お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

野球少女

G
  • 字幕

「わたしの未来は誰にもわからない。」プロを目指す天才野球少女の終わりなき挑戦。今こそ出逢いたかった情熱エンターテイメント!

青春の日々をすべて野球に捧げ、〈天才野球少女〉と称えられてきたチュ・スイン(イ・ジュヨン)。高校卒業を控えたスインは、プロ野球選手になる夢をかなえようとするが、〈女子〉という理由でテストさえ受けさせてもらえない。母や友だち、野球部の監督からも、夢を諦めて現実を見るようにと忠告されてしまう。「わたしにも分らないわたしの未来が、なぜ他人に分かるのか」──自分を信じて突き進むスインの姿に、新しく就任したコーチ、チェ・ジンテ(イ・ジュニョク)が心を動かされる。同じくプロになる夢に破れたジンテは、スインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、特訓を開始する。次々と立ちふさがる壁を乗り越えたスインは、遂にテストを受けるチャンスを掴むのだが──。

詳細情報

音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2021-06-04 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入1,100

韓国映画洋画ランキング

野球少女の評価・レビュー

3.8
観た人
1947
観たい人
5170
  • 5.0

    もしさん2021/06/20 09:18

    単なるフェミニズム映画ではなく、男女の葛藤を助長する映画でもない。
    夢を叶うために努力している人々に応援している映画である。
    色眼鏡は外してみてほしい。
    最後の結びまで完璧だ。

  • −−

    Sayooooさん2021/06/20 02:19

    フェミニズム映画でありながら万人受けしそうなエンタメで、この作品の監督が男性だと聞いて期待して鑑賞。
    期待を裏切らない作品だった。

    女性が野球をやることの難しさ✕韓国でプロ選手になる厳しさはパンフレット読んでからわかったので、鑑賞中に娘の夢を応援どころか邪魔するように見えるお母さんにイライラしたけどそれも納得した。
    韓国の高校野球は日本よりも更に厳しい。
    まず高野連加盟校がとても少なく、さらに授業の代わりに練習をすることも多いため、高校野球で引退した選手の大学進学や就職は難しくなるそう。
    だとしたら、娘の将来を心配して野球やめさせたくもなるかもしれない。

    同級生の男の子とコーチが男女関係なく、ひたむきに頑張る主人公を応援する連帯は見てて気持ちが良い。

    モデルにした韓国の女性がいるみたいだけど、結局本格的に活躍した選手はいないみたいなのでこれをキッカケに改めて女性野球選手が活躍するような日が近い将来に来ると良いな。

  • 3.8

    セバーグ顧客19号さん2021/06/19 17:14

    静かな映画。主人公スインも寡黙で一人で練習したり感情をむき出しにする事も無く大丈夫か?と思ったりしたけど最後の方はずーっと「ガンバレ!」と応援していた。
    良い作品でした。

  • 4.0

    モルBさん2021/06/11 23:42

    ・野球って本当に良いなぁとしみじみ思った。
    ・恋愛要素をあえて入れなかったおかげで純度の高い「ガラスの天井」もの作品に仕上がっていると言う印象。
    ・夢を叶える事よりも、挑戦することへの尊さを教えてくれる物語。

  • 3.5

    セラさん2021/06/08 21:38

    自分がやりたいと思うことに男子も女子も関係ない
    やり続ければそれを見てる人が助けてくれる!大きな展開はないものの淡々と描かれていた

  • 4.0

    souさん2021/06/06 14:13

    野球のプロを目指す女子高生の話。

    高3の人生の選択の時期、親の思いや現実に悩みながらも、どうしてもプロ野球選手への夢から離れられないスイン。
    あまり劇的な感情表現はないのだが、淡々と野球に打ち込む姿が、逆にひたすらに野球がしたいのだという熱い気持ちを思わせる。

    自分の好きなことを続ける選択肢がないというのは、とても辛いことだ。
    でも、そんな中でも新しい道を切り開いてゆくスインはすごい。
    周りの支えのおかげでもあるし、諦めないスインの努力の継続の結果だ。

    そして、短所を補うことだけでなく、長所を伸ばすことって大事なんだなと強く思った。

    あと、親の立場って難しいよな。
    やりたいようにとことんやらせるのが大事なことは重々承知しているんだけど、親だからこそ、引き際や現実をわからせてあげることが必要なことだってあるのだと思う。
    我が子の幸せを願うからこその悩みだよね。

    でもやっぱり。
    できないと決めつけずに、可能性を探って努力してゆくこと、支えてゆくことを大事にして私は生きていきたいなと思った。










  • 3.3

    ちゅにちゃんさん2021/06/05 10:01

    男性、女性などに関係なく、いつでも目標に向かって一生懸命に頑張る人は素晴らしい。韓国では女性のプロ野球選手がプロ球団で男性に混じって活躍しているようだが、日本のプロ野球に女子選手は全くいない。オリンピック、パラリンピック組織委員会の森元会長の女性蔑視発言が話題になったが、日本でももっと多様な分野で女性が活躍出来るよう積極的にバックアップしていく必要がある。

  • 4.0

    けんいちさん2021/06/02 22:16

    プロ野球選手を目指す女子高生の奮闘を描いた話。

    素直になれない多感な少女と、「短所はカバーせず、長所を伸ばせ」と支えるコーチ。

    不平不満を口にするばかりではダメ。
    行動する人にこそ、誰かが手を差し伸べてくれるもの。

    爽やかな青春映画だ。

  • 4.0

    uyuyuさん2021/05/30 19:59

    思てたんと違かったー。試合で男相手にバンバンストライク取って観客がワーーッと盛り上がって、みたいなのかと思ったら全然違う地味に静かに物語が進んでく。でもこれがね、ジワジワくるんですよね。。
    つか、イジュヨンの表情がいちいちほんっとーにすばらしい。ファーストシーンで、男子たちと並んで廊下で先生が出てくるのを待ってる不安げな表情見た瞬間、鷲掴みにされましたわ。前髪の長さとか髪型、着てる服なんかも彼女の生き方を表してて絶妙によかったな。
    「本人がやめたいって言ってないのにどうしてまわりがやめさせることができる?」ってコーチの言葉、いろんなことを母親にやめさせられた経験のある自分にはズッシリきた。そうそう、ほんとそう! それが大人の役割なのよ! 
    あと、コーチがあの人。イケメンなのにいつもセコい悪役のあの人。いい役でよかったね!そして幼なじみがあの人。イケメンなのにいつもヘタレ役のあの人。いい役でよかったね! 長家会長も出てるし、お母さんはあの人だし、キャスト充実してた。(名前覚えらんないのよw)
    幼なじみがマニキュア渡すシーンは、まさか告白すんじゃねーだろな!? と心配だったが、しなくてよかった。こーゆーとこも好感もてるよね。安っぽいラブラインとかいらんし。
    派手なシーンはなくて、お金もあんまかかってないと思うけど、こんなにいい映画作れるんだな。

  • 3.8

    にまみれもさん2021/05/29 18:56

    心折れそうな、身近な人からの夢折フラグにも耐えて、夢を貫く少女の話。

    女性たちの抱える困難な状況が可視化されてると思いました。

    ナックルの説明に、昔活躍した吉田えりさんが「ナックル姫」と呼ばれた理由がやっとわかりました。

    ラストで、「サーカス」と言ってた同じ人に、「野球選手に見えるんですね」と言い返す所はカッコよかった!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す