お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

長沙里9.15

G
  • 字幕

その日、愛する者のために命を賭した名もなき英雄たちがいた――

北朝鮮からの敗走を続けていた韓国軍は、戦況を打開するためマッカーサー将軍の指揮下で大規模な上陸作戦を計画。「長沙里(チャンサリ)に上陸せよ」と命じられたイ・ミョンジュン大尉(キム・ミョンミン)らが率いるのは、訓練期間わずか2週間、平均年齢17歳の772人の学生兵。僅かな弾薬と最小限の食料だけを支給された彼らはまさに「捨て駒」だった。それでも祖国と愛する者たちを守る為、降り注ぐ銃弾を受けながら部隊は決死の上陸を試みる。

詳細情報

原題
BATTLE OF JANGSAR
関連情報
字幕翻訳:石井絹香
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2020-11-20 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

長沙里9.15の評価・レビュー

3.5
観た人
768
観たい人
788
  • 3.1

    Yuyaさん2022/01/16 21:50

    まだまだ 知とっかなきゃならん
    はずの 学んでない歴史の影って
    たくさん あるんだなぁ

    朝鮮戦争さなかの 半島
    米韓の思惑と 中国の介入の狭間で
    祖国の為に 命を投げた若者達の
    勇猛果敢で 哀しい青春の散り様

    うん 泣けるって表現は違うけど
    心に留めておきたい 作品のひとつ

    上陸前の強張った緊張の面持ち
    仲間内で無邪気に語らう時の微笑み
    愛する者の為 覚悟を纏った決死の表情
    あの時 あの場所に まぎれもなく
    彼らが生きていたことは 忘れてはならない

  • 3.9

    ハレルヤさん2022/01/11 21:10

    朝鮮戦争の初期1950年9月。この戦争の大きな転機となった韓国側による仁川上陸作戦の裏側で、北朝鮮側を陽動する目的で立てられた長沙里上陸作戦が敢行される。学生兵が大半を占める圧倒的に不利な状況下の戦いの模様を描いた戦争ドラマ。

    朝鮮戦争の無情さを描いた作品は多くありますが、本作では多くの10代の若者たちが捨て駒扱い同然で戦地に送り込まれ、厳しい戦いを強いられた事実にスポットが当たっています。

    訓練もろくに受けておらず、武器も食料も満足に与えられていない状態。まさに死にに行けと言われてるのと同じ扱い。冒頭から早速猛攻撃を受けて、次々と命を落とす兵士たち。それでも維持を見せて海岸線を確保する。

    その上陸作戦での止まない銃弾。随所で炸裂する砲撃。そして殴る刺すの近距離戦。その戦闘模様の描写は迫力あるものでした。クライマックスの脱出劇も虚しさが胸を貫きます。

    残念だったのが登場人物たちがそれなりに多いのに、各々の印象が薄い。一番印象に残ってたのが脇役の太っちょの青年でしたし。ハリウッドからの参加となったミーガン・フォックスも添え物程度。

    それでも同族民族同士の戦いの悲惨さや、誰もが家族がいて無念の思いを抱えて命を落とす者も少なくない。今も完全には終わらず停戦状態である朝鮮戦争の愚かさをしっかりと捉えた良作です。

  • 3.3

    みほさん2022/01/10 23:37

    久々に2時間飽きることなく観れた。
    現場の上司がなんだかんだ絶対部下を犠牲にしないいい映画だった。
    ソンピルめっちゃイケメンと思ってたらアイドルなのね。
    こんなことがあったことをそもそも知らなかったから歴史の勉強になった。

  • 4.5

    ShiroKuroさん2021/12/31 09:02

    戦争は何を遺すのか、闇に葬られた作戦。朝鮮戦争の米国の目的は自由主義の保守、どれだけ現地の人間が犠牲になろうとも、敗退「ステ駒」は軍部の極秘扱いにせざるを得なかった。だが戦後、同行記者の記事で名誉回復されたとある。 これはこの戦争のみならず、あらゆる戦争が遺す悲しい遺産だ。 日本にも韓国にも、中国にもまだまだ埋もれた、歴史の闇に埋もれた出来事があるだろうが、決して戦争をしてはならないということを知っておくことだ。 政治家・軍隊の「欲」の為に国民が犠牲になるのはもう許されない。

  • 3.5

    うっちーさん2021/12/26 21:44

    学徒兵の実話のお話。

    大戦略の裏には捨て駒のような作戦に駆り出させる学生も、その責任を押し付けられる上司も。
    どちらも被害者と言える。

    戦火の中へとテイストは似ているが
    戦闘シーンの派手さが劣る分、
    サブキャラの伏線回収などキャラは立っていたように思う。

  • 3.2

    勝沼悠さん2021/12/13 22:00

     朝鮮戦争の戦局を大きく変えた仁川上陸作戦の影で陽動として長沙里で上陸戦をした学生部隊がいた。彼らの実話を映画化。
     
     捨て駒になった若者達を描いた映画。学生兵というだけでなく、装備が乏しく援護も手薄。やっとこ上陸して仁川上陸作戦も大成功と思ったら、今度は引き上げもちゃんとやってくれず。とにかく悲劇。それでも国の為にとなるのだが、その命令出してるの米軍なんだよねというのがさらに悲劇。
     こういう事実があったということを伝える為には映画になるって大事。

  • 3.0

    でぐっちゃんさん2021/12/10 15:41

    主人公たち学生兵の葛藤はもちろんのこと、彼らを指揮する司令官の葛藤もわかりやすく描かれている

    実話を基にしているそうで、実際の彼らも精神的・兵力的に苦しかったことは想像に難くない

    構成としては戦争映画のテンプレ的な作りになっていてサクッと観られる

  • 3.6

    Yukaさん2021/12/09 12:17

    本当にこの話があったとは、、、
    仁川上陸作戦の件は有名だけど、まさか裏では学生がこんなにも犠牲になったとは知らず。
    学生といい、国の状況といい見てて苦しくはなる。

    日本で見れるのかなんて思いながら一年は経ち、やっと見れた作品

    역시최민호!!

  • 3.0

    映画記録さん2021/12/08 22:16

    朝鮮戦争の反転転機となった仁川上陸作戦は有名だが。その裏にあった陽動作戦「長沙里(チャンサリ)上陸作戦」は知らなかった。訓練期間わずか2週間、平均年齢17歳の772人の学生兵たちが捨て駒とも言える作戦に投入され多くの犠牲を出した。忘れてはいけない歴史である。

  • 5.0

    yukiさん2021/12/07 15:17

    号泣した...知らなかった実話と参戦勇士たちを知れて本当によかった。と同時にみんな兄弟姉妹なのに...辛すぎる。

    南北統一祈願

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました