お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

明朝皇伝 ~大王への道~

G

皇帝の影には、いつもこの男がいた。異国の大軍の侵略を奇策で食い止めた才人が、紫禁城にうごめく陰謀に立ち向かう!

時は明朝、弘治帝の時代。都から遠く離れた地方都市、鶏鳴駅に類まれなる博学で知られる若者、楊凌がいた。しかし彼は将来を誓い合った許嫁の韓幼娘との結婚式の日に突然病に倒れてしまう。気づくと全ての記憶を失って棺桶の中に横たわっていた。外では幼娘が遺産を奪いにきた楊凌の親族から責め立てられている。とっさに飛び出た楊凌はその場を収めると、記憶は失いつつも、純真な幼娘を憐れみ、彼女を生涯守り抜こうと決心する。医者に診てもらった楊凌は自分が毒を盛られており残された時間は限られていることを知る。その後、街で起こったやっかいな裁判沙汰を見事に解決した彼は県長官の目に留まり参謀へと引き立てられる。 その頃、明の征服を企てるタタール軍が5万の兵を率いてまずは辺境の鶏鳴駅へと侵攻する。その制圧は赤子の手をひねるより簡単と思われたが、軍の指揮を一任された楊凌は奇策を弄し籠城戦に持ち込む。その間に弘治帝に援軍を依頼、見事にタタールの攻撃を持ちこたえた。激しい戦闘のさなか、楊凌は弘治帝の皇子、朱厚照と親交を結ぶ。そして後に皇子の影の補佐役として北京に上り、宮廷内の陰謀や策略から皇子を守りつつ、彼を皇帝の座につけるべく、紫禁城の熾烈な権力闘争に身を挺してゆく……。

※(全40話)次回更新日は2021年4月2日(金)0時に第27~最終40話までの更新予定です。諸事情により変更となる場合もございますので、ご了承ください。 ご視聴いただけます。

お得なパック(2)

    詳細情報

    原題
    回到明朝当王爷-杨凌传/Royal Highness
    音声言語
    中国語
    字幕言語
    日本語
    制作年
    2018
    制作国
    中国
    対応端末
    公開開始日
    2021-02-03 00:00:00

    中国宮廷劇中国・台湾・タイドラマランキング

    評価・レビュー

    レビューを投稿してください。

      ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

      サブジャンルで探す

      カテゴリで探す

      キーワードで探す

      ランキングで探す