お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

悲しきヒットマン

G

もう待たんでええぞ…この日限り、家族との連絡を断つ。

世の中には、極道になるために生まれてきたような男がいる。育った環境、本人の性情、そのすべてが極道向きだった。しかし、その彼にも、愛すべき妻や子がいた──。巨大な暴力抗争の最前線で、命知らずの闘争に身を投じ、一方では良き夫、良き父として家庭の幸福を求める一人の男の物語。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1989
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2017-11-30 18:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

その他邦画ランキング

悲しきヒットマンの評価・レビュー

3.2
観た人
90
観たい人
44
  • 2.2

    おろさん2021/09/09 09:27

    ドンパチが少ないヤクザ物。
    家族愛とヒットマンの対比で、平和と危険の対比している。
    成田みきお、ヤバイ!

  • 3.0

    ragaさん2020/12/19 20:12

    良くも悪くも東映Vシネマ路線。70年代東映ヤクザ作品と決定的に異なるのは "狂気" が "格好つけ" にすり替わっているのだ。"狂気" に魅せられたファンがその "本質" でなく "表層" でしか受け継いでいない。故にそのジャンルに心酔していない観客の目には、カッコ良くない、戯れ事にしか映らない。"一見さんお断り" のような閉ざされた世界観では感銘しないのよ。
    その中でも主人公を舎弟として拾うヤクザ役、成田三樹夫はグッジョブ。しっかと "狂気" を演じてます。これです、見習いましょう。

  • 5.0

    閉鎖中さん2020/07/05 16:44

    三浦友和さんがヒットマンに!というところが、意外性・・・っていうか、たけし監督のアウトレイジに出て印象的かつ重厚的な演技をしていたことをすっかり忘れていた(T . T)
    ということで、ノワール映画定番の成田三樹夫アニイ(落ちぶれた演技含めてやっぱりアニイの演技は素晴らしい!)の舎弟から出発し、徐々に上り詰めていく過程が良い。
    良いという意味では、萬田久子さんの魅力もやはり半端ない。
    そして、ラストは・・・!
    いい作品だったね!

  • −−

    古城さん2020/02/07 23:29

    70年代任侠映画らしい演出をふんだんに盛り込みつつ竜二以降のニューヤクザ映画的物語、いいとこどりで三浦友和さんもとてもカッコよかったです。
    家族との時間の穏やかさとヤクザの時間の荒々しさや不自由さの隔たりが大きくて切ない。
    成田三樹夫さんが凄く印象的でした。
    あまりに滑稽で切ないラストは素晴らしかったです。

  • 3.6

    カリーさん2019/06/27 07:42

    任侠映画の迫力・盛り上がりはあんまないけど三浦友和がひたすらかっこいい。
    そして成田三樹夫の演技力さすがすぎる。笑
    最後悲しいな〜。

  • 3.0

    Tallowさん2018/06/05 13:54

    北野映画が始まる前の時代に沿った作品にシフトしていく任侠映画過渡期の中でも「仁義なき」の遺伝子を色濃く残す一本ですね。
    「アウトレイジ」シリーズ一気見の直前とかにエピソード0的な感じで観るとかなり面白いキャスティングですな。
    成田三樹夫さん良いですね。

  • 1.0

    RiSaChunchunさん2018/05/15 10:30

    東海テレビ制作のドキュメンタリー『ヤクザと憲法』やBSNHKの『アナザーストーリー 運命の分岐点』で原作者の山之内幸夫氏のコメントから、期待して本作品を鑑賞。

    めちゃくちゃ。理解不能。
    脚本は全てが予想通りの展開。
    演出ははヤクザ映画の型(撃ち方、死に方、歩き方など)を更に大げさに演っている感じ。歌舞伎かと思うくらい。ところが、三浦友和の演技は良かったし、カッコいい良かった。

    元弁護士の視点などから、もう少しクレバーな内容を期待していたので、本当に残念。

    もう少しヤクザの人間模様やヤクザになるということが描かれているのかと思いきや、他のヤクザ映画とも大差なく何もかもが中途半端。
    原作はまた少し違うのだろうか。 

  • 2.5

    風の守り人さん2018/05/13 17:34

    今年、13本目

    確か三浦友和はこの映画で今までの二枚目だけの俳優からいろんなものに挑戦するようになったと記憶してる。
    今じゃ、アウトレイジや葛城事件などのクズの役も普通にやるけど、この時はけっこうセンセーショナルだったんじゃなかったっけか。

    話は山一抗争をベースにしたもの?なのかな。一時期あった「竜二」以降の新感覚ヤクザ映画の中の一編ととらえてるけど間違ってはいないと思う。

    成田三樹夫が成田三樹夫らしい役で安心した。
    途中、吐血したところがあったけど、何かしらの病を抱えてる描写があったっけ?と思った。
    見落としならいいが、そうでなければ唐突すぎ。

  • 3.0

    魔女のマイノリティ監督さそりさん2018/04/04 20:50

    アウトレイジより以前の三浦友和の極道役。人の良さが滲み出てる。だが、冒頭から出てくる成田三樹夫の完全な独り舞台!どうしようもない小心者の組長が借金で頭が回らなくなるという惨めな男を力演。こっちが主役。

  • 3.0

    愛さん2017/10/27 07:08

    元山口組顧問弁護士 書き下ろしドキュメント。

    今までちょっとだけ観た事ある任侠物の中でも現代に近いぶん見やすくわかり易い。

    ひと昔前のヤクザってこんなんかなっていうイメージ通りな感じ。めちゃくちゃ。笑

    いも引いたらあかんで、なんて私には言えない( ;´Д`)


    三浦友和と萬田久子が若いけど、30年くらい前なのに今現在のお二人とそんなには変わってないからすごいなぁ。美容法が気になります。笑

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る