お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ランボー 最後の戦場

G
  • 字幕

スタローンの代表作ついに完結! ベトナム帰還兵が、ミャンマー軍との戦いに身を投じていく大ヒット・アクション。

タイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト教支援団体の女性サラが彼の前に現れる。彼らは軍事独裁政権による迫害が続く隣国ミャンマーの窮状を憂い、医療品を届けようとしていた。その情熱に打たれ、頼みを受けて目的地の村まで送り届けるランボー。しかし本拠地に戻った彼に届いたのは、サラたちが軍に拉致されたとの報せだった。

詳細情報

原題
RAMBO
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2008
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-02-18 15:00:00
シェア
お気に入り
この動画は《無料》で
ご視聴いただけます

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ランボー 最後の戦場の評価・レビュー

3.6
観た人
7797
観たい人
1406
  • 3.2

    ニッスィーさん2020/07/06 08:10

    冒頭から目を覆いたくなる描写あるけど、やっぱり面白い。
    ランボーをしらない救出部隊の人達がランボーの凄さを知ってくのが楽しい。

    胸スカ映画❗最後のエンドロールはずーっとランボー見てました♪

  • 3.6

    Kenさん2020/07/06 02:43

    アクションにおけるグロテスク表現が急激に増加したので、シリーズとしては異色に感じる。脚本はお決まりの救出劇だが、自ら戦地に戻る決断をする点は過去作とは一線を画す。

  • 3.9

    yamacotoさん2020/07/06 01:43

    記録。

    20年という時の流れをを感じさせないスタローンのアクション。1の社会派な側面と2〜3のド派手なアクションをミックスした集大成のような内容で個人的にこの手の新作では非常に良い。

    敵の過剰なまでの極悪感とNPOの面々の存在感の薄さとウザさは少々B級感が出ているが、これらの演出がランボーの現実的な暴力に対し、楽観的かつ理想主義な平和主義者と、戦争が無くならない限り何が正しいのかという問いかけに鑑賞後も余韻を残す。

    綺麗事ばかり言ってはいられないが、言う事が無ければ希望も何も無い。

    最後のシーン、これまでのシリーズを観ていた物としてはそんな希望を感じ、込み上げるものがあった。

    「こんな地獄に好んで来たい奴はいない。だが俺やお前たちの仕事場はここだ。」

    「ただムダに生きるか、何かのために死ぬかだ」

    今作も素晴らしい名言。

  • 4.8

    Junpeiさん2020/07/06 00:23

    前作より20年ぶりとの事だが、原点にあった社会的問題、特にミャンマーでリアルタイムで起こっていた事をテーマにしていて良かった。敵も絶対的な悪で、一種の分かりやすさもあった。ラストの展開は前作っぽさもあったが、アクションは度が過ぎてるとまで思う程の凄さだった。

  • 3.6

    tamaemonさん2020/07/06 00:01

    2008年 4作目。20年ぶり
    タイで蛇狩りとボート運搬してたランボー。
    ミャンマー舞台で、これまた大量虐殺。

    スターローンの筋肉健在。
    戦争はいつ無くなるのか、、、

  • 3.9

    Michihiroさん2020/07/05 20:37

    ランボーが何者か知られてないバージョンのランボー。最初から順番に観てきたらやっぱり最近の映画っぽい感じ。撮影の仕方なのかな。
    残虐描写がかなり強烈になってたので、映画館で見てなくて良かった。

  • 2.0

    Hanaeさん2020/07/05 20:32

    依頼を引受ける理由が薄く弱い・・・サラの魅力と彼女のランボーへの接し方が全く理解できずに困惑した 彼女が一番怖いです私は・・・笑

  • 3.5

    Guttiさん2020/07/05 19:40

    シルベスタースタローン主演のランボーシリーズの四作目です。
    前作から20年ぶりの新作となります。
    今作はミャンマーを舞台に現代の問題として訴えかけている作品です。
    ゴア描写満載ですが、リアリティを追求しておりスタローンなりの社会へのメッセージではないでしょうか。
    サクッと見るにはちょうどいい長さの作品です。

  • 3.9

    ヒロさん2020/07/05 18:10

    次作が公開。って事は…最後の戦場じゃないのか!?
    マジに敵どもはクズ過ぎる…リアルもこんな状況なのかなミャンマー内戦😭傭兵たちもカッコ良かったですよ!特にスクールボーイのライフルは強烈です!ランボーの不発弾を活用するシーンは凄かった🙄
    あぁ〜ラストカットの先が観たかった。さぁ〜ラスト・ブラッドです!ホントの最後❓2020.123

  • 3.5

    まめまめちゃんさん2020/07/05 17:30

    1作目の次に今作を見ました。1作目から26年後のミャンマーが舞台です。

    当時の?ミャンマーでは、軍事政権がカレン族を凌虐していました。タイのジャングルでひっそりと暮らしていたランボーは、ある日その地に必要な薬を届けるために現地に送り届けたグループが、軍事政権に拉致されたことを知ります。そして数人の傭兵とともに現地に向かったランボーは…という物語。

    後半の大爆発、大殺戮が凄い。そしてランボーは1作目は技巧派って感じでしたけど、今作はランボーの敵を圧倒する迫力が凄まじくてそれだけで勝てるんじゃね?と思わせられます。武器はDIYなんですが、ライフルとか拳銃なんてものより今作のランボーには似合ってました。さらに現地での機関銃攻撃のヒット率高すぎでした。

    軍事政権の極悪非道さが前半で描かれるため、ランボー&傭兵たち行け行け殺れ殺れしかなかったです。なんの権利があって、そこに住む人間や自分らに反対する人々を虐待、虐殺するんでしょう。病んだ権力者とそれに従う集団心理的な?にしてもこれは数回死んで償ってもらうべき。人数が多いので人ひとりに穴があく描写が連続する感じですが、虐殺された人々や怪我をした傭兵やランボーの傷を思うと、良かったやん一瞬で済んでとしか思わなかったですね。そして薬を運びたいとか言って丸腰のNPO法人のグループは、ランボーの言うこと黙って聞きやがれと腹立たしかったですわ。あんたらを運ぶだけで命がいくらあっても足らんよ。次からはてめーらで泳いで行けや。

    国に帰ったランボーに穏やかな日々が、そこから12年続いてるといいんですけどね。違うんでしょうね。新作に続く…。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す