お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

恐竜の詩

G

新種の巨大恐竜発見!? わが町、わが故郷の幸せ発見ムービー!

関西の小さな市で、新種の巨大恐竜(丹波竜)の化石が発見された! 静かな山里は世界的ニュースに大騒ぎ、町おこしの大チャンスと色めき立つ。しかし、過疎の町には予算がない。起死回生のアイデアを求めて、市長は旧知の商社役員に助っ人を依頼する。やってきたのは冴えない中年男(澤田敏行所長)だった。 一方その頃、澤田の息子・鈴音(べるぬ)が、恐竜の化石発掘地近くで、雷鳴と共に謎の巨大な卵を発見する。そこから産まれたのは小さな恐竜の赤ちゃんだった…。 1億1000 万年前の地層が露出する摩訶不思議な地形、壮大な自然が美しい丹波市を舞台に繰り広げられる大人たちの奮闘と、子供たち、少女たちのひと夏の大冒険。果たしてその先に待っているのは......。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-02-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

恐竜の詩の評価・レビュー

2.3
観た人
24
観たい人
17
  • 3.0

    マサさん2019/01/31 07:56

    丹波市を舞台にした丹波市の魅力をたくさんPRしてくれる映画。この映画の中での一番の事件が、全く騒がれずストーリーにも関わらないという展開には驚かされたぜ。たまには何も起きない映画もね。目にも心にも優しかったよ

  • −−

    TB12さん2019/01/11 14:31

    録画されてたから何となく見てみたけど映画…って言うより自主制作のPR動画って感じ。
    意味が分からなかったからすぐ消してしまった。

  • 4.0

    nikonikopandaさん2019/01/05 12:29

    劇場で観てテレビで再度観ました。やっぱりホッとできていいですね。日本の山里の原風景を100年後の子ども達にも伝えたいという監督の想いがひしひしと伝わってきました。今時珍しいホッコリ系の映画。映画に刺激を求める人には向いていませんが癒しを求める人にはかなり響くと思います。

  • 2.7

    いわやんさん2019/01/04 20:33

    京都の丹波市を舞台にインドから帰ってきた商社マンと、その家族を中心に「恐竜」をテーマに街を紹介したり、なぜかタイムスリップして恐竜が現れたり。全体的にはホームドラマを意識して作られた作品です。

    製作がU局系なので、学校推薦の記録映画のようにも感じます。

    それに、すべてが「手作り」感なのは、作り手の狙いなのか、微笑ましく良かったです。ミニ恐竜が、ロボット丸出しでツッコミ入れたくなります(笑)

    元々、アマチュア映画とか自主映画なんかも好きですので、この感じの作品も「アリ」ですね。

  • 1.3

    野生児さん2019/01/03 17:52

    ほんとにひどい…恐竜も丹波も全然魅力が伝わってこない…何もかもの作りが雑すぎる…予算ないにしてももっとうまいことできたんじゃないでしょうか
    新年一発目から笑いにもならないダメ映画を見てしまって凹む
    これならデビルマンを見ておけばよかった

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す