お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アダム&イヴ

G
  • 字幕

贖罪の戦いの果てにあるものとは―。修道士と一人の女性の運命的な出会いから禁断のドラマが始まる!

信仰心が人一倍強い純粋な修道士の男。修道院で修行中の彼はその真面目さを買われ、司教に司祭へと取り立てられた。しかし、それを面白く思わない先輩修道士に妬まれた末、瞬く間にもとの修道士に戻されてしまう。自分のあるべき姿に悩み苦しんだ彼は、不思議な力を持つ古参の修道士に教えを請い、「自分の魂を救え」と諭される。ある日、街に所用で出かけた彼は、一人の女性と出会ったことから思いがけない運命を辿って行くのだが…。

詳細情報

原題
Adam & Eve
関連情報
製作:アンドレイ・クロイター,ダニー・オーメロッド 撮影:ヤナ・リッツ・ケアンズ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-07-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

エロティック・官能洋画ランキング

アダム&イヴの評価・レビュー

2.4
観た人
21
観たい人
8
  • 4.7

    スコティさん2022/01/12 05:26

    雲海広がる山に建つ、古びた教会。

    修道院で司祭見習いをする主人公の部屋にあるのは、現代アート風のキリストらしき肖像画。

    街で出会った女性のアトリエには、宗教的な抽象絵画。

    コンテンポラリーダンスでの表現。

    ボクシングの素振り中に肖像画と目が合うなどの、宗教ものとしては珍しいユニークさが時々挟まれる。

    画面は、印象的な美しさと、カトリック的なカット。時代の判別できない幻想感が混じりあう。
    台詞は、宗教観と信仰心と芸術を中心とした会話。 悩める青年が、アートと信仰と宇宙の環を見つめ、近代的な解釈もミックスしていく。


    IMDbでは、6.8/10 の評価。

    個人的には秀作です。でも、多くの方にはオススメしません。
    上演時間の104分か、それ以上をかけて映画と向き合えるときの鑑賞がベストだと思います。


    上質だった『ユアン・マクレガー 荒野の誘惑』と『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』のとき同様に、 現代的にキリスト教をテーマに描くと、ここまで新しく感じるんだと新鮮でした。

    3作品とも、説明を省いたシンプルさ(故に解りづらく評価も低い)で、エモーショナルに伝わってきます。
    3作品ともOne of my favorite.

  • 3.8

    SgtJakaさん2020/07/21 18:03

    主人公アダムがとある女性イヴと出会い、本当の自分を見つけるまでの話、といったところでしょうか?所々、理解が難しい場面があり、多少難解な映画かなという印象。アダムとイヴの会話が詩的?哲学的?な感じで美しい。精神論的な話が好きな方向けです。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました