お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トラップ・ガール

G
  • 吹替
  • 字幕

獲物は私じゃない、あなたたち。

かつてない、ヒロインの誕生!衝撃の結末!!主役のハーパーを演じるのは、セレブモデルとしても知られるアナベル・デクスター・ジョーンズ。美しい容姿を誇る彼女が演じるパーカーに二つの選択肢があった。それは、自分の命を脅かす敵と遭遇した時に、逃げて自分の命を守るという選択。もう一つは、その敵を殺すことで自分の命を守るという事。本作の主人公は迷わず後者を選択した。そして、監督はもう一つ本作に王道にはない仕掛けを施す。それは、必ずしもヒーローやヒロインが最後に勝つとは限らないということ。美しい自然を背景に次第に残虐なヒロインと化す主人公に待ち受ける衝撃の結末は!

詳細情報

音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-07-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

トラップ・ガールの評価・レビュー

2.9
観た人
5
観たい人
33
  • 1.0

    門倉カドさん2021/03/27 18:55

    基本的にはファン向けか。むずがゆさが残るサスペンス。

    【賛否両論チェック】
    賛:哀しい過去を背負いながら、“トラップ・ガール”としての任務を遂行していくヒロインの姿が、観ていて切ない。
    否:物語を形づくる要素が全部中途半端で、主張もイマイチ分からない。ラストもかなり呆気ない印象を受けてしまう。

     両親を殺したひき逃げ犯の行方を追いながら、“トラップ・ガール”として暗躍するヒロイン・参月。物語の中盤以降、クセの強い工作員達や、謎めいた団体、そして正体不明の追跡者も登場しながら、参月の哀しい過去へと迫っていくのが印象的です。
     ただ何というか、如何せんサスペンス要素も恋愛要素も、社会派要素も人間ドラマ要素も、全部を盛り込もうとして、全部が中途半端になってしまっている感じがしてしまいます。また、観ている側へ伝えたいことも、正直よく分からない印象を受けてしまいます。
     終わり方もかなりあっさりしていて、呆気なく終わってしまった感が否めません。基本的には、出ていらっしゃる方のファン向けの作品といって、過言ではないかもしれませんね。

  • 4.2

    いもきんさん2021/02/19 11:13

    序盤から中盤にかけて、
    いろいろな話が展開して盛り上げ、
    中盤からラストにかけて、
    全て取り込んで面白かった。

    #北原里英 を映像で見るのが、映画『#としまえん』ぶりでしたが綺麗でした

  • 4.2

    フェブさん2021/02/13 16:27

    お話のテンポがよい作品

    見始めたら展開が読めないので、
    すんなりと最後まで見れてしまう。

    最後に流れる歌もよかったです。

    きたりえはやっぱり綺麗ですね!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す