お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ディヴァイン・フューリー/使者

G
  • 字幕

「梨泰院クラス」パク・ソジュン主演最新作!新次元エクソシズム・アクション・エンターテイメント!

右手に宿った神の力―。総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。彼は幼少期に事故により父を亡くし、神への信仰を失ったまま成長した。ある日、ヨンフは右手に見覚えのない傷ができていることに気がつく。彼は傷について調べるうち、何かに導かれるかのようにバチカンから派遣されたエクソシストのアン神父に出会い、自身に正義の力が隠されていることを知る。一方、街にはびこる悪が密かに彼らの前に迫っていた…。

詳細情報

原題
THE DIVINE FURY
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2020-12-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

ディヴァイン・フューリー/使者の評価・レビュー

3.5
観た人
2540
観たい人
4612
  • 3.5

    Maakさん2022/01/17 13:35

    パクソジュン出演作品は観ないとの気持ちで見始めたら思ってたのと違うストーリーで拍子抜けした(笑)
    パクソジュンやから見れる映画過ぎたけど映像の質も凄かった。ストーリー抜きにしたら🙆🏻‍♀️

  • 4.7

    mさん2022/01/17 12:57

    幼い頃の父の死によって神を信じなくなった総合格闘技の全米チャンピオン(実際に『コリアンゾンビ』という渾名でアメリカで活躍している韓国人の総合格闘家がいるので、全然おかしな設定ではない)が、突然手に現れた悪魔を燃やせる聖痕と全米制覇の格闘技スキルを武器に最強エクソシストに!!
    んなアホな!!!な設定を徹頭徹尾貫かれた作り手の生真面目さと技術面のクオリティの高さ&ちゃんと相応にある製作費によってガチな映画に仕立て上げた快作。とにかく生真面目さが全て良い方向に働いている。尺が長い割にダレる事も一切無いのも良い。

    撮影・照明・美術はそんじょそこらの日本映画では到底敵わないクオリティ。長回しアクションにも刮目した。こういう娯楽映画でさえこのレベルなんだから凄いよね。


    序盤、人間離れした動きで鉄骨に飛び乗った悪魔憑きの男を、表情を一切変えずに見つめてピョンとジャンプして髪を引っ掴んで地面に叩き落とす主人公の動きで爆笑した。生真面目に冷静さを保ったままアクションにスッと移行するのが良い。
    アクションの振り付けで主人公の総合格闘技における得意技までしっかり設定されている事が分かる(前蹴りとカウンターの右)。ローキックで相手を転がしたり、と悪魔憑きとのアクションでも細部で総合格闘技のスキルが取り入れられているのが素晴らしい。序盤の総合格闘技の試合シーンもちゃんとリアリティがあった。
    それにしてもこの主人公、速攻で悪魔を祓える聖痕フィスト以前にそもそも全米最強クラスのフィジカルの持ち主なので、これはもう映画史上最強レベルのエクソシストである。


    神を信じない主人公にさえ、それでもこの人の事はほっとけないと思わせる神父役のアン・ソンギは師匠ポジションかと思いきやまさかの実質ヒロイン。アン・ソンギさんから発せられる圧倒的人間味は老若男女問わずノックアウト必至、溢れ出る人徳がヤバすぎる。アンさんの芝居と存在感だけで映画全体の格が跳ね上がっているから流石である。
    「梨泰院クラス」でお馴染みパク・ソジュンの冷たい事言いつつも人助けをせずにはいられないイケメン・ヒーロー主人公っぷりも板についている、てかこの人ほんとカッコいいですね。
    主人公とアンさんが出前の飯を食うシーンは、2人の演技やラップを剥がす小技のディテール演出で人間味がチャーミングにグッと出てくる。

    闇の司教ウ・ドファンも途中までの妖艶な美しさをかなぐり捨てて、クライマックスでは蛇肌人間に変身して大暴れしていて素敵。
    子役や美女の悪魔憑き演技がやたら気合いの入ったガチ仕様なのも素敵です。
    「パラサイト」にパク・ソジュンがチョイ役友情出演してくれた御礼なのか、パラサイト長男のチェ・ウシクも少し登場。

    なんかMCU映画みたいなエンドクレジットのテロップは笑いました。まあこれヒーロー映画だよね。続編希望です。

  • 3.3

    さむさん2022/01/17 12:55

    シルミド以来のアン・ソンギ出演作観た!!
    イケオジ度が増してた。
    全く怖くないエクソシスト作品だからさらっと観れる。
    でも、悪魔払いって結局最後は拳と拳なんか?
    パクソジュンはパクソジュンのままかな。
    ほとんどの出演作で上半身裸になってるからな。
    ウ・ドファンのヒール役最高。
    チェ・ウシクのなよっとした感じがとても良い。

  • 3.8

    金狼さん2022/01/17 07:40

    ひたすら美しいパク・ソジュンを眺める映画。悪魔祓い映画として観ようとしても無駄です。アクション要素がとても強いので、オカルト要素はもはや無いものと思いましょう。個人的には好き。続編に期待。

  • 3.3

    JuriShimizuさん2022/01/17 01:40

    まさかの悪魔祓いがパンチなのは笑うけど、
    神父と主人公の歳の差バディ感が最高。
    主人公がとんでもなくファザコンでツンデレで肉体がえっっっちすぎてやばい
    祭服に着替えるシーンたまらんし、そのあとの格闘シーンも(ガチなアクション映画にくらべたらちょっと面白い感じ)手足が長ぬてめちゃくちゃかっこいい

