お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スクワッド5 コードネーム:ウルフパック

G
  • 字幕

俺たちに、不可能はない!

GRU特殊部隊出身のボヤリノフ率いる傭兵軍団は、地元過激派との戦闘後にロシア特殊部隊のクリコフ大将にヘッドハントされ、高額な報酬と引き換えに危険任務の遂行を命じられた。その任務とは、太平洋チリ領の島に建てられた世界的大企業の施設に、核廃棄物が埋められているのではないかという疑惑の解明だ。“イーグルス”と呼ばれ殺人も厭わない軍事会社を警備につける企業側は、砕石の生産だと主張する一方、国際法違反を明らかにすべくボヤリノフたちは、この島で一体何が起きているのか、上陸を果たし二手に分かれ速やかに任務を決行するのだが…。

詳細情報

原題
WOLFPACK
関連情報
製作 イリア・ オグネフ:撮影 ドミトリー・ トリフォノフ:音楽 セルジ・ グレコフ:編集 アンドレイ・ ペルシン
音声言語
ロシア語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
ロシア
対応端末
公開開始日
2019-12-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

スクワッド5 コードネーム:ウルフパックの評価・レビュー

3.1
観た人
12
観たい人
16
  • 2.5

    Nobさん2020/08/25 13:22

    ロシア製アクションとは知らず、ジャケットだけで選んだのだが、まさかの、視聴数一桁のレアな作品だったとは…

    ストーリーは、一昔前のベタなコマンドー映画。鍛え抜かれた俳優のアクションシーンはそれなりに見応えがあるが、カット割やスローシーンを無駄に多用し過ぎて、逆にチープさが増している。
    他国語の台詞に、感情のないロシア語の吹替を被せてくるのも、あちらの映画の特徴なのか気になる。

    ハリウッド映画では悪役にされることの多いロシア軍だが、正義の味方の救出劇を見るのも一風変わっていて面白い。

  • 3.5

    真っ黒こげ太郎さん2020/07/07 22:48

    予告編で以前の溢れ出るショボさが減っていた…。(無くなったワケではない。w)

    トランスワールドアソシエイツ…変わっちゃったね…。



    スティーブ率いる荒くれ傭兵軍団”ウルフパック”はある日、任務完了後に現れたロシア特殊部隊の大将クリコフにヘッドハンティングされる。
    (頭を撃ち抜かれる事ではないよ。wスカウトの事ね、一応。)

    早速クリコフから、非合法の極秘任務を命じられる。
    太平洋にあるダニーノと呼ばれる島でとある暗黒メガコーポが核廃棄物を不法投棄してるとの事で、ウルフパックに調査任務が下る。

    新メンバーの女性隊員を加え、島に潜入したウルフパック。
    だが島には、暗黒メガコーポが雇った民間軍事会社”イーグルズ”が待ち構えていた。



    悪の組織の傭兵部隊を相手に、荒くれ傭兵軍団の大暴れを描いた、ロシア製のコマンド・アクション映画。

    オープニング映像やIMDBの情報を見るからに、今作は劇場映画ではなくテレビシリーズみたい。
    (IMDBによると全4話らしい。)
    これが編集版なのかエピソードの一つなのかは分からんが、一時期B級映画界隈で蔓延していたドイツのテレビ映画みたいな手口を今になって見るとは。w
    (ロシア語以外の台詞にロシア語のボイスオーバーが入る演出も、あっちのテレビ作品ではよくある事なのだろうか。w)

    しかし以前は自主製作レベルのヘナヘナ作品ばかりだったのに、最近では(現地onlyの)劇場公開作をリリースしたり、テレビ用映画を配給できるようになって、本当に変わっちゃったねトランスワールドアソシエイツ…。
    まぁ配給作品がマトモになったのは嬉しい事なんだろうけど、出来れば地の底から湧いて出た様な作品をリリースし続けて欲しかったなぁ…。w
    まぁ過ぎたことを嘆いてもしょうがない。


