お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

世界の中心で、愛をさけぶ

G

日本中が涙し感動した「セカチュー」現象を巻き起こした大ヒット作。

片山恭一原作の200万部突破の奇跡の純愛小説を未来を紡ぐ新たな感動作として、俊英・行定勲監督が映画化。十数年前。高校時代。恋人の死。そして、今―初恋の女性を失った青年が抱えてきた「喪失感」。そんな彼を愛した婚約者。二人の愛は未来に踏み出すことができるのか・・・ 過去の甘く淡い恋と、現在の愛との葛藤を描く美しく「せつない」純愛映画に日本中が涙した。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

世界の中心で、愛をさけぶの評価・レビュー

3.4
観た人
49050
観たい人
7910
  • 3.5

    momoさん2021/04/17 13:04


    森山未來からの大沢たかおという
    流れが素晴らしい。

    長澤まさみの圧倒的透明感と
    柴咲コウの儚くも美しい姿に
    目が離せず2人のヒロインの
    言葉には涙が溢れました。

  • 3.0

    AyakaMatsuuraさん2021/04/10 23:45

    純愛って感じ。
    昔の感じ、レトロな感じも好き。
    日本っぽい感じもよかった。

    おすすめ★★★
    感動★★★★
    癒し★★
    もう一度みたいか★★
    一気見できるか★★

  • 3.5

    craneさん2021/04/10 20:00

    遺骨持ち出すのは戴けないわね😅
    ラジオネーム焼きそばパンとかたまらんやろ〜エンディングも素晴らしい。長澤まさみ美しすぎる…

  • 3.5

    カミタカさん2021/04/09 08:30

    日本映画界の王道。長澤まさみがとにかくいい。最後のシーンのカメラワークと平井堅の瞳を閉じてがかなり好き。

  • 3.6

    みさきさん2021/04/08 16:38

    映画をほとんど見ない父でさえちらっと見ただけで「セカチューだ」と言うほど国民的な映画。ようやく見れました。
    恋とヒロインの病気という今では描かれることの多いシチュエーションの先駆けとなった作品。

    現代パートと回想パートのどちらもを描く意味はあるのかと思っていたけれど、高校生の恋人の死から現在の恋人としっかり向き合えない主人公が本当の意味でその死を乗り越えていく姿は心に響いた。柴咲コウの不自由な足にもしっかり意味があったんですね。

    でもやっぱり高校生時代がこの作品は素晴らしい。なんといっても圧倒的な長澤まさみの存在感。凛々しい姿も弱っていく姿も見事に演じていて本当に凄かった。今の私とほとんど同い年ということが衝撃。

    また、隔離室でのシーンや文通のやりとり、思い出の写真など印象的な演出も多い。素晴らしい純愛物語でした。

  • 3.3

    ひろさん2021/04/07 02:20

    映画は初鑑賞でした。
    ドラマ版は大ブーム時に観て感動して泣いたものですが、映画版は展開が分かっていましたので当時程の感動はなかった。
    長澤まさみのキラキラとした可愛さや病気の残酷さがこれでもかと伝わりますね。
    未来君の真っ直ぐな演技も良かった。

  • −−

    AKNさん2021/04/06 22:49

    映画の方がドラマより先に公開。

    ドラマの方は昔見てボロ泣きもんだった。
    綾瀬はるかのセリフをそのまま長澤まさみバージョンで聴けて不思議。
    同じ作品だけあってお二人の雰囲気が似てる!

    好きよ、サクちゃん

    助けてください、助けてください!助けてください!!


    そして主題歌は平井堅の「瞳を閉じて」
    ドラマ版の柴咲コウの「かたちあるもの」も聴いただけで思い出し泣きしそうになるけど映画版もそうなりそう。笑


    サクちゃんとアキ、69年生まれだったのか、、

  • 4.0

    natsuさん2021/04/04 23:51

    傑作恋愛映画。
    大沢たかお&柴咲コウペアのストーリーは雨の中進むのに対し、森山未來&長澤まさみのストーリーは晴れで進む対比が好き。
    病院のカーテン越しのキス、空港で叫ぶ場面、エアーズロックで遺灰を撒く場面。ビジュアル的にも忘れられないシーンがたくさんある。
     
    病気でカップルが別れるお涙頂戴作品は苦手だけど、セカチューは別れを悲しむだけで終わらず、辛く苦しい過去を受け止め、本当の意味で乗り越えていくまでの過程が描かれていて心に響く。

    長澤まさみのキラキラと輝く若さ、森山未來の不器用なストレートっぷり。大沢たかおと柴咲コウの喪失感、平井堅の主題歌もストーリーにぴったりで、何もかもが大正解。

  • 3.8

    アキオさん2021/03/30 21:48

    高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛映画

    深夜のラジオ、カセットテープ、ウォークマン、二人乗り、初恋。自分の親の年代の青春が描かれているのだが何故か懐かしい気がしてしまう。恋人と同じ時間にラジオを聴いて近くに感じたりカセットテープに自分の声録音して交換し合ったり。
    アナログの美味しいところを味わい尽くした作品だった。
    俺の初恋って誰だったんだろ、中学時代の記憶なんて正直全然残ってないし形にも残ってない。初めて出来た彼女とのやりとりもラインやメールだったし、手紙なんて書かなかったし写真は撮ってもデータだし、文明の発展は本当に進歩なんだろうか。

    音楽や映画は今の時代も愛され続けてるし、50年前のフィルムカメラだって使えるのである

    文化が死ぬのは忘れ去られた

  • 4.0

    KYONSEACHANGさん2021/03/30 03:52

    高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛映画。

    深夜のラジオ、カセットテープ、ウォークマン、二人乗り、初恋。自分の親の年代の青春が描かれているのだが何故か懐かしい気がしてしまう。恋人と同じ時間にラジオを聴いて近くに感じたりカセットテープに自分の声録音して交換し合ったり。
    アナログの美味しいところを味わい尽くした作品だった。
    俺の初恋って誰だったんだろ、中学時代の記憶なんて正直全然残ってないし形にも残ってない。初めて出来た彼女とのやりとりもラインやメールだったし、手紙なんて書かなかったし写真は撮ってもデータだし、文明の発展は本当に進歩なんだろうか。

    だけど音楽や映画は今の時代も愛され続けてるし、50年前のフィルムカメラだって使える、文化が死ぬのは忘れ去られた時^ ^

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す