    内容的に絶対もう出てくれなさそうだけど、このままパクソジュンで続編みたいなあー(むきむき祭服最高)


    ちなみに吹き替えでみたのでアニメ感増し増しでした(櫻井孝宏)

  • 3.0

    紅梅シュプレヒコールさん2022/01/17 01:16

    格闘家の主人公ヨンフがエクソシストのアン神父と出会い、悪魔祓いの手伝いをすることになるホラー・アクション作品

    パク・ソジュンが好きなので観てみましたが、鑑賞前の期待値が高かったのか肩透かしを食らってしまいました

    中島哲也監督の「来る」やジェームズ・ワン監督の「死霊館」「インシディアス」等の悪魔対悪魔祓いを描いた荒唐無稽に思えるホラー・アクションが好きなので、今作のあらすじにも魅力を感じていたのですが、2時間で扱うには多すぎる設定と盛り上がらない演出のせいで凡作止まりとなっています

    主人公が神を信じなくなった経緯を描いた冒頭の掴みは良かったものの、そこから物語が軌道に乗るまでが冗長で退屈に感じました

    キャラクター設定が主人公以外詳しく描写されないので、危機的状況や最後の決戦に気持ちが乗り切ることができなかったのも残念な点

    アン神父の背景や暗躍する闇の司教の目的は少なくとも詳しく説明した方が良かったのではないかと思います

    もしアン神父が悪魔と戦う理由、闇の司教が力を得たい理由がしっかり描かれていれば、アン神父により感情移入できドラマチックな展開に心揺さぶられたただろうし、闇の司教を倒すことの重要性を観る者に強く訴えかけられていたら最後の戦いもより見応えがあったでしょう

    また、小道具を効果的に使わなかったり、使い古された独創性のない演出法(映し出される影が悪魔の姿とか)にもガッカリさせられました

    しっかりと調理すれば活きた設定が多いだけに余計勿体無く感じます

    パク・ソジュンが好きな方は観ても良いとは思いますが、ホラー・アクションを期待するのはやめておきましょう


     

  • 3.4

    えむおうさん2022/01/16 22:43

    予告動画ですごく気になってた作品。

    意外とゆったりとした作品で、ホラーというよりもホラーな題材を使ったサスペンス+アクションだったかな。
    神様嫌いの格闘家の世界チャンピオンが、エクソシストの神父さんと知り合って悪魔を倒す話。

    少し気持ち悪い悪魔が出てきますが、あんまり見えないので全く怖くない。
    びっくりホラーの要素もないので安心して見れます。
    そのかわり映像はスタイリッシュでかっこいいし、それにあって役者さんもかっこいい。

    男臭いとまでは言わないですが、登場人物の男性率高め。
    見方によっては、バディ物に感じました。主人公とエクソシスト神父さんとのやり取りが良い。

    ラストバトルは、エクシシスト的な力というより、格闘スキルで世界チャンピオンが悪をが殴り倒すので必見。

    ストーリーに驚きとか、演出にハラハラとかないので、ホラーなのに安心して見れる作品でした。面白かったです。

  • 3.8

    MONAさん2022/01/16 21:23

    久しぶりに祓魔師系のものを見た。
    悪魔に取り憑かれた子役の演技が凄かった👏

    パクソジュン氏姿勢良すぎ😌

  • 4.1

    かなめろんさん2022/01/16 20:18

    ✨🙌1000レビュー目🙌✨
    過去鑑賞記録だけのレビューもまだまだありますが、大好きな映画を楽しみながらレビューを続けていきますので、今後ともよろしくお願い致します😌

    記念すべき1000作品目は大好きなパク・ソジュンの作品🥰
    韓国版エクソシスト。
    ソジュン観たさに楽しみにしてた作品🥰

    善と悪がはっきりしていて分かりやすく、悪魔祓いのおどろおどろしさにアクションも加わり、ソジュンの筋肉を拝めて、大満足でした☺️💕

    格闘家が悪魔祓いするのもなかなか斬新で頼もしく面白い。そして主人公とお父さんとの絆、彼が悪魔祓いするに至る経緯もちゃんとしっかり描けていてストーリーもなかなか面白かったよ☝️

    あと何と言ってもソジュンとウシクの彼らの仲良し共演シーンにファンとしても嬉しく、何だかニヤニヤしちゃう🥰

    続編ありそうな描写だけど、あったらいいな👍✨

  • 3.7

    HITOさん2022/01/16 17:21

    エンタメに振り切って描いた現代的な悪魔祓いのお話。
    エキセントリックな憑かれた人たちの描写は血みどろだったり奇声がえげつなかったりで容赦なく気持ち悪いのですが、悪魔祓いそのものはは(主人公が武藤派系なので)振り切ったアクションが全面に押し出されていて、エクソシストといえばのおどろおどろしさよりも、ファンタジー系ゲームを攻略していくような雰囲気を感じました。

    ただ人物描写は細やかで好きです。父子愛に根差した主人公のキャラ付けと、それゆえの壮年の神父との不器用な絆の育み方の描写が丁寧で、彼らの人間味の暖かさがときに微笑ましく、いとおしく感じられました。食事の場面とか、何気ないやり取りが良かったなあと。
    登場人物でいえば、あの子どもだけがとても不憫でならなかったですが…。

    信じていないのならそこに横たわるのはただの無であるはずで、憎しみが生じるということは愛もそこへ横たわっているということ。それが善いものか悪いものかはともかく。
    確かにそれはそのとおりで、これだから人間は厄介で複雑なんだな、等と思ったりもしました。


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました