お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ラスト・コマンドー

G
  • 吹替
  • 字幕

泥沼の内戦が続く1960年のフランス領アルジェリアーー憎しみの大地で決死の特殊部隊が戦争の狂気に挑む壮絶ミリタリー・アクション!

そこは戦場という名の地獄1960年、内戦真っ只中のフランス領アルジェリア。前線を退いたはずのブライトナー大佐に突如として極秘の任務が舞い込んでくる。それは、フランス軍がナパーム弾で当地を焼き払うまでのわずかな時間に、行方不明となったドリニエール大佐の形見を捜索するというものであった。決死の任務に挑むことになったブライトナーは、英雄に憧れる無法者のマルティヤ2等兵や、上官殺害の罪に問われるサンゴ―ル軍曹等、くせ者を集めた特殊部隊を結成する。そして任務当日、いざ降り立った憎しみの大地で目の当たりにしたのは、政治的混乱によって無差別に繰り広げられる殺戮、戦争の狂気であった…。果たして彼らは次々と襲い来る脅威を乗り越え、無事に任務を完遂することができるのか!?

詳細情報

原題
Qu’un sang impur...
音声言語
フランス語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2021-11-17 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ラスト・コマンドーの評価・レビュー

3.3
観た人
4
観たい人
16
  • 3.5

    クヌギスタンさん2021/11/21 22:39

    これは、フランス映画なんですよね。アルジェリア戦争をこういう切り口で描く作品で…というのがもう、なんだか重いのだ。
    戦闘も、火力で派手に見せるようなものでなく、人が人を痛めつける地味で強い痛みが余計にある感じだ。フランスではどんな存在だったのだろうと思ってしまう。
    ケン・ローチ作品をイギリス人はあんま喜んで見ないんではなかろうか、みたいな。
    人がやる事って救いがないなぁ。あちこちで個人個人が負う心身の痛みがね、深いよ。
    ところで邦題はこれでよかったんだろかい。

  • 2.9

    しおまねきさん2021/11/15 22:53

    アルジェリア戦争末期、「戦死した息子の遺品を探して持ってこい」という無意味な任務を強制的に引き受けさせられた退役軍人とワケあり兵士たちの目を通して、モラルなき泥沼の戦場を描く非常に真面目な作品。

    フランス軍の兵士が現地の一般人を虐殺するシーンは衝撃的で、自国の暗部と向き合う姿勢が素晴らしい。物語が終わったあと、エンディングで流れるフランス国歌の破壊力。

    しかし、物語の核となっている「無意味な任務」設定そのものが、作品のテーマを雄弁に語ってしまい、それ以上でもそれ以下でもない出オチ感を途中から感じてしまったのはちょっと残念。

  • 3.6

    4DXバンザイさん2021/11/09 07:07

    字幕版を観ました

    🎥映像美 ○
    🎥オチ ○
    🎥音楽 △
    🎥感動 ○
    🎥ストーリー ○
    🎥テンポ ○
    🎥泣ける △

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました