お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

よこがお

G

運命を受け入れ、それでも生きていく

女子中学生の失踪事件が変えた、女のよこがお。初めて訪れた美容院で、リサは「和道」という美容師を指名した。数日後、和道の自宅付近で待ち伏せ、偶然会ったふりをするリサ。近所だからと連絡先を交換し、和道を見送った彼女が戻ったのは、窓から向かいの彼の部屋が見える安アパートの一室だった――。リサは偽名で、彼女の本当の名前は市子。半年前までは訪問看護師として、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていた。なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。基子が市子に対して、憧れ以上の感情を抱いていたとは思いもせず――。ある日、基子の妹・サキが行方不明になる。すぐに無事保護されるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてを失ってゆく。自らの運命に復讐するように、市子は“リサ”へと姿を変え、和道に近づいたのだった。果たして彼女が心に誓った復讐とは何なのか――

詳細情報

原題
よこがお
関連情報
原案:Kaz 企画:Kaz 製作:堀内大示,三宅容介 プロデューサー:Kaz,二宮直彦,二木大介,椋樹弘尚
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本/フランス
対応端末
公開開始日
2020-01-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

よこがおの評価・レビュー

3.8
観た人
4817
観たい人
6925
  • 2.6

    Keiさん2021/06/09 12:50

    誠実で堅実な女性が理不尽に不幸になる話。


    時系列シャッフルはついてこれない人増やすだけで面白さに繋がってる気はしなかった。胸糞と言う程でもなく、不幸に浸れる程でもなくなんかふんわり。
    適当に観たヨーロッパ映画でよく感じるやつ・・・って思ったらフランスと共同制作だった。

  • 3.7

    ミミさん2021/06/07 08:30

    誰もが自分でも意識しない、心の中のある種の狂気さや脆さ危うさを、可視化されることによって、インパクトを残す。
    改めて映画の魅力を感じた。

    ただただストーリーの展開や役者陣の演技に引き込まれてしまい、観終わった後しばらくしてから、タイトルの「よこがお」の妙に感服。

  • 4.2

    タフゴングさん2021/06/05 18:36

    良かった〜🤩

    まさかそこが!っていう、そんな事考えもしなかった視点も良かったし、見入ってしまった🤩

    『淵に立つ』てのも今度レンタルしよう。

  • 3.6

    Filmarksさん2021/06/01 17:23

    よくいる誰にでも分け隔てなく優しーおばさんが
    ある事件に濡れ衣着せられたことで狂ってく
    ポスターだけ見るとほのぼのした感じあるけど全然違う予想以上に面白かった

  • 4.0

    gnkさん2021/05/27 22:53

    真面目に生きる主人公が不条理な現実に追い詰められていく物語主演の筒井真理子の演技めちゃくちゃ良かった!
    ニュートラルな感じの映像ながら無駄がなく、たまに幻想的で美しく緊張感もある作品でした

  • 5.0

    きりぎりすさん2021/05/24 23:25

    2021.05.23

    最初のシーンから演出の見事さに感動。
    池松壮亮さんの絶妙に人に興味なさそうな接客と気にせず平然といる筒井真理子さんが醸し出す異様な空気。日常的なシーンから生み出された非日常感。この時点で凄い映画だとわかった。

    前半の行ったり来たりする時系列はいい脳の運動になって好き。よくみたら髪型ですぐ分かるんだろうけど、ぼーっと見てたら気付くのが遅れます。あと、自分は名前を覚えられないタイプなので、色々と苦労しました笑
    起きたことを順番に描かない脚本によって、不穏さが際立っていたように感じる。時系列をごちゃごちゃにすることで、加害者家族への支援の少なさ、マスメディアの異常さなどの社会的な問題が一人歩きせず、誰にでも起こりうる悪い偶然から幸せが奪われる恐怖をとてもうまく表していると思った。

    これ、主人公は加害者なの?加害者の親戚というだけで加害者同然の扱いをされる酷さには頭を抱えた。
    本当に些細なことなのに悪い偶然が重なって主人公が落ちていくのが可哀想でならない。
    婚約者の息子との別れのシーンで、抱きしめると婚約者がハッとする部分は可哀想すぎて見てられなかった。あんなに優しい人なのに、幸せ絶頂直前ですべてがへし折られるなんて世の中不公平すぎる。そんな彼女に神様が与えたプレゼントは強さなんだと思う。ラストシーンで彼女が轢けなかったのは弱さではなく強さ。生きていけるのは強さがあるから。他人を傷つけないのは強さがあるから。

  • 3.8

    Oさん2021/05/23 14:15

    自分としては大したことじゃないと思っていたことが本当は異常なことだったのかもしれない。空気が一変する。想像出来なかった恐怖。
    人としての倫理観を問われる。マスメディアの対応も常軌を逸してる。加害者の家族を支援する仕組みはないのかな。あの時救われてたら復讐なんてしなかったんじゃ…?
    自分自身が壊れていく。筒井真理子の凄み。
    個人的に市川実日子みたいな人が一番怖い。嫉妬からの裏切り。我に返って罪悪感を抱く。池松壮亮、良き。

  • 3.3

    swagさん2021/05/17 16:21

    前に見ましたが、そこまで記憶に残らないような感じでした。。
    主演の筒井真理子さんの演技力すごいなと初めて感じた。色んな意味で鳥肌立つ。

  • 3.1

    inogeさん2021/05/16 21:11

    幸せな生活をしていたら突然甥っ子が犯罪を犯して親戚であるがために人生を狂わされどん底になる話。
    今のインターネット社会ではありそうな展開、マスコミに追い回されるのはかわいそう😢
    しかも、被害者の人にも裏切られてしまうのにはなかなかの辛さです。
    加害者の親戚にクローズアップした映画は珍しいと思う。

  • 3.2

    パールさん2021/05/14 13:54

    クリップの中から
    鑑賞。

    事件の加害者として扱われ
    幸せを奪われた女の復讐。

    重めですけど筒井真理子の演技は圧巻。
    誠実さ、優しさ
    その反面の狂気
    佇まいだけで語れる人。
    犬の真似なんてホラーかと思いました。

    でもあれが復讐なんて
    ちょっと子供っぽいというか
    安っぽいと私は思いました。
    そして
    結果復讐になってなかったという。。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る