    さて肝心の内容はこのご時世に珍しい、かなりベタなコマンドアクション映画。
    主人公グループが上官命令で敵地に調査に行き、すったもんだの挙句ドンパチして大脱出!!というベッタベタな内容。

    だが今作、かなりしょぼくて低予算感が否めない。
    派手な見せ場は後半まで中々出てこないし、展開も地味め。
    アクションも銃撃、肉弾戦、爆破とコマンドアクション物に必要な物は揃ってるが、見せ方は平凡。
    お話もアレな所は多く、物量で勝ってる敵軍隊もギリギリ状態な主人公軍団も舐めプ気味だったり、あっさり電話や船を無くしたりとアレな感じなのは否めない。
    (後「鳥や虫は鳴いてないな」と言いながらも、小鳥や虫の囀りが聞こえるとか。w)
    まぁそこら辺はテレビ映画だかしょうらないか。w

    しかしだからと言ってつまらないワケではない。
    コマンドアクション映画としては及第点行ってると思う。
    お話自体は上記の通り分かりやすい内容だし、90分弱の尺の中で敵との攻防をまとめているため、テンポも良い。
    隠密行動主体で前半は緊張感を持たせ、後半はドンパチで反撃と物語の起承転結もしっかりしてる。
    主人公達はそれぞれバラバラに分散しているため、場面の切り替えが多いがそれでもごっちゃにならず、内容も分かりやすい。
    ラストはアッサリ気味ではあるものの、清々しいハッピーエンドで後味も良い。

    アクションシーンも平凡レベルではあるものの、爆破アクションやスタント、銃撃戦に格闘戦と、コマンドアクションの基礎基本はしっかりと抑えている。
    テレビ映画なのでしょっぱい出来とは言え、要所要所の格闘戦やスタントは頑張っており、しっかり見どころになっていた。

    しかしドイツのカーアクションテレビ映画もそうだが、こういうドンパチを茶の間で流せるあちらのテレビ事情は羨ましい。
    軟弱でキャピキャピした恋愛話やしょうもない身内話のドラマばかり描いてるどっかのテレビ業界も見習うべきやで、ホンマ!w
    (いやアクションしてる男らしいテレビドラマもあるのかもしれんけど…あったらごめんなさい。)


    まぁともかく(流した)B級のテレビ映画としては暇つぶしにはなるとは思うので、レンタル料金半額の日にでも借りて寝れない平日の夜の暇を潰してください。
    例によって例の如く、期待は禁物ですけどね。

  • 3.5

    りょーこさん2020/01/04 16:31

    ガチムチ率高いロシアン・アクション♪

    銃も持っていますが、身体を活かす為か肉弾戦が多いのも嬉しい!
    だから薬莢出てないのは許すw

    ただ、ロシア語以外はボイスオーバーになるのは残念。
    吹替の文化が無いのかなぁ?



    傭兵軍団隊長スティーブ。
    ガチムチのデーモン、スナイパーのシャーマン、侍になりたいローニンを率いている。

    ある日、ダニーノという島での核廃棄物投棄の調査任務を受けた一行。
    ゾーイ・ベル似のラベンダーを加え、現地へと向かった。

    しかし、警備の民間軍事会社"イーグルズ"に発見されてしまい…



    どいつもこいつもむっちむち(〃∇〃)

    あんなごん太な腕に絞め殺されるなら本望だわ~♪

    デーモンの銃の構え方が良いです!
    肘で固定するスタイルなので、二の腕がバエる☆

    最強傭兵軍団の割には上陸が即バレたり、電話を落としたりとマヌケなのはどうかと思ったw

    まあそれも拳で解決!系なので楽しいけども♪

    ラストは何故か1対1の素手喧嘩始めるし(笑)
    あれ完全に要らないよね( ´∀`)?

    そんなこんなで適当ながら、ガチムチが暴れるだけで癒されたのでした~

    91分と短めでオススメ!
    『コマンドーR』が好きな方も是非w

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す