お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~

G

松下奈緒主演! ドリカムの屈指のラブ・ソングをモチーフに、互いを想い続けた男女の十年愛を描く。

同じ大学で出会ったさやかと慶太は、周りもうらやむお似合いの恋人同士。何年経っても変わらずにいられると思っていたが、大学卒業とともに転機が訪れる。卒業後、さやかは雑誌の編集者になる夢がかなわずOLに。一方の慶太は、自分の夢である建築家の修行にまい進する。それぞれの道を歩み始めたふたりの未来予想図は大きく変わり始める。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~の評価・レビュー

3
観た人
996
観たい人
188
  • 2.5

    蔵さん2021/11/09 11:17

    ンーー青春ですネ!
    あれだけ間があいて結ばれるのは奇跡?
    他にいい人との出会いはなかったのかなぁ…
    と変な疑問がでちゃう。

  • 2.5

    yocoさん2021/08/22 23:19

    恋の進展に追いつかない。
    いつの間にか仲良くなっている感じ。
    相手を思いやる嘘で別れを選択。
    現実的には厳しいかも(笑)
    最後の再会シーンが泣ける。

    主題歌が良き。
    流れるとジーンときた。

    演技が、、、
    好みではなかったかな。

  • 3.4

    TadashiSakabeさん2021/07/07 12:12

    素敵な物語だね😊
    王道の恋愛物語はテッパンだね👍
    年を重ねて良い俳優になった竹財輝之助の若かりし頃が初々しい☺️
    松下奈緒はデカ過ぎるなぁ…
    ラストの未来予想図に感涙😭

  • 3.0

    ゆまゆめさん2021/06/28 16:31

    竹財輝之助さんを見たくて
    鑑賞しました。

    爽やかな恋愛映画でした。

    竹財輝之助がカッコ良くて可愛くて
    最後まで爽やかに見れました。

    別の役者なら刺激が足りなくて
    リタイアしたかもしれません…

    それと
    母親役の松坂慶子さんの

    言いたい事や、やりたい事は
    すぐに行動した方が後悔しない

    という言葉や

    さりげない優しい言葉が
    胸に刺さりました。

    私も旦那と長く付き合って
    一度別れて、でも忘れられなくて…という同じような経験をしたので
    昔を思い出して胸が熱くなりました。



  • −−

    saaaaさん2021/03/04 09:17

    すごい昔に見て、何回か繰り返し見たなぁ。
    松下さんも竹財さんもまだ全然知らないとき。
    久しぶりに見たい。

  • 3.0

    Yukiさん2021/02/26 19:50

    前半の展開が早いなって思っけど

    シンプルなラブストーリー

    ロケ地が
    ベイクォーターにラストは働いてた大聖堂と
    見てて面白かった

  • 3.3

    すみれさん2021/02/12 00:39

    夢を追いながら、お互いが必要な関係って素敵だ。音楽も抜群に合ってた。
    14年前なのに松下奈緒さんの美貌は変わってない

  • 4.0

    Miさん2020/09/09 02:31

    キャストも音楽もストーリーもぴったりで好きな作品。サグラダファミリアとガウディがもれなく好きになれます。

  • 3.0

    Hirokingさん2020/08/10 10:10

    夢と愛の現実に揺れ動く二人…
    ドリカムの歌に彩られ、同じ建築士としても感情移入しちゃった。
    歯痒さも、刹那さも、愛しさも…全部詰まった作品でした。
    あ!レビュ1,000だ!

    2020年159本目

  • −−

    singerさん2020/07/12 02:02

    見始めてしばらくして、「これはちょっと・・・」と思ってしまいましたね。
    元々、あんまり期待もしてなくて、モチーフになったドリカムの曲にも思い入れは特に無く。

    何となく観ていて他人の恋愛話を聞いてるような気分になりました。
    お手本通りのような恋愛だなぁと。
    それはそれで、当の本人からすると素敵なものなのかも知れないですけど、
    こうして客観的に見ると、ちょっと気恥ずかしい。
    そういう理由で、ラブストーリーというは、苦手なジャンルだったりする。

    ラストシーンは良かったですね。
    主人公二人の想いが収束して、良いクライマックスになってたと思います。
    ただ、そこに至るまでの展開が冗長で、しかも唐突過ぎる。
    10年という長い時間を描く中で、ひとつひとつのシーンに気持ちの積み重なりが無かったように思いました。
    なので、先が気になってハラハラするとか、そういう過程の中の面白さは殆ど無かったのが残念でした。
    そこさえしっかり描けていれば、ラストはもっと感動的だったのになぁ・・・と。

    それにしても、竹財輝之助と松下奈緒・・・美男美女過ぎ。
    この二人がやると、素敵な恋愛を絵に描いたように見えてしまいますね。
    演技に自然な感じはよく出てたと思うけど、ちょっと理想の恋愛像を描き過ぎのようでもあり。
    しかし、松下奈緒。
    口をボーっと開けてても、美しさが全く損なわれないのが凄い・・・。
    この人は馬鹿な演技は出来そうに無いなぁという位、際立って綺麗な存在感が映えてました。

    弓削智久や、関めぐみ、光石研など、渋い脇役が居るわりには、
    上手く生かせてなかった気もするけど、もっと主人公二人の思いの深さを描いた方が良かったと思う。
    全体的に何か表層的なんですよね・・・。

    「未来予想図」、「未来予想図Ⅱ」。
    実は、両方、ずーっと嫌いな曲でした。
    何か・・・「下らないなぁ」と思ってて、ロックンロールを聴くような自分だったわけですが、
    今回映画を観て、印象が変わったりすることは無かったです。
    やっぱ、恋愛観が違うとダメなんだろうなと。
    ———————————————
    🎦こちらは2008年4月20日にブログに投稿したレビューです。
    先週のミュージック・ステーションがドリカムトリビュート特集で、
    最近J-POPに興味を持ち出した娘と一緒に、改めて彼らの楽曲を聴いたわけですが、それでもやっぱり結構苦手なグループかなぁという印象は払拭出来ず。
    でも、10年位前の友人の結婚式で、リクエストがあって「未来予想図II」をアカペラで歌う機会があったんですが、実際に歌ってみると、そのメロディの抑揚が物凄く気持ち良くて、ちょっと吉田美和さんと気持ちがリンクした気がして。
    以来、今では、いつかは生で聴いてみたいなぁと思っている歌い手の1人ですね。
    ウチは家内もドリカム好きで、娘もワンダーランドに興味深々だったので、いつか家族で見に行ける日が来るのかもなぁと、そんな日を夢見たりしています。

    “Dreams Come True”

    いつか、“夢は叶う”のかなぁ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました