お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

タイムライン

G
  • 字幕

SF小説の大家マイケル・クライトンの最高傑作を、ポール・ウォーカー主演で映画化したSFアドベンチャー。

フランス南西部の修道院跡で行なわれている発掘プロジェクト。そこで14世紀の地層から、現代の製品と思われるメガネのレンズと“Help me”と書かれたメモが出土する。そのレンズの度数は、プロジェクトの責任者ジョンストン教授のものと一致した。教授の息子クリスら発掘チームの面々は、プロジェクトのスポンサーであるハイテク企業ITCを訪れ、驚愕の事実を知らされる。

詳細情報

原題
TIMELINE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2003
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-03-27 15:00:00
シェア
お気に入り
販売終了 

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
販売終了2020-08-25
アプリでDL可
高画質(HD)
440
販売終了2020-08-25

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
販売終了2020-08-25
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
販売終了2020-08-25

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

タイムラインの評価・レビュー

3.2
観た人
3656
観たい人
883
  • 5.0

    さとしさん2021/05/21 17:33

    (映画館で)
    ポールが主役だけどジェリーが食ってしまった感あるやつ。
    この時のジェリーが一番好き。

    FAXの要領

  • 3.7

    Johnsteedさん2021/05/21 02:38

    今観たらキャストが結構豪華な作品
    タイムスリップ系だけど、ちょっと発想が新しい系かな
    ヒロインのメンタルがめっちゃ不安定だなと思ったw

  • 3.3

    Fishermanさん2021/04/25 15:23

    先の読める映画でした。😕
    耳のないやつ、やっぱりだし。都合よく全てが終わってから棺の文字発見されるし。
    フランソワ秒殺でも、言葉通じてるし。彼のこと誰も気に留めてないし。
    ポール・ウォーカーじゃなく、ジェラルド・バトラー主演でした。

  • 3.0

    Habiさん2021/03/25 00:40

    服装や武器に気をつけてタイムワープしたなら、フランソワの名前が英国らしくないから英国風にフランシスとかに変えて呼ぶとか、そこまで考えてあげて欲しかった
    フランソワ不憫なり

  • 3.0

    まめだいふくさん2021/01/09 16:55

     過去に行ったきり戻ってこない教授を追ってタイムスリップしたら、戦乱の真っ只中のフランスだったでござる。
     今は亡きポール・ウォーカーと、まだ細身のジェラルド・バトラーが共演。当然だけど若々しい。

  • 3.0

    いもさん2020/11/05 22:22

    結構シビアに人が死ぬ部分とご都合主義でお話が進む部分とが混在していて、やや散漫な印象
    タイムトラベルものでタイムパラドックスを描いているのだけど、描き方が結構大味で個人的にはあまり楽しめませんでした
    そもそもの装置故障の原因である手榴弾がwひどいw
    中世ヨーロッパの雰囲気や戦争の描写はなかなかよかったが、歴史に干渉しすぎなのはドラえもんの映画並だなと思ってしまいました
    SFファンタジーとして見る分にはよいのかな

  • 3.4

    彦次郎さん2020/10/29 18:00

    行方不明になった父親を探しに百年戦争の時代にタイムスリップした一行を描いたSF歴史アドベンチャー。
    耳の欠けた男と仲睦まじい妻の遺跡の伏線回収、ド派手な集団タイムスリップ装置、こちらの手の内を知る過去の男など胸踊る要素があります。
    1番ヤバイのは中世時代の騎士達で仲間たちの死亡フラグを悉く回収していく冷酷無比さです。
    友人の考古学者は波乱万丈な大冒険をしているのに主演のポール・ウォーカーがあまり目立っていないのが残念。

  • 3.2

    ロビンさん2020/10/26 12:05

    タイムトラベルの作品なのだけど、ちょっと想像と違ってた。
    ほぼほぼ中世での戦の話が中心で、内容は目新しさはないけれど、その分何も考えずにそこそこ楽しめる。
    それとタイトル個人的に「伝説の片耳の領主」とかの方がいいかなと。

    それと主演は、ポール・ウォーカーと相手役は考古学者役のフランシス・オコナーなんだろうけど、この二人の存在感が薄い。
    その二人に代わって時空を超えた壮大な愛とロマンを奏でている、ジェラルド・バトラーとアンナ・フリエルが完全に主演。
    だってジェラルド・バトラー考古学者なのに、いきなり弓矢とか普通に扱えちゃうし!

    途中にジェラルド・バトラーのセリフに「同じ言葉を話しているのに、どうして伝わらない。。」ってのがあるんだけどここグッとくる。
    時代が違うと変に遠回しに言っても、伝わるものも伝わらないんだなぁと。



    【ネタバレ】
      ↓







    冒頭に耳のない男と女の手を繋いた珍しい遺跡が発掘されてたんだけど、それが伏線になっていて最後繋がるとこ良い。

    それから最初は行くのを拒んでいたのに、フランス語の能力をかわれてタイムトラベルしたフランソワ。
    メンバー達は君を絶対に守るとか言っていたのに、守られることなく特技が仇になってあっさりと殺される悲しい結末ちょっと酷すぎる。。。

    そして過去にタイムトラベルして恋に落ちて、現在に帰りたくなくなるという、お決まりのパターンけっこう好きだったりする。

    最後なんで社長タイムトラベルして過去に行ったのか意味不明。
    案の定即殺されちゃうし。。

  • 3.7

    モヤシュシュさん2020/10/17 21:30

    理系は苦手だけど

    タイムスリップものは面白い🤣


    文系も苦手だけど

    歴史ものは面白い🤣


    どっちも得意ならもっと面白いんだろうな😂



    マイケル・クライトン原作なんですね!
    見事な伏線回収の数々がどのくらい原作から取り込まれているかは知りませんが、地味に面白い!そう、地味だけど面白い!


    ポールが観られるのも嬉しい!
    けどジェラルド・バトラーの方が目立つなあ〜😁

  • 3.3

    odorukazuさん2020/10/16 17:12

    遺跡採掘チームがある時、過去からの
    助けを求めるメッセージを発見。それはチームの
    教授のものだった。
    タイムマシンがある組織で開発されており過去にいける事がわかる。
    教授を助けに戦争中の過去に助けに向かうが、果たして運命は?というお話。

    中世ヨーロッパの戦いを結構壮大な絵作りで
    魅せてくれる。
    ある意味、王道のストーリーでドラえもんとかで慣れしたしんだような話ではあった。
    伏線をはられたときに、展開のオチが
    見えてしまう感じ。

    結構リスクがある過去に行くときに
    前準備なしで唐突に行く感じとか
    ツッコミどころはあったが、
    子どもでもわかり易く楽しめる映画かな。


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す