お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ジャッカルズ

G
  • 字幕

史上最悪の《バッドエンド》これが実話だとあなたは信じられますか?

1983年。カルト教団に入信した息子ジャスティンを取り戻すため、パウエル一家は非常手段に出た。母親のキャシー、父親のアンドリュー、兄のキャンベル、息子の恋人サマンサの4人は、カルト対策の専門家ジミーを雇い、ジャスティンを教団から逆に強制拉致。人里離れた山荘に監禁し、洗脳を解くための治療を開始する。だがその夜、山荘は仮面を被った狂気のカルト集団“ジャッカルズ”に包囲されてしまう。獲物をもてあそぶように、屋内への攻撃を開始する侵入者たち。恐怖の夜は更けてゆき、そして…。

詳細情報

原題
JACKALS
作品公開日
2018-01-06
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-01-06
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-05-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

ジャッカルズの評価・レビュー

2.6
観た人
265
観たい人
313
  • 2.1

    夢ノ森ミントさん2021/01/24 23:05

    カルト宗教にハマった息子の話。
    実話を元にしているらしいが、なんの事件かわからない。
    本当に胸糞わるい話。

  • 1.4

    Julietさん2020/07/06 14:47

    いちいち、
    ビックリするし、容赦ないし
    こわかった。。。

    パージとか、サプライズ系。
    洗脳って、恐ろしいなぁ。。。
    (;つД`)
    ラストも
    むくわれない。。。

    でも、こうなるんだろうなー。
    実話、こわい。。。

  • 2.5

    すとんこさん2020/05/14 11:51

    カルト集団から洗脳された息子を取り戻そうとするって話☆

    ″あなたが目撃するのは、史上最悪の〈バッドエンド〉″
    ~パッケージの惹句より~

    1983年、カルト集団″ジャッカルズ″に心酔している息子のジャスティンの洗脳を解くために山荘に拉致、専門家を交えて説得にあたりますが、ジャスティンは全く聞く耳を持ちません。

    そうこうしている内に山荘は、怪しい動物マスクを被った″ジャッカルズ″に包囲されてしまいます。
    ジャスティンを渡してなるものか、と山荘での籠城戦を覚悟するパウエル一家の面々。
    頼みの綱の兵役経験もあるカルト対策専門家のジミーは速攻で血祭りに。ちなみに彼は、本作では唯一と言っても過言ではない有名俳優(「ブレイド」のフロスト役でお馴染み!)、スティーヴン・ドーフです。役立たずも甚だしい。

    大抵のアメリカのお宅なら常備されている(と思われる)″ダクトテープ″でDIY武器をこさえてジャッカルズに備えますが、じわりじわりと追い詰められていくパウエル一家。

    実際にあった事件の映画化らしいので、パッケージの惹句のような結末を迎えます。よって、ジャッカルズの猛攻を堪えて堪えての猛反撃!って展開はありませんので、爽快感は皆無(※壮絶にネタバレしてますね!)。

    「こんなことがあったんだ。そうか。」という感情以外一切沸き起こらない一本(* ̄ー ̄)☆

    あと、いざというときのためにダクトテープを一巻置いておくのも危機管理の一環かもと感じられた一本(* ̄ー ̄)☆



    ○キャスト○
    ジミー・レヴィン(カルト対策専門家):スティーヴン・ドーフ
    アンドリュー・パウエル:ジョナサン・シェック
    キャシー・パウエル:デボラ・カーラ・アンガー
    サマンサ:チェルシー・リケッツ
    ジャスティン・パウエル:ベン・サリバン
    キャンベル・パウエル:ニック・ルー
    フォックス・ガール:アリッサ・モバヤ・スミス
    ルイーザ:キャシー・ヘルナンデス
    マリアーナ:キャロル・アブニー
    エロイ:アレックス・カスティーロ

  • 2.5

    なつみさん2020/05/11 18:43

    終始暗い映像でちょっと見にくかった。
    カルト集団の狂った感じで、ホラーの脅かしてくる感じ強め
    流し見くらいなら丁度いいかなーって感じでした。

  • 2.5

    猫さん2020/04/29 22:32

    カルト教団に入ったとか言うよりなんか悪霊にでも取り付かれたのかと思った。
    本当の家族に容赦なさすぎ。

  • 3.5

    名前さん2020/04/10 06:15

    究極にお腹減ってるときの
    塩にぎりが究極なように、

    前半がクソつまらないから
    後半が面白く感じるんだと思う

  • 3.0

    おぶさんさん2020/02/09 18:54

    実話を元にでしょ?
    人をあそこまで洗脳するって
    凄いよね。
    あんなに仲間を犠牲にするほど
    彼を連れ戻す意味はあったのかな?
    後半はず〜っとドキドキしてた。

    彼女は助かったのか?
    元になった事件を知りたいわ。

  • 1.5

    焙煎マンさん2019/10/02 01:24

    実在した事件を基に~という触れ込みの映画ですが、実際どのような出来事があったのか調べても全く出てこない。

    この手の実在の事件を基にした作品系統って映画でも何本かありますけどここまで情報がハッキリしないのは珍しいと思う。
    なので、実際にあったというのは映画の宣伝のためのフェイクで本当にあったとしても映画のような凄惨な事件ではなくもっと小さい事件だったり、するんじゃないかな?って疑っています

    それに、ジャッカルズが何をモチーフにしたカルトなのかも分からないのが現実にあるのか疑わしいという部分を強めている。
    まあ本当だとすれば映画がカルト教団に訴えられたり関係者が殺されたりするだろうから出来なかったというのが事実なんだろうけども

    オチにたどり着くまでの怒号の展開には圧巻だが、ここから抜け出せるかも知れないという希望的な展開が一切なく、映画的には面白くない。
    ジャケットから異様な雰囲気を放っていた謎のマスク集団のビジュアルは好きだけれど、結局彼らが何なのか?というところまでは踏み込まないのでナンカの宗教という抽象的な印象しか抱けず、具体的な怖さがあまり感じられなかった。

  • 2.0

    Kさん2019/09/17 17:10

    クソ オブ クソ(良い意味でも悪い意味でも)
    内容が薄くて映画としては面白みがなかった。実話を元にして作ったということを踏まえて観ると怖いかも

  • 3.0

    湖南boiさん2019/09/12 20:35

    まあ、カルト集団の勢力の桁違いさと息子の狂人っぷりからして結末は予想できたけど家族が惨虐に殺されるのって切ないね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す