お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

天使の贈りもの

G
  • 吹替
  • 字幕

デンゼル・ワシントン、ホイットニー・ヒューストン競演のロマンティック・ラブストーリー。

クリスマスも近いある日、オンボロの聖マシュー教会にやってきたのは天使のダドリー(デンゼル・ワシントン)。彼の使命はトラブル続きの牧師ヘンリーを救うことだった。だが、ダドリーは素晴らしい歌声を持つ牧師の妻ジュリア(ホイットニー・ヒューストン)に恋してしまう。思わぬ恋心に苦悩するダドリーと、夫を愛しながらもダドリーの優しさに心揺れるジュリア。そんな二人の想いを知り嫉妬心に苦しむヘンリー。それぞれの想いをよそにクリスマスがやってきた。そして訪れた素敵な奇跡とは…。

詳細情報

原題
THE PREACHER’S WIFE
関連情報
製作:サミュエル・ゴールドウィン・JR.
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
1996
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-04-18 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー洋画ランキング

天使の贈りものの評価・レビュー

3.3
観た人
361
観たい人
212
  • 3.5

    みおこしさん2021/02/14 10:58

    クリスマスまで1 週間。存続の危機に瀕する聖マシュー教会の牧師ヘンリーはなかなか教会の経営がうまく行かず悩んでいた。彼の前に天使のダドリーが降りてきて、子供の世話から教会のサポートまで熱心に手伝い始めるが、いつしかダドリーはヘンリーの妻ジュリアに恋してしまう…。

    ディズニーの昔の実写作品を鑑賞。
    ホイットニー・ヒューストン、デンゼル・ワシントン共演のハートウォーミングな1本。1947年公開の『気まぐれ天使』のリメイクだそうですが、デンゼルが明るくて働き者の天使を好演しています。天使というから、魔法とは言わないけれど何か特殊能力を発揮するかと思いきや、きわめてアナログなやり方でヘンリーたちを支えるのが面白い。周りからは最低限のサポートだけ、やっぱり自分の力で何とかするのが大前提!という生きる上でのすごく大事なメッセージを受け取りました(笑)。
    しかし、ユニークな点はそんな天使だってもともとは人間だったから恋はするんですよね!素晴らしい歌声と優しい心を持つヘンリーの妻ジュリアに一目ぼれし、自分の思いと葛藤するダドリーの姿がとってもいじらしい…。ジュリアに扮したホイットニーはまさに人気絶頂期、その輝くばかりの美しさと歌唱力に思わず見とれてしまいました。
    直接的な言葉は口にしないけれど、心の底からジュリアを想うヘンリーとその気持ちを何となく察するジュリアとのやり取りが何とも切なくて、ダンスのシーンは思わずホロリ。

    サントラは言わずもがな素晴らしくて、ゴスペルのアルバムとしては26週間にもわたってビルボード・チャート1位をキープしたそう。聴くと胸が熱くなるホイットニーのボーカルと聖歌隊の合唱の数々に心洗われました。
    それこそ本作はクリスマスに観るべきだったな…(涙)。

  • 2.6

    Yujiさん2020/12/17 22:18

    映画のスピード感 0.4
    感動 おもしろさ 0.5
    意外性 ストーリー性 0.5
    映像と音楽 0.7
    印象的かどうか 0.6

    人間界に未練を残した天使と
    歌うの大好きな浮ついた人妻と
    少しの器用さがあれば天使なんていなくてもホントは何の問題もない愛と優しさが100満点の旦那の話だった

    最近、90年代の音楽や映画に惹かれてて
    そういう意味では求めていた雰囲気にぴったりの良い映画だった。
    奥さん役の女優さんも歌手だから曲も良いし、教会が舞台でクリスマス感をとても味わえます。
    出てくる人がみんないい人っていう好きなタイプの映画でもあった。

  • 2.8

    Chadさん2020/12/11 22:46

    クリスマスシーズンに合わせて観たけどなんか中途半端な印象でした。

    B級(ランク詳細はプロフィールにあり)

  • 5.0

    peanutbuttermfさん2020/12/08 21:55

    デンゼルワシントン様が天使の役。
    それだけでスコア満点。
    アメリカのクリスマス映画大好きだな〜🎅🏿🎄

  • 4.0

    Rincoさん2020/09/11 16:27

    ゴスペルとホイットニーヒューストンの歌声が良かった。

    ダドリーちょっと切なかった😢

    希望を持つこと愛することがテーマな感じ。

    クリスマスにまた見たい🎄

  • 3.9

    きょうさん2020/09/11 07:07

    デンゼル氏はヒーローやダークヒーローを演じることが多いので、ラブストーリーは本当に貴重。こちらの作品はガチガチなラブストーリーというよりコメディタッチで描かれていて、デンゼル氏演じる恋する天使も面白おかしく、可愛らしさも感じられました。

