お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

こんなにも君が好きで ‐goodbye mother‐

G
  • 字幕

釜山、ハワイ、カンボジア国際映画祭に出典!!

ベトナムのある一族の初孫であるヴァンは、父の改葬のために9年ぶりにアメリカから帰国する。空港へ迎えに行った親戚一同は、彼がベトナム系アメリカ人のイアンと一緒にいるのを見て、歓迎しつつも困惑する。イアンがヴァンのボーイフレンドだとは誰も知らず…。未亡人のハインは、息子のヴァンに一族の後継者の義務を果たすため、結婚して子供を産むことを期待していた。一方で、認知症を患っている祖母は、イアンのことを孫と勘違いしてしまう。そんな中、ヴァンは母親が重病を患っていることを知ってしまい…。

【購入】に関して:Rakuten TVの契約期間中&作品配信中は、何度でもご視聴いただけます。

詳細情報

原題
Goodbye Mother
関連情報
制作:アンナム・プロダクション,ミューズ・フィルムズ,CJ HKエンターテインメント
音声言語
ベトナム語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
ベトナム
対応端末
公開開始日
2021-01-15 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アジア映画洋画ランキング

こんなにも君が好きで ‐goodbye mother‐の評価・レビュー

3.7
観た人
24
観たい人
89
  • 3.0

    kazataさん2021/05/22 06:38

    10年以上前の韓国映画『Hello, My Love』が思いがけずかなり良かったので、それから10年後に製作の類似設定のベトナムBL映画をウォッチしたら……カミングアウト系BLのフリして実は普遍的な"家族という病"(家制度や相続問題)がテーマのハートウォーミング映画でした!

    (『Hello, My Love』は彼氏がボーイフレンドを連れて帰国だったけど本作は息子パターンというね…)

    (BL売りをしたい事情は分かるけど邦題センスが本質とズレてる気がする…)

    とりあえず、"母親讃歌"(&ばあちゃん最強)映画としてなかなか良き!
    (保守的な家制度を大事にしつつも、家族内で男よりも女の方が圧倒的に強いパワーを持っている辺りが今っぽいよね)

    ひとり息子がゲイだった……ってこと以上に実は家族の中に問題山積で、「何よりも家族の絆が大事!」だとか「家を守る!」的な呪縛から逃れられない人たちこそ見た方がいい映画だと思う。
    (そういう意味では終わり方がこれまたけっこう新鮮でグッド!)
    (常にライトなコメディ感が意識されているのもナイス!)

    あとは、主人公ヴァンはもっとダメダメなキャラでもいいと思うけど。
    (ヴァンとコイの間の事情=仲良し関係が崩れた過去への言及とか…があってもよかったかな)

    それと、ヴァンの恋人イアンの家族についてのエピソードがあればなお良し。

  • −−

    ちひろさん2021/04/29 17:32

    すーごく良かった。
    あの親戚の感じ、わからんでもないというか…お国柄もあるんだろうけど結婚出産が全てで結構しんどいとこもあったりして。お母さんはこの国で暮らすって決意したんかな?離れても想い合っててほしい。

  • −−

    木蓮さん2020/04/29 22:54

    ベトナム語原題はThưa mẹ con đi 。直訳すると「お母さん、僕もう行くね」という感じなのかな(わからんけど)
    アメリカで9年間を過ごしたベトナム人青年が、在米越人の男性の恋人と一緒に帰省するというところから物語が始まり、青年の家族との交流を深めながら、一方でなかなか家族に打ち明けられない苦しみや、早く結婚して子供を作れという親戚の圧力、(特にヘテロ男性からのホモソーシャルな)LGBTQへの偏見と暴力などの苦難にも直面していく。すごく王道なゲイ映画のストーリーだなというのが正直な第一印象だけど、主役二人の繊細な美形っぷりと長閑で光に満ちたメコンデルタの美しい風景が相まって、ベトナムの青春映画の形式でLGBTQ映画をつくった、というのがこの映画の特色なのかなと思った。(美しい青春の故郷としてのメコンデルタはMắt biếcですごく如実に描かれていたな〜。北部の紅河デルタを舞台にした青春映画もあるのかな?気になる…)
    一方で、ストーリーに直接関係しないVan とIanの馴れ初めやパーソナリティがすごくサラッとしか触れられていないのが、「美しく儚く苦労する」世界に無理やり彼らを押しとどめているようで、ちょっと気になったかな…。
    それでもやはり特にアジアにおいてフェアリーテイルゲイでも、引き裂かれなければならない悲劇としてでもない同性愛の物語を表現としてつくっていくのはまだまだ重要な仕事なので、この作品の完成度の高さは評価されるべきだと思う。
    そして主役二人ももちろん良いけど、映画全体を支える、母役のHồng Đàoの演技が本当に見事だった。ほかの出演作もぜひぜひチェックしたい〜。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す