お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

キラーエリート 暗殺者

G
  • 字幕

暗殺者VS暗殺集団!

愛情深い父親であり、誠実な夫アルフィー。その裏の顔は、元傭兵のスキルを生かして狙った獲物を仕留める冷酷で残酷なプロの殺し屋。彼は最近、恐ろしい症状に悩まされていた。いままで殺してきた男たちの幻影が彼の前に現れるのだ。過去の記憶に苛まれ、正気を失ったアルフィーはついに仕事を遂行することが出来ず、しくじってしまった。彼は元陸軍少佐のボス、アルバート・チャップマンに「この仕事から足を洗いたい」と願い出るが、当然その望みは退けられる。アルバートはアルフィーと家族の命を脅かすよう組織に強いるのだった。どん底に落ちた彼はついに家族を救うために立ち上がる…!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

キラーエリート 暗殺者の評価・レビュー

2.9
観た人
27
観たい人
21
  • 2.2

    Rainbow30さん2021/03/24 23:43

    ツタヤの新作コーナーを見ていてタイトルに惹かれてレンタル鑑賞。
    腕の立つ殺し屋が家族愛と殺し屋稼業の狭間で悩む映画だった。日本未公開作品。
    ちょっとエグい場面はあるものの、まぁまぁ楽しめる娯楽作であり、銃声から始まる映画って好き。
    出演俳優はあまり有名でない人達ばかりだが、逆に新鮮さがあって良いかも…。

    ある凄腕殺し屋の男アルフィーは、愛情深い父親であり夫という家庭人であるが、冷酷に殺人を繰り返してきた。アルフィーは今まで殺してきた男達の幻影に悩まされはじめて、殺し屋稼業や日常生活にも支障でる幻覚症状。
    そこで、仲間に「殺し屋稼業から足を洗いたい」と申し出るが、簡単に抜けられるはずもなく、悪と悪の死闘が始まる物語。

    序盤、椅子に座った男は殺される運命なのだが、すぐには殺されずに拷問されるのだが、これが『レザボア・ドッグス』に似ている。レザボアの場合は「耳」だったが、こちらは「指」……観ていて「痛そう」である。。。

    クライム・アクション映画として、まぁまぁ楽しめる娯楽作であった。

  • 2.7

    殺る気なヘンリーシルヴァさん2020/10/20 01:38

    ロンパールマンの暗殺者もせめてこれくらいしてくれたらな…

    ストーリーはありがちだが家族愛にとくに焦点を当てているのがこの作品の特徴
    アクションが派手すぎないのが逆にあっていた

    主演は傭兵奪還のクレイグフェアブラス

  • 5.0

    森田和敬さん2020/04/22 12:55

    こういうのがあるから未公開映画は辞められないんだよね
    そのテの映画特有の甘さの無い立派な<映画>だった
    ラストが呆気ない気もしたけど
    それまでを考えると
    あんまりドッカンドッカンするのもね

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す