お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スラムダンク第21話 スーパー問題児!花道VS宮城

G 23分

「宮城は問題は多いが、バスケの実力は次期キャプテンと言われるくらいさ。(小暮)」大楠や洋平たちが一触即発の状態で睨みあった男はバスケ部の2年生・宮城リョータだった。彼は3年生の三井寿率いる不良グループとケンカしてずっと入院していたのだ。リョータはやはり退院したばかりの三井に再びからまれるが、それよりも片思いの彩子が花道と付き合っていると勘違いして気が気ではない。そのため花道にライバル心を燃やし、小学生レベルの意地の張り合いを展開する。そんな、一見花道と同レベルのリョータだが、バスケに関しては小暮や赤木が一目置く名プレイヤーだった。入院中のブランクにも関わらず、その実力をフルに発揮するリョータ。それが悔しい花道は彼に勝負を挑む。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:井上雄彦(「週刊少年ジャンプ」連載)企画:旗野義文、佐藤公宣、週刊少年ジャンプ 製作担当:松下健吉 脚本:管 良幸 音楽:増田隆宣 作画監督:佐藤正樹 美術監督:坂本信人 監督:西沢信孝
制作年
1993
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入110

スポーツアニメランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

声優で探す

キーワードで探す

ランキングで探す