お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

続エマニエル夫人

G
  • 字幕

エマニエルは夫ジャンに会うため香港に向かう。香港でジャンと激しく求め合うエマニエルだったが、ジャンと同居のクリストファーやパーティーで知り合った若い娘アンナ・マリアを誘い、肉欲的な愛の喜びを感じていく。

詳細情報

原題
EMMANUELLE 2
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1975
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2020-10-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

エロティック・官能洋画ランキング

続エマニエル夫人の評価・レビュー

2.8
観た人
430
観たい人
91
  • −−

    マジコさん2021/08/16 00:35

    前作エマニエル夫人の放送の流れでそのまま視聴。けどちょっと疲れてしまって最後まで見れませんでした。今回は初めからレベルアップしてたけども、いやらしさみたいな嫌悪感が湧いてこないのが不思議。AVとか、コンビニでトイレ近くにあるそういう雑誌とか、アイドルが消費されてるものには嫌悪感を抱くのに、なんででしょう。意味わかんないけども、芸術作品みたいなのかな?最後まで見れなかったので、どうなったかはわからない…けど、ごちそうさまでした、もう十分お腹いっぱいです!と言う気持ち。

  • 1.4

    masatさん2021/07/12 23:20

    何という目の覚めるような映像美!
    どこの誰だか知らない監督に変わり、まったく期待していなかったが、勿論脚本は三流な二匹目のドジョウ以下にも程があるのだが、シネマスコープのワイド画面、その構図がいちいち決まり、その動きやズームレンズの効果性、クローズアップの映画館、そして前作よりもソフトフォーカスを排除した彩度の強い画・・・映像を観ているだけで、飽きなかった。

    シルビア・クリステルは、あっという間に洗練された。余裕と貫禄すら醸す。
    ピンクに腫れた乳首も、前作以上にお見事。

    前作以上にバリューアップした音楽、名匠フランシス・レイは、それほど振るわず、前作のあのいやらしい安手のメロディに負ける。

  • 1.8

    Makotoさん2021/06/03 19:24

    世界中でフランス語は通じるモノなのか?!
    シルビアクリステルは美しい
    あんなサウナあるのかしら??
    黒髪とチャイナドレスも美しい
    ところでこの人たちは香港人なのか?
    一作目と比べると、美しさが抜けた観光NTRポルノになっちゃった、残念

  • 3.4

    mitakosamaさん2021/04/20 15:05

    エマニエル2作目。今度は舞台を香港に移す。まだイイギリス統治下なのでセーラーの水平が多く見受けられるね。

    物語はすっかり奔放になったエマニエル。可愛い!髪も伸びたしメイクも冴えてる。前作のバタ臭さが無くなり現代的なキュートさが加味されている。

    物語は、ホントただ方々でセックスしているだけの内容。前作が一応はエマニエルがエロ堕ちすぐまでの話があったが、今作にはストーリーらしきものはほぼ無いね。

    冒頭で客船で1等室を予約したのにタコ部屋に入れられ、そこでレズビアンプレイに及ぶ。これも物語上あまり意味が無い(笑)

    夫ジャンの同居としてでパイロットのクリストファーがいる。プロペラが部屋に置いてある不思議な人。
    そしてアンナマリアなるウブな少女に出会い、彼女をエロ堕ちに導くという内容。

    クリストファーとは当然のように契るが、売春宿みたいな所に居るのをエマニエルは叱責する。
    セックスに対してオープンではあるが、金で女を買うのは許せない主義。

    そしてマリアアンナとはバリ島でジャンと3pに至る。あの髭の旦那はなんでそんなにモテるんだろうか?サッパリ謎だ。

    エマニエルもマリアアンナの超可愛いし、香港のアジアンビューティもなかなか。3作の中では今作が一番エロシーンに魅力があるね。

  • 2.2

    ルチアさん2021/04/18 22:51

    ムービープラスにて鑑賞

    前作で「目覚めた」夫人が、今作ではやりまくるという展開で。
    まあ、エロ全開で、エロ映画としては前作よりずっと楽しめる映画。

    作中のサウナのシーン。
    あれは、サウナなんですかね?むしろソープに近い?
    いや、性感マッサージなのか?行った事ないから分からんけどw

    バリ島での男たちのダンスは、モスラかキングコングでも出て来るんじゃないかと錯覚する(笑)

    処女の娘は誰とやるのかと思ったら、そうなるのね。
    ともあれ、全編エロで楽しい映画でした。

  • 2.3

    akrutmさん2020/11/07 18:48

    シルヴィア・クリステル主演の『エマニエル夫人』の続編。前作は舞台がタイのバンコクだったが、1年後に公開された本作の舞台は香港である。前作のエマニエルは性に奔放ながらもまだ初々しさがあったが、本作ではもう奔放すぎてビッチ化が進んでいて、見境なくやりまくるだけになっている。

    前作を監督したジュスト・ジャカンが今回は降板していて、フランシス・ジャコベッティという写真家が監督をしている影響が大きいかもしれない。写真家のわりには芸術性が前作より明らかになくなっていて、単なるエロビデオ化している。夫ジャン役がダニエル・サーキーからウンベルト・オルシーニに変わって外交官らしさがなくなったことも拍車をかけているように見える。いずれにしても、前作にも増して、見るに足らない映画になってしまったと言えるだろう。

  • 3.4

    スズナリさん2020/11/02 14:43

    まだ控えめな性格だった前回より大分性に奔放になった今作の方が面白みは増している。意外に名曲な劇伴やED曲はもちろん、より大胆になったシルビアを堪能出来る。
    それにしても、一作目のタイや今回の香港といい、当時のフランス人のアジアに対する見方が伺い知れる。

  • 3.7

    daiyuukiさん2020/09/20 23:45

    前作で性に目覚めたエマニエルは、赴任した夫のジャンに会うために、香港に向かう豪華客船に乗った。その船の中で、エマニエルはドイツ人の女子学生イングリットと知り合い、レズ行為に耽っていく。香港についたエマニエルは狂ったようにジャンに抱きついた。そのジャンのアパートにはパイロットのクリストファーが同居していて、その後、エマニエルは数々と性遍歴を重ねていく。
    シルヴィア・クリステルが、ブレイクするきっかけになったソフトコア・ポルノシリーズ第2作。
    前作で、体裁や常識を捨てて、自らの意思と欲望に忠実な大人の女になったエマニエルが、年下の女子学生イングリットやジャンの友人の娘マリアンヌのバレエの教師など、寝たいと思った人とアバンジュールを重ねていく展開が、よりエロくなった濡れ場満載で描かれるシリーズ第2作。

  • 2.8

    soutaの映画まとめさん2020/09/05 23:43

    【soutaの映画つぶやき No.380】
    "続エマニエル夫人"


    エマニエルの 次の舞台は 香港。
    更なる 性の扉を開いていく。。


    個人的に 1よりも良かった。
    前作のような エマニエルに恥じらいなどは一切なく、より官能的なシーンが多い。今度は エマニエル自身が 若い女の子に手解きするのだから、成長ぶりが凄い、、

  • 3.0

    hideさん2020/08/12 07:54

    性のファンタジー。クリステルがひたすら美しい。公開当時は、見ることができなかった。ある意味大人になりました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す