お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

リベンジ・リスト

G
  • 吹替
  • 字幕

『96時間』『アウトロー』『ジョン・ウィック』に続く、アクション映画界に“絶対に怒らせてはいけない男”がまた一人!!

目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

詳細情報

原題
I AM WRATH
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2016
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2017-10-17 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

リベンジ・リストの評価・レビュー

3.1
観た人
2131
観たい人
1043
  • 2.5

    YutakaKomoriさん2021/04/22 07:04

    2021年4月
    Huluで見ました。
    初見です。
    Huluいい作品やらない・・
    トラボルタ好きな役者ですが・・

  • 2.0

    スワヒリ亭こゆうさん2021/04/14 21:01

    ジョン・トラボルタのアクション映画がアマプラで配信されてたので観たんです。
    正直、公開されていたのも知らないくらい日本では話題にならなかった本作。
    でも、『パルプフィクション』が好きなのでトラボルタを嫌いになれないんです。
    なので観てみたんです。
    そしたら映画の出来不出来は関係なくて、ジョン・トラボルタがカツラなのがバレバレで映画の中身に集中出来ません💦
    もう改名してジョン・ヅラボルタにした方がいい!その方がしっくりくる‼︎


    内容はクソしょうもない元CIA工作員が普通の生活から暗殺者になっていくという話です。
    ヅラボルタの演技もどうでもいいんです。
    被ってるじゃん、ヅラ被ってるじゃん‼︎
    ストーリーも他の映画と被ってるし、主演俳優も頭に被ってる。


    あるシーンでは工作員時代の元相棒に会いに行くんですが、床屋さんやってるんです。
    で、徐にヅラボルタが床屋の髪を切ってもらう時に座る椅子に腰掛けるんですよ。
    で、元相棒が髭を剃り始めるんです。
    普通ならクールなシーンなんです。
    多くを語らなくても元相棒が店に来る事は分かってたし、どうするかも分かってる。
    そんなシーンなんですけど…
    カツラ被っちゃってるから、髪を切られたくなかったのかな?って思っちゃったね😂
    カツラだから頭触るのNGなのかな🙅‍♂️


    そんなヅラボルタも今はスキンヘッドにしたみたいですね🤔
    絶対にその方がいいです。
    目線が🙄こうなっちゃいますからね。
    ヅラボルタと加山雄三はバレバレですよね。
    あと小倉智昭ね。

  • 3.8

    たなしょさん2021/04/11 00:13

    この映画はジョン・トラボルタ主演のアクション映画。

    元特殊部隊の工作員だった主人公と嫁さんがある日車の所に向かうと強盗に遭い嫁さんが亡くなってしまう。
    嫁さんを殺した犯人は逮捕されたのだがすぐに釈放。
    怒りに任せた主人公は黒幕を倒そうと復讐するのであった。という感じの内容。

    主人公の相方さんがめっちゃ頼りがいがあって主人公よりも活躍してるんじゃないかな~って思うくらいです笑

    主人公の娘さんも強くてよくそんなこと出来るな~って思いました。

    アクションシーンも3分経つまでに片付けるなど徹底してて流石元工作員と思いました!

    おじさんになっても腕は衰えてなくカッコよかったです!

  • 2.8

    ポリポリさん2021/04/10 03:26

    トラボルタ版ジョンウィックを目指したんだろうなぁというのが手に取るように分かる話

    あと入れ墨がダサい話

    復讐なんだから何しても良いっしょ、復讐なんだからそれは正義っしょみたいなコンセプトいい加減飽きました

    どちらにせよ人殺すならかっこいい悪人撮って下さい
    復讐という言い訳を盾に暴力を振るうのはもうつまんねーっす

    この映画も例外ではなく、旬が過ぎたかのようにも見えるトラボルタさんが安請け合いでダッサイ復讐劇のピエロと化しました


    2以降のジョンウィックも同じですよね

  • 3.7

    bachyさん2021/04/06 21:47

    自動車整備工のスタンリー、平穏な日々を暮らしていたが、ある日強盗に眼の前で愛する妻を殺害されてしまう。
    復讐に燃えるトラボルター🕺
    実は、元特殊部隊の工作員。
    殺しのプロだ。
    もう、孫もいるイケオジのトラヴォルタ
    元同僚のこれまたタフなイケオジと犯人を突き止めていく…

    とにかく、イケオジ二人がギャング相手に、
    カッコいい。

    トラヴォルタも、あいかわらず ふっとみせる
    優しい顔がいいね。

    妻思いの役所に、ちょっと上げテンです。

  • 2.0

    backroomさん2021/03/24 08:32

    トラボルタらしい演技ではあるものの、逆に「怒り」そして「怒り」というわりに淡々としててそんなに怒りが感じられない印象。
    友達同士でツッコミ所をツッコミながら観ると楽しい映画かもしれません。

  • 3.6

    たけすけさん2021/03/17 00:18

    妻を殺されたジョン・トラボルタが相棒と復讐するという、めちゃくちゃわかりやすい設定なので、頭を使わずに観れます!
    アクションだったりがめちゃくちゃカッコよく、爽快感を楽しめました👍

    ラスト、救われずに終わるのかなーって思いましたが、ハッピーな展開になったので個人的には良かったかな😅

    「3分で片付けろ」にめちゃくちゃ痺れました!

  • 3.4

    鋼鉄神さん2021/03/15 21:02

    ジョン・トラボルタのアクションは久しぶりっていうか初めて⁉️というくらい記憶にない。

    感想としては悪くないが特別良くもない印象。

    レビューするにあたり再視聴。2回目。

    敵役がもう少し強烈で、もう少し印象的なシーンが………って…要は『もう少し』な映画。

    後半はわりと良いので、中盤までを『もう少しw』上手く編集か構成するともっと良いかも⁉️

    アクション映画って実はとても難しいジャンルだと改めて思った。

  • 3.3

    poteoさん2021/03/15 02:12

    2021-242
    普通。
    至って普通のポップコーンアメリカンアクションムービー。

    嫁を殺された元特殊工作員がギャング警察政治家に復讐するベッタベタ。

    軽口言い合う相棒が有能すぎて、もはや、ドラえもんキャラ。

    ジョントラボルタも主人公補正で安心して見ていられる無双キャラで、頭空っぽで観てられる。





  • 2.8

    johnさん2021/03/11 19:13

    ジョン・トラボルタ
    うーん、ストーリーはありきたり
    何事も上手くいきすぎ
    かっこよさ不足
    デキル相棒〇
    相棒が全部持って行った感

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す