    夫婦愛、家族愛、地域社会との関わりなども大きく取り上げられていて、特に夫婦愛の部分は今の自分の心に響きました。
    お互いに愛し合っていながらも、長年の疲れであったり、夫の仕事への苦悩であったり、そんなところからお互いに気持ちがすれ違ってしまう夫婦の危機なども描かれていて、本当に大切なものは何かと気づかせてくれる部分であります。ラストの方のヘンリーの語る言葉が心に響きました💫

    自分にも長年連れ添っているパートナーがいますが、お互いにいる時間が長くなることによる長年の疲れからの気持ちのズレだったり、互いの忙しさから思いを口にすることを怠ってしまったり、夫婦の間で大切なこと、お互いに思いやりを忘れないこと…そんなことにも改めて気づかせてくれたようにも思います。

    後この作品の観どころはホイットニーヒューストンの歌。今は亡きホイットニーですが、美しい歌声はやはり素晴らしいものです👏🏻

    クリスマスに観るといい作品だと思います🎄🥰

  • 4.0

    zzzさん2020/08/31 02:37

    音楽や90年代当時の空気感含めて好きな作品。日本人にはあまり馴染みのない話かもしれないし、それでいて定番的な設定かもしれないけれど良い話。

  • 3.0

    むくむくさん2020/08/24 00:52

    ホイットニー・ヒューストンの歌があんまり好きじゃないんだな…とわかってしまった映画でした。
    ハートフルで、人がなくしかけているものに気づける作品。天使ダドリーが当時存在そのものが清潔感だったデンゼル・ワシントン。ちょっとお茶目でかわいくて、立姿がとてもきれいです。映画の中では羽根はないですが見える気がしました。
    ホイットニー・ヒューストンの歌が好きな方には文句なしにオススメできます。

  • 2.5

    watarihiroさん2019/12/18 19:42

    クリスマス1週間前。聖マシュー教会の牧師、ヘンリー・ヒックスは、老朽化した建物を再建し、住民の心も離れがちな現状を改善すべく奮闘の日々。そんな時に出会ったのは天国から来た天使だと言うダドリーという男。教会に居座り、建物の修理から、5歳の世話までやってのける有能ぶりを見せるが、教会を狙う不動産業者が現れた。そしてダドリーはヘンリーの妻、ジュリアに恋をする、、、。

    ホイットニー・ヒューストンの歌声を堪能できました。デンゼル・ワシントンの天使ぶりはお茶目で可愛らしさはあるけど、全体的に目立たなかった気がします。もったいないなと思います。

    コートニー・B・ヴァンスがより目立った感じです。相当なラブコメになるかと思いきやそこまでならずダラダラ進んで終わった感じです。

  • 3.0

    オカルト博士さん2019/11/15 20:47

    かなえたい、愛する人の願いごと。💖
    クリスマス間近、地上で困り果てている牧師(コ-トニー・B・ヴァンス)を助けるために天使(デンゼル・ワシントン)が彼のもとにやって来る。👼天使は任務を行いつつも、彼の妻(ホイットニー・ヒューストン)のあまりに素晴らしい歌声🎵を聞いて恋心💕を抱いてしまうとゆうお話。

    デンゼルワシントンが渋い!(^.^)
    天使👼も元々は地上に住んでいた人間で、何らの事情で亡くなった人~なので恋もするんです。

    デンゼルが優しくて渋いので、牧師の妻ホイットニー・ヒューストンも少し気持ちが揺らぎます。

    天使の導き~つまり前向きに行動させる事ならば、自分の心に天使を持てばいいって事!そんな事をこの映画観て感じました。☆

    どんなに忙しい毎日でも、どんなに落ち込んで鬱になっても、悩む必要はないですよ、自分がやりたい!と思った事は絶対やるべきなんですよ!(^.^)ノ
    それが人生なんですよ◎
    ↑どうです?僕も天使になれますかね?👼👍️
    よっしゃ!僕も天使になったら地上で恋するぞ❗️💕

    ってゆうか…その前に地上でもっと恋するし~❤️🤣

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す