お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゾンビ自衛隊

G

樹海のゾンビ軍団が自衛隊を襲撃! 抱腹絶倒、アドレナリン全開のトンデモ・カルト・ムービー誕生!

富士樹海での自衛隊の演習に参加した女性自衛官・友里は、一人前の自衛官になるべくハードな訓練にも耐えていた。そのさなか、突如UFOが襲来し樹海に墜落。そこで突然、樹海中の死体がゾンビ化するという緊急事態が勃発。首吊り腐乱ゾンビ、極道ゾンビなど、樹海で自殺したゾンビ軍団が、自衛隊に次々と襲い掛かってくる。友里はゾンビ軍団と交戦するが、仲間たちが次々とゾンビに変わり果てていく。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2005
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

ゾンビ自衛隊の評価・レビュー

2.4
観た人
113
観たい人
55
  • 5.0

    くるーぞーさん2021/07/25 16:07

    友松直之監督の最高傑作。
    予算もだいぶかかってます。
    富士の樹海でのゾンビ騒動からの
    自衛隊対ゾンビなのですが
    クライマックスはとんでもない方向へ進みます。
    この怒涛の後半の対決が好きです。
    オチも素晴らしい。
    主演がかなり美人の方なんですが
    この後の出演がありません。どうしてるのでしょうか?

  • −−

    daiyuukiさん2020/08/03 21:16

    『STACY(ステーシー)』の友松直之監督が放つゾンビホラー。
    陸上自衛隊の一個小隊が、富士の樹海での演習中に突然ゾンビ現象に遭遇。首吊り腐乱ゾンビ、極道ゾンビなど、次々と襲い掛かってくるゾンビ軍団に、女性自衛官・友里らは立ち向かうが…。
    日本のエド・ウッドというのは過大評価な気がするけど、Z級の映画を量産し続ける友松直之が、ゾンビ映画に挑んだ。
    軍艦マーチが垂れ流される中、日本の対米追従主義の外交を批判して「日本も軍隊を持つべきだ!」と特技監督で映画監督の西村某のような右翼的主張を垂れ流すオープニング、演技がろくに出来ない奴らが延々と繰り広げる茶番劇、ラストはゾンビ化した英霊とサイバー自衛官のバトル、最初に墜落したUFO関係ないのかよ?という穴だらけな展開、打ち切り漫画のような投げやりなオチ、久しぶりに観ていて監督に殺意が湧いたZ級ゾンビ映画。

  • 2.4

    パストエンパイアの逆襲さん2020/04/11 08:51

    みひろが出演している!!
    当時、それだけで借りた。

    それ以外の価値は見出せないが。
    (今も)

    邦画C級ゾンビホラーあるあるの、キマリきったグロ感、とりあえず盛り込んどけ感は綺麗に踏んでいる。

    女自衛官と旧帝国軍ゾンビとの決闘シーンの見応えは、、、、、ない。


    でも、みひろがでている。

    最近のこっち系映画って妙にアートブルよね。

  • 1.5

    つづりさん2020/03/03 03:50

    ハウススタジオで撮ったようなシーンで、血みどろになるときだけ床にビニール張ってて、しっかりと原状回復する良い人たちだなと思いました。

  • 3.5

    ヤンさん2020/02/26 00:52

    方向性がとっちらかり過ぎて物語の体をなしていませんでしたが、中盤の赤ちゃんゾンビ戦が笑撃的でよかったです

  • 3.0

    いもさん2020/01/28 10:44

    「戦え僕らのサイバー自衛官友里!」
    コメディおバカゾンビSF
    ちゃちいUFOや宇宙人、AV女優みひろのぶりっこ(死語?)等鼻につく所もあるけれど、まだまだ笑って許せる範囲
    せっかくのサイバー自衛官なのにあまり派手さがなくてそこは残念
    腕がなくなった時明らかに服の中に入れていたりの残念っぷりもご愛嬌
    ゾンビが何しても死なない所も○
    眼鏡くんが良かった

  • 1.0

    RYSさん2019/07/27 19:13

    自衛隊は女性であっても耳に髪があたらない長さと決められてる。だからあの髪の長さで自衛隊という設定に無理がある。監督が無知というか情弱なのがよくわかる。自衛隊の知識が無い素人監督による駄作です。

  • 3.4

    Hamanさん2019/07/20 16:29

    樹海にUFOが飛んできてゾンビになる話。

    一人が棒読み演技だったりで下手に浮いてると目立つものだけども今作はオールキャストの演技が低空飛行なのでそういう演出なんだなって思えるマジック。

    血糊がけっこう豪勢でプシャーッと出るしゴアの特殊メイクも廃れた喫茶店のメニュー用食品サンプルな感じだったけどサービス精神が多目だったので良かった。
    何より汚れても大丈夫なようにか室内の床に透明ビニールシートが一面敷いてあるの本当に斬新すぎてスゴかった。もしか撮影場所が単純に土足厳禁だったのかもしれないけど圧巻の作り物感を漂わせてた。

    8割がた主演の人が美人だったから観てられたような気もするが作品としてもべつに嫌いじゃない。

  • 1.7

    人生の無駄遣いさん2018/11/03 14:39

    監督のやる気だけは伝わる映画。
    メイキングのほうが面白いかもしれません

    でも、OPの自分語りは臭すぎます。
    ホントに臭いです。

    本編はまぁ…。
    コレを観る人は内容に期待してないので、笑えるクソと思えばギリ有りです。

    監督はコレをホラーとして作ったなら、
    ロメロさんに謝りに逝って下さい。

  • 2.6

    ホラー好きのお馬鹿さんさん2018/10/03 22:01

    死体を埋めに来たヤクザ、グラビア撮影中のアイドル、愛人と口論中のペンション経営者、そして演習中に首吊り死体を見つけた自衛隊。そんな中、UFOが樹海に不時着!緑の波動が出たと思ったら死体が蘇り始めた!って話

    いきなり靖国参拝問題が始まり、(なんの映画…?)と思ってたら『ロメロは天才だ』。まあそんな感じに真面目風におふざけしました映画でした。脚本は中高生が考えた感じで、井口昇監督作品から下品を抜いた感じ。特殊メイクは血とか肉片とか割と頑張っててGoodでした。一番の見所は主人公の女自衛官の刀アクションですね。超カッコよかったです!あとパンチラも見所なのかな笑。B級初心者にはちょいレベル高いかもですが、中級者〜にはまあまあオススメの映画です!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す