お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

オペレーション・クロマイト

G
  • 吹替
  • 字幕

それは、男が命を懸けるべき瞬間―

1950 年、南へと侵攻した北朝鮮はソウルを陥落させ、およそ1 月で朝鮮半島の大部分を支配下に収めた。事態を重く見た国連軍軍最高司令官ダグラス・マッカーサーは、戦局を打開するため周囲から「不可能だ」と猛反対を受けながらも仁川(インチョン)への上陸作戦を計画する。唯一の希望であり、作戦成功のカギを握るのは、北朝鮮軍に潜入した諜報部隊のチャン・ハスク大尉。正体がバレれば即座に処刑されることが確実な極限の状況の中、大尉と部隊の精鋭たちはマッカーサー率いる連合軍艦隊を仁川上陸へと導くため命懸けの作戦行動を開始する。

詳細情報

原題
OPERATION CHROMITE
音声言語
韓国語/英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2016
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2018-02-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

オペレーション・クロマイトの評価・レビュー

3.4
観た人
511
観たい人
508
  • 3.5

    M少佐さん2021/06/13 19:33

     「子沢山なんで」

    1950年 北朝鮮は、ほぼ朝鮮半島を掌握し共産主義化を進めていた。
    東京に拠点を置く米軍のマッカーサー将軍は起死回生の「クロマイト作戦」仁川上陸を立案する。
    しかし成功の確率は5,000分の1。
    この困難極まる作戦に8人の韓国の志願兵がスパイとして潜入する。
    敵の情報を得るために仁川の司令部に向かう。

    思っていたより大作。
    日本の終戦は1945年。
    朝鮮半島では、その後8年も戦闘は続き現在も停戦中であり戦争中なのです。
    朝鮮戦争による特需で復興が加速した日本…複雑な気持ちで見ました。
    有名な38度線も大国の都合で決められただけであり未だに民族の分断は解決されてません。
    それでも祖国の平和の為に散っていった隊員達の活躍は胸を打ちます。
    不満なのはマッカーサーを高潔な人物として描きすぎなところか。

    歴史に興味があれば見て損はないと思います。

  • 3.5

    Fishermanさん2021/06/10 20:49

    ノルマンディ上陸作戦と重ねて見ると事実を元にした作戦であり、連合軍の勝利の歴史だろう。この成功がなければ今の韓国は存在しない。が、フィクションがどれほどあるのかとも思ってしまった。
    そうは言いながら、単純なんで感動🥺もしました。評価は別れるだろうな〜。
    灯台と梯子、照明弾による勝利。

  • 2.8

    r1aceさん2021/05/27 04:15

    朝鮮戦争、仁川上陸作戦を描いた戦争映画!
    …と思って観てみたら思てたのと違う。
    中途半端にデキがいい昔のハリウッド映画
    っぽいアクション映画が終盤まで延々と続く。

    「事実を元にしたフィクションです」
    の映画は多数あれど、流石に盛りすぎじゃね?というのが正直な感想。
    ランボーやコマンドーを思い出すレベルの
    無双っぷりでリアリティはゼロ。大味。
    味方に死人がポコポコ出るも、愛着も特徴も
    湧かないまま退場するので感情移入できず。

    だいたい朝鮮戦争が起きた原因が米国並びに
    マッカーサーの北朝鮮軽視やのに
    「私があの国を救う( ー`дー´)キリッ」とか言われてもギャグとしか思えませんわ、ハイ。

    共産主義のクソっぷりを学ぶにはええかも。
    人民裁判ってただの私的な処刑やねんな。

  • 2.7

    キリコさん2021/03/22 11:50

    自分が遺族なら、事実をこんなくっさいドラマ仕立てにされたらはらわた煮え繰り返っちゃうな…。
    やっぱり中・韓の戦争モノは堂々たるプロパガンダすぎて全然好きになれない。。

  • 3.0

    しずくさん2021/02/07 10:00

    朝鮮戦争中、ソウルを占領していた朝鮮人民軍の補給路を断つため、1950年9月15日に国連軍が実施した仁川上陸作戦を描いたフィクションドラマ。北朝鮮軍に偽装したチャン・ハクス役のイ・ジョンジェと、北朝鮮高官のリム・ゲジン役のイ・ボムスとのやり取りは、ずーっと緊張感があり、2人の表情から目が離せませんでした。アクションシーンも多く、最後まで楽しめました。(2020年鑑賞@GYAO!)

  • 4.0

    マスンさん2021/02/04 11:37

    朝鮮戦争の戦局を一変させた伝説の作戦とは。実話に基づく戦争アクション大作。
    朝鮮戦争下に行われた「クロマイト作戦(仁川上陸作戦)」をど迫力のアクションシーンを交えたスケールで映画化。
    リーアム・ニーソンがマッカーサー役で出演。U-NEXTレビュー

    韓国映画の戦争ものは初めて見た。
    北朝鮮に潜入した大尉を含む8名の諜報部隊。彼らの指示をマッカーサーは頼りにしていた。
    ハラハラドキドキしながら見た。
    成りすました大尉、首の傷もさすが。
    あの手この手で任務を遂行する。
    敵の残虐な大尉も熱演。

    彼らの最後の最後まで祖国のために死闘した任務達成は圧巻だった。



  • 3.2

    たむさん2021/01/31 17:46

    『ブラザーフッド』同様、朝鮮戦争の悲劇を描く超大作です。
    スケールの大きさとマッカーサー役にリーアム・ニーソンさんを配役できる韓国映画界の凄さを見せつけられます。

  • −−

    でんでんさん2021/01/29 23:02

    前半の緊張感のままかと思いきや後半は超大作!アクション!CG!
    事実を元にしたものとのこと。
    知らないことばかりで歴史について調べ、考える機会を与えてくれた作品。

  • 4.8

    EIKUNNさん2021/01/28 19:34

    面白いと言っては不謹慎だけど、とんでもなく面白かった。号泣。『新しい世界』に続いてイ・ジョンジェに盛大にハマった(笑)あの人情味あふれる顔面が良い!

    ロシアの最強映画『T-34 レジェンドオブウォー』の最後の決闘と同じ展開!アツい!!これは流石に最高!!!

    「理念は血より濃い」

  • −−

    mhさん2021/01/28 10:48

    朝鮮戦争の趨勢を決した仁川上陸作戦を題材にした大作映画。
    仁川上陸作戦の事前準備が主なストーリー。機雷の位置を確認するとか、現地協力者の存在とか、基本的には史実に基づいているとのこと。
    北朝鮮側の司令官が憎々しくていい感じ。リーアムニーソンをキャスティングしたのもすごいけど、ちょっとしたエピソードを緊迫感あふれるシーンに膨らませる技術がすごい。
    どーなっちゃうのかわからなくて体に力が入っちゃうんだけど、司令部から地図を盗むとか、その地図が燃えてなくなるとか、どう考えてもエンタメ的な作り話なので、いったいなにを見せられてるんだとたびたび冷静になる。
    いっぽうで、
    ・マッカーサーが最前線で陣頭指揮を執るなど、リアリティよりも盛り上がり優先の展開。
    ・スローモーションの多用や劇的な音楽などがテレビドラマっぽい。
    ・ダメ押しが多すぎて体感時間が長かった。インタビューみたいなくだりが特にひどい。
    これらの韓国映画の宿痾とも呼ぶべき演出が気になるのも事実。
    まあそれら差し引いても韓国映画はすげーんだけどね。
    割り切って楽しむ分にはもってこいのエンタメ映画。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す