼の店からシアン化水素という毒素がなくなっており、ジャクソンは何者かが毒薬を盗み、ルシェインを殺害したことを示唆する。ドレイクはウェイクフィールド氏の店からジュニパー・コールの写真を見つける。直後にドレイクはジュニパーを訪ね、ウェイクフィールド氏と彼女不倫関係を暴く。ブルーエット劇場でローズが歌を披露した後、彼女はドレイクの部屋を訪れ、2人は結ばれる。署に戻ったドレイクは、ウェイクフィールド氏が保険金目当てで偽装死を企てたことを疑い、彼とジュニパーがシェインを殺したと推測し、逮捕に向かう。だが、一足先にジュニパーの居場所を知ったウェイクフィールド夫人に二人は殺されていた。ベストがジャクソンの診療所を訪ね、無記名債権の持ち主がスーザンの父親であることと、スーザンが列車事故へ関与した可能性を指摘し、ジャクソンは困惑する。スイスの名門校にアリス(マチルダ)を入学させ、彼女の姿を隠そうとするスーザンらが港まで行く途中、アリスは馬車から脱走し姿を消す。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

原題
Ripper Street Series 3 Episode 3
関連情報
制作:ルーシー・ダイク
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
イギリス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2016-04-22 00:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

サスペンス海外ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア