お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

危険を買う男

G
  • 字幕

向こう見ずの美学。

一匹狼の仕事人が、警察も恐れる冷酷非情な悪を狩る!フランスを恐怖のドン底に陥れた凶悪犯を逮捕すべく、政府高官は凄腕の事件解決請負人“ハンター”を雇った。劇場初公開以来、幻となっていたベルモンド・アクションの決定版!

詳細情報

原題
L’ALPAGUEUR
関連情報
製作:ジャン=ポール・ベルモンド 撮影:ジャン・パンゼ 音楽:ミッシェル・コロンビエ
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1976
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2021-07-07 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

危険を買う男の評価・レビュー

3.4
観た人
95
観たい人
95
  • 3.0

    半兵衛さん2021/07/18 07:45

    ピンチになっても飄々としていて隙を見て逆転し、体当たりアクションをこなすベルモンドを堪能するハード・アクション映画。今回は警察機構が手を出せない凶悪犯を退治する事件請負人をベルモンドが演じる漫画チックなハード・アクションに仕上がっている、ただし今回はヒロイン不在で、そういう美人絡みのエピソードも一切無いためごりごりに固めの作風となっている。フランスの寂れた田舎街の風景が犯罪映画の雰囲気を醸し出す。

    話の筋はかなり大味で、メインエピソードに当たる標的となる凶悪犯「タカ」の話が途中からどっかに行ってしまい(タカ自身も姿を出さなくなる)、「タカ」の顔を知る男を脱獄させる展開がメインになってしまう。そして脱獄してからも逃走劇やベルモンドの正体を知った刑務所側が殺し屋二人組を差し向ける話が延々と続くので「どこへこの映画は向かっているんだろう」という気分になる。そしてベルモンドと脱走した男の交流劇が結構丁寧に描かれているので「ああ、このまま彼はベルモンドの相棒として活躍するのだな」と思いきや、ベルモンドの足を最後まで引っ張って話がタカメインに戻ったラスト10分近くに彼があっさり退場するのにも唖然。そういう意味では週刊誌で特に気にしていない漫画をパラパラと眺めるようなニュートラルな気分で見ているのが良いのかも。「そこで終了?」というエンディングはある意味見所。

    あと車に追い付くベルモンドのシーンはどう見ても車がスピードを落としてベルモンドが追い付くようにしているので苦笑せざるをえなくなる。ファンは頑張るベルモンドを見れるだけで満足だろうということなのだろうけど。

  • 3.6

    nagaoshanさん2021/06/10 03:14

    フィリップ・ラブロ監督作品!

    ジャン=ポール・ベルモンド傑作選1 ③

    主演と制作ベルモンドのハード・バイオレンス・アクション!
    今回は政府・警察に雇われ非合法な解決も厭わぬ事件解決請負人ハンターを演じている。

    冷酷非道の強盗犯タカ🦅を追い詰めていくぜ!

    ワインタンカー🍷でのアクションはベルモンドらしい楽しいアクションになってる
    シリアスな展開でもちょいと息抜きは忘れません!
    高いところからのジャンプもお任せ!

    金はあっても過去は戻らない…

    良か映画!

  • 3.5

    HiroyukiKawanoさん2021/05/05 12:57

    フランスのチンピラ ジャンポールベルモント。いいですね!ルパンⅢ世のモデルと言われているのがなんとなくわかる。
    刑務所の所長の愛車が、ライトグリーンの縦目のベンツとは フランス人🇫🇷さすがです。

  • 3.0

    underfirejgさん2021/04/10 11:31

    ベルモンドが賞金稼ぎ演じるアクションフィルム。展開自体はまとまりに欠け上等とは言えないが、ベルモンドの魅力で引っ張るし引っ張れる。変装も楽しく、荒々しくスタイリッシュ、正にスターの貫禄だな。M・コロンビエのメインテーマも印象的で、作品の格上げる。走る!走る!

  • 3.5

    じぇいらふさん2021/03/29 11:39

    “ハンター“と呼ばれる賞金💰稼ぎのアクション。オープニングから、ご本人の姿とスタッフテロップの色とか位置とか、いちいち決まってて、これダーバンのCMですか?🤣て感じ。

    ファッションとかあんな胸開いたグリーンのシャツにブラウンジャケットとか、オシャレ感満載のダンディベルモンドが堪能できます。

    ハードボイルド系ですが、ベルモンドらしいコミカルなシーンもあります。変装シーンとか笑。あの車取られた2人組はイギリス人?

    カッコいいシーン優先で、ストーリーがなんだかわかりづらくイマイチ入って来ない😅のは、この種のジャンルあるあるですよね。ええ⁉️な終わり方とか笑

    音楽いいです👍自然音か?音楽かわからない独特さとしつこさ笑

    敵役のブルーノ・クレメルがなかなか非道ぶりと鼻と目がいいですよね。見たことあるとおもったら、フリードキン版『恐怖の報酬』出てるやないですか😆

    アクションは『恐怖に襲われた街』よりは地味ですが、途中、これ絶対倒れるわ💦な体力勝負シーンあります😆さすが👍す

  • 3.8

    TAKAさん2021/02/19 00:36

    2020-194-176-018
    2020.11.9 新宿武蔵野館 Scr.3

    ・バウンティ・ハンター♪
    ・ハードボイルドな男のロマン~~♪
    ・少し違う魅力を楽しみました

    ジャン=ポール・ベルモンド傑作選③

    今回はバウンティ・ハンター♪
    どうしても、スティーヴ・マックィーンのハンターを想ってしまいますね(^_^)

    カッコいい!
    (*`Д´)ノ!!!
    そしてリアルなアクションが堪らない!
    (*`Д´)ノ!!!(*`Д´)ノ!!!

    そして勿論
    金だけじゃない何かも漂います
    ハードボイルドな男のロマン~~♪
    フワッホー!(* ̄∇ ̄)ノ♪

    最後も決めてくれます!
    (まぁ少しアレな感はなくもないんだけど・笑)

    スティーヴ・マックィーンとは
    アメリカ映画とは
    少し違う魅力を楽しみました(^_^)

    俺の彼に対するイメージからしてみれば
    ややハードに走ってるかなって
    少し違うかなって感じもなくはないのですが

    有りかなと(^_^)
    楽しみました(* ̄∇ ̄)ノ♪

  • 4.6

    JackBurtonさん2021/02/06 16:43

    ベルモンド主演賞金稼ぎが活躍するアクション。麻薬密輸の逮捕から始まる物語。そのバックで流れるミッシェルコロンビエのスコア。
    どちらも格好いい!

    でも個人的には恐怖に襲われた街の方が好きだった。
    第2弾も楽しみ!(特に警部とムッシュとマドモアゼル)

  • 4.1

    とらキチさん2021/01/02 05:39

    ジャン=ポール・ベルモンド傑作選第4弾
    めっちゃ走ってたし、跳んでた(笑)そうゆうシーンをちゃんと自分で演るのがジャン=ポール・ベルモンドのいいところ。

  • 4.0

    神さん2020/12/15 12:55

    ベルモンド傑作選

    アタッシュケースの東京五輪ステッカーとボス囚人の文字柄プリントシャツ(かなりダサい)、英国からの旅行者その後が気になった。
    ベルモンドはドジっ子青年にひたすら優しく、本気走りでワイントレーラーに追いついていた。

  • 3.7

    シネフィルmonkさん2020/11/24 15:07

    ジャン・ポール・ベルモンド傑作選より

    “タカ”と呼ばれる冷酷非情な強盗の正体をつかむため一匹狼のトラブルシューター“ハンター”が刑務所に潜入して事件解決に迫っていく。タカがとにかく悪いやつで、若い男を犯罪に誘い込んで正体を見せない。犯人の意外性も面白さの要因か。

    危険なアクションにストーリーの意外さも加わり、サスペンス要素もたっぷり。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す