お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

グレートウォール

G
  • 吹替
  • 字幕

マット・デイモン 対 クリーチャー大群!“伝説”に立ち向かえ。

金や名声のため、強力な武器を求めて世界中を旅する男、ウィリアム。彼はたどり着いた万里の長城で、巨大な地響きとともに圧倒的な数で迫りくる謎の生物に遭遇する。それは、饕餮と呼ばれる、人間の欲深さを罰するために60年に一度現れる伝説の怪物であり、万里の長城が築かれた最大の要因だった。饕餮が長城を越えて都に迫れば国の滅亡が避けられないばかりか、人類すべてが食いつくされてしまう――饕餮の大襲来を食い止めようと、中国の戦士たちが万里の長城に集結していた。

詳細情報

原題
The Great Wall
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
中国/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-11-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

グレートウォールの評価・レビュー

3.3
観た人
8242
観たい人
3293
  • 3.0

    あやちんさん2020/06/03 21:48

    饕餮(とうてつ)
    読めない
    見た目の美しさに
    徹底的にこだわってる
    異国人の視点が入ることで
    怪物の異様さ恐ろしさが
    強調されてるのかな

  • 2.5

    ALLORAさん2020/06/02 22:24

    饕餮(とうてつ)は中国じゃポピュラーなモンスターなのね。
    女王が指揮したり、陽動作戦で壁に穴を開けるとかなかなかどうして知能も有る。

    けど、マット・デイモンと饕餮の戦いに全くわくわくしない。
    マットとペドロ・パスカルとの共闘シーンは面白いとこはあったけど、城壁での戦いのシーンなんて、ロード・オブ・ザ・リングにしか見えんかった。
    都でのシーンもナウシカじゃん…って感じだったし、目新しさの欠片もない。

    しかし、レジェンダリーはジン・ティエンが好きだね〜。
    モンスターバース含め、もう三作品に出演させてるもんな。

  • 3.0

    しぶにぃさん2020/06/01 02:50

    大好きマッドデイモン。
    設定とか映像は好きなんだけど。個人的には普通だったかな!
    兵士達の色分けがとっても綺麗。
    色々とあっさりめな映画!モンスター好きにはたまらないんじゃないでしょうか?

  • 4.0

    パストエンパイアの逆襲さん2020/05/31 23:25

    HEROの時もそうだけど、
    チャンイーモウ監督作品って、
    色へのこだわりがかなりありそう。

    色で部隊を分けるの色彩が鮮やかになるし、わかりやすくてモブ感もなくなるし、
    戦記物ではかなり功を奏しそう。

    万里の長城ができた理由、、、、
    その理由がもう衝撃的だけど。

    トンデモファンタジー戦記物だけど、
    なかなか見応え抜群。

    中国資本でできたハリウッド大作感がすごいけども、作品として充分面白い。

    ただバンジージャンプして、
    一人一殺はすごく効率悪くないか?
    と思った。

  • 3.5

    sakanakomajinさん2020/05/31 01:16

    万里の長城。イメージと違ったけど、これはこれでありなんだな。夷狄が見たことないような、想像上の獣だった。

  • 4.0

    uruさん2020/05/24 00:57

    ストーリーそんなに覚えてないけど、アクションがよかったです。万里の長城から飛び降りて戦うシーンがカッコよかったです。

  • 3.0

    HirokiWatanabeさん2020/05/23 09:29

    マット・デイモンが旅をして辿り着いた極東の国、中国の「万里の長城」。

    その巨大な壁は、人ではない何かを防ぐための防衛戦だった。。。

    という話。


    経済イケイケの中国が製作した、
    ド派手・スーパーCG・戦国・モンスターバトル(主人公は欧米人)です。


    折しも、製作会社のレジェンダリー・ピクチャーズが2016年に中国企業に買収されたのと同年の公開のようです。

    そこら辺の背景も知ると面白いなと思います。
    (製作はもう少し前から始まってたようですし、一方買収前から資本関係はあったかもしれないので、影響度合いは定かではないですが)

    歴史物というよりは、歴史的建造物でモンスターとド派手に戦うモノなので、ノリと勢いを楽しむのが良いかと思います。

  • 1.5

    ekさん2020/05/13 23:29

    万里の長城はなぜ築かれたのか。伝説の映像化!
    そう言われたら観たくなるでしょ。
    しかし
    マットデイモンがひたすらかっけー!だけの映画。スッキリするぞ!

    60年に一度の襲来って、、飢饉とか大災害ってことですかね。確かに人がたくさん死んで一定数の人口が保たれるでしょうね。

  • 2.0

    モモさん2020/05/13 22:57

    マッドデイモン出てるし、万里の長城の秘密!みたいな感じだったからすごく期待してたけど、あんまり面白くなかった。

  • 3.2

    まっどまっくすこーじさん2020/05/12 19:30

    万里の長城はモンスター防御のためだった!!

    マット・デイモン主演の中国4000年の中のどっかの時代に見立てた歴史スペクタル。

    「HERO」「LOVERS」のチャン・イーモウ監督による映像センスはスケール感があって、観ていて飽きがこないのですが、本作はさらにスピード感もアップしていて、103分という尺と相まってとても観やすい仕上がりになっていると思います。

    西方からきたデイモン演じるウィリアムと相棒(?)のトバールは馬賊に追われて万里の長城にたどり着くんですが、その万里の長城を守っている禁軍に捕らえられちゃいます。
    そこに饕餮(トウテツ)というモンスターが襲ってきて…

    という感じの展開ですが、内容はシンプルで深味も何もありません。
    本作は良くできた映像や禁軍の戦術のアイデアの面白さやデイモンの違和感を楽しむ作品であります。

    マット・デイモンは何でこれに出たのか分かりませんが、もっと分からないのはウィレム・デフォーが薄っぺらい役で出てたこと。
    全くもって勿体ないキャスティングでした😣

    中国側はアンディ・ラウがいるので落ち着きもあり、またヒロイン役のジン・ティエンが可愛いので許しちゃいますww
    ティエンちゃんは本作だけでなく「キングコング」や「パシフィックリム・アップライジング」にも出ていて、レジェンダリー・ピクチャーズの花になっちゃってます🌺

    まあとにかく本作はシンプルにスペクタルな映像とアクションが売りですので、何も考えずにサクッと観るのに適しております。
    ポテチとコーラを片手に楽しんじゃって下さいませ🎵😆

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す