お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

燃えよスーリヤ!!

G
  • 字幕

痛みを知らずに悪を討つ!

スーリヤはどんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主。幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受け、独自にカンフーの特訓を積んできた。ある日、スーリヤは離れ離れになっていた幼馴染が危険にさらされていると知り、悪の組織との全面戦争を決意する―。

詳細情報

原題
Mard Ko Dard Nahi Hota
関連情報
製作:ローニー・スクリューワーラー
音声言語
ヒンディー語/英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
インド
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-24 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

燃えよスーリヤ!!の評価・レビュー

3
観た人
349
観たい人
415
  • 2.5

    GAMAKOさん2020/07/03 11:59

    *特徴______________

    カンフー リスペクト無痛症少年が悪と戦う映画
    _________________

    予告も面白かったし、映画始まって最初は結構好みな映画始まった!と思ってワクワクしてたので余計ガッカリ度はでかかったです。

    主人公は凄い良いキャラしてます。
    ヒーローには「パワースーツ」や「魔法の杖」とかが必要ですが、彼に必要なのは「水」。面白いやない。
    無痛症の苦悩も知れました。おじいちゃん大変だぁ…。

    …で結局何だった!?
    すんごくしょうもない戦いで幕を閉じました…。そもそもアクションにカンフー要素をあまり感じなかったり…。
    要らぬ期待と、もっと面白い展開を求めてしまった欲深い私の落ち度です…。
    考えてはダメなやつだったんですね(泣)

    EDにも日本特別宣伝用のダンスMVを流してくれれば🌟0.5はプラスだったのに…。全く上げてこないEDもさみしい。

  • −−

    chan7さん2020/06/09 01:13

    ソラリス復帰作。

    起承くらいまで観て、こんなに寝れる?!ってくらい寝た。
    インド映画だけどものすごく長いわけではなくて2時間ちょっとなはずなのに、途中起きてまだ寝れる〜〜って何度もなりました。幸せな睡眠。
    帰るとき、来たときより元気だったもん。

    そんな訳で、バーフバリ・ダンガル・バジュランギ〜の路線を期待していったら、pkでした、というお話。

  • 3.6

    キミシマムTHE裕君さん2020/06/05 12:54

    ‪痛みを感じない病の少年がカンフー映画に憧れて強くなり悪を断つ!という単純明快なインド映画。‬
    ‪強くて美しいヒロイン、片足の師匠、わかりやすい悪役…と勧善懲悪でカンフー映画オマージュもありかなり楽しめた!インド映画なのでアクション中に音楽が鳴り響くのもプラスですw‬

    ‪特にヒロイン役の子の意志の強そうな目付きと本格的な蹴りがたまりません!お願い致します!蹴ってください!!!🙇‍♂️‬

    なんか全体評価は低いけど個人的には推していきたいです。

  • 3.5

    Waddyさん2020/05/19 02:03

    【ステルス忍者式】

    少年時代のピュアな心
    男の子がヒーローにあこがれるのは世界共通。

    アクション多めでわりと楽しめた。
    踊りはありません。

    ただ、ボリウッド映画は「風」と「スローモーション」「突然のコミカルさ」はセット。
    癖強いけど、インド映画やはり好き😲

  • 3.5

    ジュウベイさん2020/03/07 08:39

    ストーリーは無茶苦茶だったりするけど
    アクションシーンがすごいのでOK🙆‍♂️
    スローモーションでアクションを効果的にカッコ良く見せてる。

    インド映画特有の踊るシーンはないが、
    歌はたくさん流れます(笑)

  • 3.0

    neroさん2020/02/27 00:49

    ヒーローが無痛症という珍しい設定のマッスルインドアクションカンフーコメディ。設定上はカラテなんだけどやっぱりカンフーマスターだよなあ。
    お話は、我流トレーニングでカラテを身につけた(と思ってる)主人公スーリャが、かつてビデオで憧れたカラテマンの危機(道場乗っ取りだったかな)を助けるって、まー正直どーでもいいストーリー。

    母を亡くし、痛みのない(つまり危険を感じない)主人公を一人で育てる父親の心労とソレを台無しにする祖父。キュートな少年期のスーリャにからむ、やきもき父ちゃんと能天気爺ちゃんの確執が笑わせる。
    ヒロインとの再会が意外と盛り上がりがないのがちょっと残念だったが、敵に4人揃って立ち向かう姿はもうアベンジャーズ! というよりキック・アスかな。
    殺陣はスゴイよぉ! みんなちゃんと鍛えてて、高い身体能力全開のボディアクションのキレは素晴らしい。スローモーションの多用し過ぎはなんだけど、なかなか楽しめた。

    と こ ろ で、本作中もっとも強烈な印象を残したのがふたりの初夜描写! 地球規模の朝チュンに思わず吹いた! 何を言ってるか伝わらないと思うが、これは間違いなくいままで観た最大スケール! その後朝日の中を踊りながらアフターピル買いに行くヒロインって(笑笑)  前半は寝ててもこのシーンだけは観るべきだ!!!

  • 3.2

    Ryochinmokkoshiさん2020/02/24 20:59

    好きなノリの映画だけど
    ちょっとだらだらと長くて退屈してしまった

    主人公の特性上、痛ッ!!っとなる場面がありそうだなーと思ったらやっぱり

    スーリヤとマスターが履いてたスニーカーは
    オニツカタイガー?

    インド版ブルーノマーズみたいな曲がかっこいい

  • 2.0

    安道もあさん2020/02/23 17:13

    ボリウッドが聞いて呆れるくらいつまんなかった。
    低予算で派手な事をやってしまった感ある。

    しかし最高のボリウッド映画を探す旅は終わらない…

  • 3.0

    HEYYOさん2020/02/16 11:33

    「きっと上手くいく」などインド映画には当たりも多いが、今回はそこまでヒット作ではない感じ。
    アクション映画が好きな人にはオススメ。歌って踊るインド映画を期待するとやや物足りない。
    後半やや痛々しいシーンもあり。

  • 3.9

    たけちゃんさん2020/02/12 21:41

    1、2、3、ドン!


    ヴァーサン・バーラー監督、脚本 2018年製作
    主演アビマニュ・ダサーニー、ラーディカー・マダン


    やっと地元で公開されました\(^o^)/
    これ、めっちゃ楽しみだったのよ。
    なんと、1週間の限定公開!
    いっ、いっしゅうかんか~(笑)
    でも、この手の作品が地元で公開されるだけ良しと思わないとね。今回観た劇場は、公開期間は短くても、比較的レアな作品を公開してくれるんだよね~。だから、何とか日程ぐりしました!
    じゃないと、今後に繋がらないからね( ˘ ˘ )ウンウン






    さて、映画です。
    あら~、評価低いね~(笑)
    楽しかったでしょ?
    僕は大好きでしたよ(ˆωˆ )フフフ…

    主人公のスーリヤは、生まれながらに痛みを感じないという"先天性無痛症"という難病を患っている。
    そのため、幼い頃はいじめを受けることもあり、祖父は自分の身を守るために様々な格闘ビデオをスーリヤに見せ、我流で特訓する日々を送る……

    って感じなんですが、僕はなんとなく「キック・アス」を思い出しましたよ。憧れたのがスーパーヒーローではなく、百人組手のマニ師匠だったという違いで、ヒロインのスプリもヒットガールっぽかったし。お父さんが違うけど( ¯−¯ )フッ


    【先天性無痛症とは】
    遺伝性疾患の1つで、運動麻痺を伴わない全身の無痛を主症状とするものだそうで、そこに発汗機能の低下や消失が含まれると重度とされるようです。
    発汗機能が無いということは、運動により体温が上昇してもそれを下げる手だてが無いので、脳症を引き起こしたり、命の危険もあるようです。だから、水泳のような運動は出来ても、日常的には体温上昇のため運動が不可能だそうです。
    今作のスーリヤは発汗機能はあるので、まだ軽度ということなんですね。そりゃ、4歳まで生きられたら良い方と言われるわけです。


    そんな難病を患いながらもスーリヤは自らの体を鍛え、ムッキムキに。でも、強いのか弱いのかよく分からんところもありましたよね(笑)
    ブルース・リーのジャージを着るとかオタクか!
    それでも、いじめられた過去があるからか、正義を為そうとする心意気が良くて、応援してました( ˘ ˘ )ウンウン
    あと、チート気味に強いばかりではなく、脱水症状を起こしやすい設定が上手いこと生かされていましたよね。見てると、ちょっとオエッてなるけど……。

    また、幼なじみのスプリも、偶然出会ったマニ師匠に手ほどきを受け、キレキレのヒットガールに成長してましたよ。まぁ、可愛さでは本家のヒットガールには敵いませんが……( ¯−¯ )フッ

    そして、空手マンことマニ師匠。
    実は双子のジミーと一人2役。
    片足で極真空手の荒行、百人組手を行うとか、凄すぎです(ˆωˆ )フフフ…
    でも、カンフー映画には「片腕ドラゴン」という名作もあり、片手や片足はハンデにならないんですよ( ˘ ˘ )ウンウン
    そのあたり、脚本も書いている監督のヴァーサン・バーラーはなかなかのオタクと見ましたよ(。-∀-)ニヤリ

    スーリヤが観る映画のチョイスも良いよね~。
    メモしきれなかったんだけど、
    「椿三十郎」
    「酔拳」
    「燃えよ、ドラゴン」
    なんかを観てたよね。
    僕も10代の頃、ジャッキーの映画を観て修行した(笑)から、スーリヤにシンパシーです(ˆωˆ )フフフ…

    あと「THX-1138」なんかも出てきたなぁ。
    管理や抑圧からの解放を意味してるのかな?


    まぁ、そんな深読みせず、単純にアクションを楽しんだ方がいいかもね。ケレン味たっぷりのスローモーションや過剰なアクションなど、インド映画のエンタメ性が僕にはフィットしましたよ!
    万人受けするとは思わんけど、肯定派でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す