お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スパイ・ミッション シリアの陰謀

G
  • 字幕

ミッションは“スパイの奪還”ベルリンの壁崩壊直後のシリアで巻き起こる脱出スパイ・アクション!

イスラエルの諜報機関「モサド」のエージェント・アリは、敵国シリアに潜伏する仲間を脱出させる任務に就く。上司から「死の危険が迫ったら、コードネーム“エンジェル”を頼れ」と助言を受けた彼は、ドイツ人実業家を装い現地に潜入。一方シリア秘密警察の長官サラージは、“エンジェル”をはじめ国内のスパイ抹殺に執念を燃やしていた。極限状態の中、アリはついに作戦決行の日を迎えるが、突如何者かの襲撃に遭い、自分が罠にハメられたことを知る。誰ひとり信用できない謎の陰謀に巻き込まれたアリは、決死の脱出作戦を遂行する―‼

詳細情報

原題
DAMASCUS COVER
作品公開日
2018-12-01
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-12-01
制作年
2017
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2019-02-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

スパイ・ミッション シリアの陰謀の評価・レビュー

2.8
観た人
310
観たい人
266
  • 2.0

    paoさん2021/06/11 19:04

    2021 142

    こんなミニチュアな街をスパイが用意するかな?笑
    淡々と進んでいく割にはストーリーがよく分からない。

  • 3.7

    タンさん2021/03/30 22:33

    アクション物ではない。
    シリア情勢はこの映画の舞台1989年以降どんどん劣悪に…
    最後のワンシーンと「ベルリンの壁が壊れてたら」のポジティブワード、ヒロインの結末と照らし合わせて見たらこの映画の伝えたいことなのかと感じました。
    見終わって少し苦虫かんどる気分になるのが好まない007テイストを求めるかたにはおすすめできません。

    個人的にオーデマピゲの時計と280SLロードスターにテンションがあがりました。

    モサド自体スパイとしても特殊、歴史も国も民族も特殊なことの多少の予備知識があったほうが楽しめる映画だと思いました。





  • 2.0

    Hirokingさん2021/03/28 21:46

    なんだろう⁉️スパイものなんだけど…
    何も救われてなくない?
    最後まで盛り上がらなかった作品でした😱💧

    2021年504本目

  • 1.5

    ICHIさん2021/03/27 10:51


    なんとなくで終わった。
    ハリポタのダンブルドアにだけテンションが上がった。

    シーン毎のカットの切り替えはすごく綺麗でテンポよかったけど、俳優が映画してます感が否めなかった。

    韓国北朝鮮もののスパイ映画を見過ぎて、リアリティを感じるラインが上がってしまったかもしれない。

    女優と主役の絡みの展開やピロートークのレイアウトとかがいかにも「洋画」って感じで作り物っぽかった。

    アクションも一動作ずつの細切れカットで切って貼って繋いだ感が満載だった。スパイものにしたらアクションやチェイスがかなり少なかったし、カーチェイスもなく普通の車尾行だった。

    一番腑に落ちないのが終わり方で、女優が殺されても『シークレット・ミッション』のような悲愴さも感じず、ふわあ~っとした流れでエンドロール。

    一言で表すと薄かった。
    状況説明だけは視覚的にもすごく分かりやすかったし、独白による説明シーンもあった。それが逆に没入感を浅くしてしまった感は否めない。

  • 2.4

    mine2choさん2021/03/21 23:32

    なんかスパイっぽくないし、アクション少ないし、ストーリーが面白い訳でもないし、主人公がやたらカッコつけてるだけの映画。

  • 2.9

    SILAS618429877さん2021/03/12 21:40

    ベルリンの壁が崩壊した1989年。
    シリアのダマスカスを舞台に、イスラエルのスパイによる囚われた仲間スパイの救出劇。

    イギリスのスパイ映画というと、ジェームズ・ボンドをまず思い出す。
    しかし今作は、すごいアクションがある訳ではなく、淡々と進むストーリーは、ジョン・ル・カレの映画化という雰囲気。
    それもあくまでも雰囲気で、「本格」という言葉には及ばない。

    ストーリー自体は悪くない。
    多分ハワード・カプランの原作は面白いのだろう。
    最後のオチもよいが、すごく意外と思えないのは、それまでのストーリーに見る者を引き込めていないからだろう。
    特に悪い点がない代わりに、すべてが深みがなく、上滑りしていて、文字通り海の向こうの話になってしまっている。
    見ていて、感情が揺らぐことがないのが残念。

  • 1.8

    りょすけさん2021/01/28 11:43

    中東を無理矢理ねじ込んでみたなんちゃって007みたいな作品。シェラトンホテルがシリアにあるのにびっくり

  • 3.0

    トップガンさん2020/12/05 17:21

    1989年ベルリンの壁が崩壊した後のシリア、イスラエルのスパイ活動の中、お互いの捕虜を交換したり脱出させたりの物語。

    実際に私達が知らないところで、世界中こんなことがあるのでしょう。

  • 2.5

    殺る気なヘンリーシルヴァさん2020/11/07 19:45

    【概要】
    イスラエル諜報機関モサドのエージェントであるアリは敵国シリアに潜伏する仲間を脱出させる任務に就くがその任務には裏があり本当の目的は… 

    【感想】
    後半の銃撃戦以外特に目立つアクションもなく地味な映画
    ラストまで正直あまり面白くはないがラストの本当の任務の狙いが面白かった
    戦争の中でも本当にこういうことがあったりするんかな…
    だったら戦争は良くないが捨てたもんじゃないな

  • 2.5

    Kawamurさん2020/09/07 14:12

    面白いか面白くないかで言うとどちらでもないのだが、意外とちゃんと見た。
    ながら見はできない映画ですね。
    シリアとドイツ、二重国籍の人多いイメージだけどつながりの部分ちゃんと調べようと思いました、はい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す