お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スイス・アーミー・マン

G
  • 吹替
  • 字幕

君となら、きっと生きて帰れる–。

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか──!?

詳細情報

原題
Swiss Army Man
作品公開日
2017-09-22
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-09-22
制作年
2016
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-02-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

スイス・アーミー・マンの評価・レビュー

3.5
観た人
46000
観たい人
31811
  • 3.7

    もなさん2022/01/19 12:21

    夢のような2人のサバイバル生活が楽しそうでウケる〜と思って笑っていられたのも束の間、後半認められてこなかった人間の孤独さがヤバい

  • 2.4

    Urikaさん2022/01/19 11:59

    子供の頃、「もしかしてオナラで空飛べんじゃね?」って思ったことあると思うけど、それをそのまま映画にした感じ。

    終始ギャグ続きだけどメッセージ性がないわけじゃない。勇気が出るような出ないような。
    自分に子供がいるとしたら、ある程度理解できる年齢になったら観せてあげたい。

    ラドクリフ君はいつも顔色悪いからメイクなしでも死体役ができる気がした。

  • 2.5

    りたさん2022/01/17 18:09

    血色の悪い死体役、オナラで移動する。もちろん理解が追いつかない(笑)予想斜め上を行くし、これを映画化したのがすごいと思う。登場人物が少ないけど、特別内容が素晴らしい訳でもなくて、でも何故かボーッと見てたと言う事は飽きずに引き込まれてたということ、これはなんだ(笑)コメディという解釈で良かったの..かな..むずぃ(←)

  • 3.3

    しかぴさん2022/01/17 14:10

    死体に乗って移動するのがもう既に意味わからんし、その原動力がオナラなのも本当に発案者頭狂ってる(褒めてる)
    面白くないって言う人と面白いっていう人の両極端しかないだろうな、みたいな作品。
    時間を無駄にしたい人はぜひ

  • 2.5

    じろうさん2022/01/17 09:58

    スイスアーミーナイフ
    ⇨十徳ナイフ の意なんですか

    スイスアーミーマン
    ⇨十徳オトコ ってこと(笑)

    ダニエルラドクリフどうしたんだ(笑)

    あんなにも楽しかった思い出たちが
    後々気の毒に思えてしまう作り方すごい
    そこまで考えてるのを想像すると
    よりわくわくしてくる!

    ただ下ネタがくだらないというか
    オナラが永遠に続くからいい加減にしろ(笑)となるわ(笑)



    ただ裏山に籠ってただけ説ってある?!

  • 3.3

    たけるさん2022/01/16 02:30

    ハリーポッターがこんなのやってるなんて悲しすぎた。

    天と地やん。酔って脚本書いたみたいなやつ
    俺もこれなら脚本家なろうかな。

  • 3.3

    SAYOMIさん2022/01/16 01:27

    共感出来る事は1ミリも無かったが、なんか見続けられる不思議な映画。色んな事が意味不明で、笑える部分が多々あったが、話の内容はよくわからない。
    考察などを読み漁ろう。

  • 3.9

    まりむさん2022/01/16 01:02

    何回か声出して笑った。
    途中から2人がかわいく見えてしょうがない。
    教えたり作ったりするところ、もう少しみていたかった!
    音楽も好きだった。

    ポールダノ、ルビースパークスでのカルヴィンが好きなんだけど、スイスアーミーマンのハンクもいい。

    ダニエルラドクリフ演じるメニーの日本語吹き替えを小野賢章がしてるのは、熱い!

  • 3.0

    ねこたまごさん2022/01/13 17:05

    作ってる側と観てる側の温度差を肌で感じる。終始わからないんだけど、笑っていいのかシリアスに見るべきかもわからなくて、ずっと脳がバグる。これを理解しようと考えながら見るとラストに近づくにつれて脳みそがおかしくなった感覚を味わえるので、少しでも理解しようとする姿勢で向き合うのをおすすめしたい。最後は何だか自分が「わかった側」の人間になった気がするけど全くの気の所為でしかないのだなと突き放される。なんだろう、でもこの感覚は嫌いじゃないことだけは「わかってしまった」気がする。見てよかった。

  • 3.0

    まっぴーーーさん2022/01/12 00:08

    なにこれw
    笑ってしまっていいのかしら?
    死体との友情というか愛情ものがたり

    本当はラドクリフ君の手が銃になるやつが見たかったのですが有料だったので。
    コメディに分類されているけどちょっと切なすぎました。
    ラドクリフ君の体当たりの死体演技は5点です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました