お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ラン・ハイド・ファイト

G
  • 吹替
  • 字幕

武器は、軍人の父からの教えとひと握りの勇気―。サバイバル術を駆使して、テロリストから学校を救え!!

17歳の女子高生のゾーイは、幼い頃から軍人の父にサバイバル術を学び、SNSやプロムよりも父と狩りに出かける時間が大好きだった。しかし、母の死がきっかけで、そんな頼れる父との関係にも溝ができていた。その日の朝も父と口論になり、憂鬱になりながらも学校でいつもと変わらない日常を過ごす中、突如激しい銃声が鳴り響く。校内に乱入したテロリストが放つ銃弾によって、次々と倒れていく生徒たち。一瞬にして辺りは血の海となる。運良くトイレにいたゾーイは、身を隠しながら逃げ出し、何とか校舎の外に出ることができた。しかし、まだ校内には多くの友人が残っている。ゾーイは踵を返し、皆を救い出すため再び校舎へと駆け戻るが―。

詳細情報

原題
RUN HIDE FIGHT
関連情報
撮影:ダリン・モラン 編集:マシュー・ローレンツ 音楽:モンド・ボーイズ 製作:ダラス・ソニアー|アマンダ・プレスミク
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-11-01 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ラン・ハイド・ファイトの評価・レビュー

3.4
観た人
221
観たい人
1203
  • 3.0

    oisさん2021/11/29 21:56

    男子中学生の3大妄想のひとつ、学校を襲うテロリストを華麗に制圧するあれが映画になってるとの事でそれは見るしかないよね
    父親から仕込まれたサバイバル術もそこまで披露されることもなく敵も魅力なくて思ってた感じではない
    ダイハードってやっぱりよく出来てるわ

  • 3.0

    さのやすさん2021/11/27 03:59

    主人公が魅力的で、楽しく観られた。でも、ひとつ学んだこと。犯人役に少しでも肩入れ出来ないと、この手の映画は跳ねないな、と。ダイハードがすごいのは、犯人役に個性があるからかな。

  • 3.5

    おけさんさん2021/11/25 12:20

    銃乱射事件が題材だから意外とヘビーな描写が多かった‼︎だけど主人公の巻き込まれ感がダイハードみたいで良かった‼︎
    続編あったら良い感じになりそう。

  • 3.4

    べんさん2021/11/23 22:29

    普通に面白いんだけど、低評価が多いのもまあなんとなくわかる。

    父親直伝のサバイバル術とか全然出てこないし、テロリストがグダグダしてる間に女子高生がなんとなく頑張れちゃった感じ。

    主演のイザベル・メイが良い。ルックスは勿論、なんだろ、声とか話し方が好き。

    他の映画で見てみたい。

  • 3.0

    kiuさん2021/11/21 18:32

    ダイハード女子高生の映画

    定期的に起きるアメリカの学校銃乱射事件を扱った作品。銃社会が〜っとか、全米ライフル協会が〜っとか、散々言われ続けて何十年。「狼が来たぞ〜」くらい言われてるんで、もう何も感じんな。最後に喰われるのが少年なのか羊なのか知らんけど、彼の国は色々と喰われてから初めて気がつくんでしょうね。

    テロリストが侵入してきた学校での英雄行為ってな、よくありそうなシナリオ。それなりな展開で、それなりに楽しめるかと思います。欲を言えば、“それなり”なのがチョットかなぁ。

    これは完全に好みの問題なので、気にしなくて良いですが、もっと犯人像に踏み込んで欲しかった様な。とにかく主犯が賢ぶってるだけの小物だし、兄妹キャラとか障害持ち?ってなくらい頭が悪いだけ。集会でパンツ降ろされマンとか、「みんな笑ってんじゃなくて楽しんでたんじゃないの?銃乱射でクラスメートを殺す理由になんてならない!」みたいに犯人に説教するんですが、、、コレってイジメる側の論理やん。それを今、良いこと言ったった!ってドヤられたトコロで冷めたわ。

    そら乱射する理由にはならんけど心情は理解できるやん。ましてや超えちゃいけないラインを知らない、未熟な思春期なガキなんだし。。。目には目をな単純ハムラビな理屈といい、浅いのが気になる。作りて側は気がついてなさそうだけど、そういうアメリカンマッチョイズムなトコが問題なんだけどなぁ。プロムを巡るアレコレとか、陰キャだのチー牛だのからすると地獄だと思う。低予算映画にそこまで望むなって話なんですが。

    まぁそんな大仰な裏テーマなんてないっす!って事だとしても、アクションや特効しょぼいんで、そっち方向でも浅いんよねぇ。

    多方面で浅いけど総合トータルでは“それなり”ってな作品かと。

  • 3.0

    MOVIEMANさん2021/11/18 20:56

    当初は、サバイバル術に長けた凄腕女子校生がテロリスト達をバッタバッタと倒していくようなストーリーを想像していたのだが、実際は少し違っていた。
    あくまでも普通の女子校生という設定であり、パッケージ写真のようなシーンももちろん無かった(笑)。

    より詳しいレビューは、
    http://movieman.sblo.jp/article/189144312.html

  • 4.0

    ゆんぶりっくさん2021/11/18 02:18

    めっっちゃ好きな題材ー!!最高ぉ!!
    「学校に乗り込んできて生徒を人質に取ったテロリストを、たまたま授業中にトイレに行っていたおかげで難を逃れた俺が孤軍奮闘テロリストと戦う」という厨二病を拗らせた男子の実に98.5%が考えた事がある定番妄想を映画にした時点で、私的にはドンピシャの映画!!

    人数、武器も圧倒的に有利なテロリストに素手で挑んでいかざるを得ない様子は、まさに学校版ジョン・マクレーン!!
    初めは突然のことに震えながら逃げ惑う主人公でしたが、腹を括ってからが熱い!!
    ボロボロになりながら敵を追い詰めていく様は最高に燃えました!!
    テロリストも容赦なく人質を殺しまくるのがgood!!
    レーティング的にも日和らないその姿勢が良いです!!


    鹿撃ちなどある程度銃の取り扱いに慣れている等、主人公の強さの秘訣も描かれているので違和感なく作品に入り込めます。
    テリロストらも所詮は高校生だと思えば有能過ぎるほど用意周到で頑張ってるし違和感ないですよ!
    学校では浮いていて友達は少ないし母親の死を受け入れられず幻覚を見る主人公と同じ立場の連中が銃乱射事件犯であり、主人公のダークサイドとして描かれていて分かりやすいです。
    母の死の乗り越え、父親との和解はあまりにストレート過ぎる気はしますが…!
    テロリストのボスも浅い自己承認欲求満たしたいマンでしたが、やはり高校生と思えばこれも納得できちゃう。
    「まぁ高校生だし」「高校生と考えれば頑張ってる方」と言う魔法の言葉でテロリストらへのツッコミどころは全て解決できたので、結果的には満足な一本!!

  • 4.2

    必要悪さん2021/11/14 06:45

    一人でDVD鑑賞。

    ※このレビューはネタバレをしていませんが、
    多少、ツッコミを入れてる箇所もあるので
    神経質な方は映画をご覧してからお読みください。

    いや、非常に良い作品だと思います。
    女子高生版ダイハードですが、結構シリアスな話。

    登場人物もいろいろ抱えてる感じが、本当にリアル感がある。
    賛否両論あると思うけど、母の存在は俺はアリだと思う。

    Good points
    〇低予算だと思うが、ポイント押さえてるアクション映画。
    〇無双かと思ったらそうじゃない。それが逆にささる。
    〇シナリオもちゃんとしてる。すごく引き込まれる空気感。

    いやーこれは掘り出しものだと思います!

  • 3.5

    タケチ二等兵さん2021/11/12 19:41

    普通の女子高生。
    軍人の父を持つ割にはサバイバル能力がお粗末。
    ダイハード的な期待してハードル上げ過ぎた、、、(╯︵╰,)
    内容も微妙。
    敵弱過ぎ。

  • 2.8

    HIさん2021/11/09 17:59

    高校のカフェテリアを武装した若者グループが占拠。運良く何を逃れた生徒・ゾーイは脱出するが、残された生徒や教職員を救うため再び学校へ戻る。

    「逃げろ、隠れろ、戦え!」というストレートなタイトルは、アメリカにおける銃乱射事件に巻き込まれた際の標語。避難訓練でいうところの「押さない、駆けない、しゃべらない」といったところか(緊迫さが全然違うけど)。

    「もし学校がテロリストに襲われたら」はネットに度々上がる定番ネタ。年頃の学生がやりがちな妄想を銃社会のアメリカが映像化してしまった。一人の女子高生が『ダイ・ハード』のジョン・マクレーンのように人質救出に奔走する。
    高層ビルが舞台で、爆弾やミサイル何でもありだった『ダイ・ハード』と比べたら、幾分スケールが小さく感じてしまう。SNSを駆使して国中の注目を集める犯人グループも動機があやふや。アラン・リックマンの足下にも及んでなかった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました