お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

三文役者

G

自らを“三文役者”と呼んだ役者・殿山泰司の半生を描いた名作ドラマ。

戦後の日本映画の貴重なバイプレーヤーで、自らを“三文役者”と呼んだ役者・殿山泰司の半生を描いた、新藤兼人監督が贈る名作ドラマ。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2000
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-06-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

三文役者の評価・レビュー

3.5
観た人
305
観たい人
245
  • 5.0

    miyajimaさん2021/06/06 00:22

    今日のステキな1本。

    兎に角にも出演者のみなさんが
    上手い。

    泣いた。鎌倉のアサ子さんの
    裸足に。

  • 3.6

    ハンターさん2021/05/16 10:18

    随分前に観た映画を又観てしまった。この宣伝ポスターとってもいい。面白い映画だと思って観てたらやはり新藤兼人監督。

  • 4.0

    tychさん2021/05/02 10:58

    2000年 126分。多数の映画に出演した名脇役 殿山泰司の役者人生と私生活 出演した何本もの映画も挿入されている。18才の時から暮らす内縁の妻がありながら 二十才近くも若い妻を娶り 二つの家庭も抱えながら浮気もしょっ中 仕事も精力的にこなしながら 大酒飲みで 肝臓を胃をこわしていく「禁酒宣言」はするが禁酒はしない。憎めないキャラで ニコニコと右手を上げて挨拶する愛すべき男を竹中直人が好演 喋り方はまるで本人のようであった。

  • −−

    すいそ水さん2021/03/17 10:22

    河内音頭を2人で歌うの良い。付き合いたての頃は恋を確かめ合うように。タイちゃんのご臨終の時は別れたくないキミちゃんの愛おしむ気持ちを込めて。歌は不思議だ。歌はキミちゃんの寂しさに寄り添ってくれた。
    そんなさりげない歌の2人のやりとりに、うっかり大泣きしてしまった。

    結婚式で嫁取り唄を当然のように歌うのも良い。

    「歌う」という行為が今よりも広く限定されていなかった時代だ。

    撮影の合間の合宿のような雰囲気も良い。田舎の酒屋でみんなでぞろぞろ一杯やりたい。

  • −−

    Dさん2021/03/04 22:06

    2021年45本目
    殿山泰司を好きになる映画。赤坂と鎌倉に女がいて、なんだかんだ二人から愛されていて羨ましいななんて思ったり。お酒好きで女好きでダメな男なんだけど、真っ直ぐで気取らないところが愛されるのかな。タイちゃんに向上心はあった。

  • −−

    DaiOnojimaさん2021/02/09 17:59

     1989年に亡くなった俳優・殿山泰司の破天荒な生涯を竹中直人が演じる。殿山の盟友とも言える新藤兼人が書いた原作を新藤自身が脚色・監督した。殿山が出演した新藤映画のフッテージも随所に登場する。殿山は生涯で主役は2本だけ(いずれも新藤監督作品)という典型的なバイ・プレイヤーだが、昭和の日本映画が好きなら、必ず1度や2度は見たことがあるはず、と言い切れるぐらい多くの作品に出演している。

     竹中と、内縁の妻を演じる荻野目慶子のやり過ぎと思えるほどの大オーバーな演技で評価が割れるかもしれない。特に殿山の、一度見たら忘れられない特異な風貌と独特の声・喋り方の特徴を徹底的に真似した竹中の演技は良くも悪くもこの映画のカラーを決定していて、最初はそのあまりのアクの強さが気になり、せっかく買ったDVDを鑑賞途中で放棄していたほどだったが、意を決して最後まで見たら、制作者の殿山に対する愛情が溢れまくった、普通に良い映画でした。新藤監督の妻で、殿山とも数多く共演している乙羽信子(1995年没)が、語りとして劇中の竹中と対話する構成も面白い(乙羽のパートは乙羽の生前に収録したもの)。新藤組で馴染みの俳優が総出演していたり、大杉漣や松重豊、大森南朋や田口トモロヲなど、脇が妙に豪華なのも、殿山の人望の表れなのかと思ったり。

     アマプラでも見られますが、DVDに収録された新藤監督と竹中直人のコメンタリーが非常に興味深いので、機会があればぜひ。(2020/10/31記)


  • −−

    いみさん2021/02/02 00:19

    全く知らないのに、殿山泰司という人が大好きになる映画。映画に恩返しされた人。竹中直人は殿山泰司と、その殿山泰司が演じる映画の役と、すごい劇中劇。なんの気無しにタイトルだけ見て観たのがよかった。

  • 5.0

    だいちゃんさん2020/12/22 01:58

    竹中直人の演技もさることながら、新藤兼人のシナリオと撮り方だと思う。他の監督がこれやったら全く面白くもなんともないし成立しないんじゃないか。何かこう観ている方を画面の中に引っ張り込む絵的な力がすごいと思う。竹中直人のわけのわかんない関西弁好き

  • 3.7

    メッシさん2020/11/18 17:42

    殿山泰司の俳優人生を竹中直人が演じる。

    一番は竹中直人のナリキリ殿山泰司の面白さ。声出して笑っちゃうこと必至。

    前半は竹中直人のコントを観ているよう。

    ただ殿山泰司ってこんな破茶滅茶で純粋な人だったんだ、と意外に思った。

    再現と証言をないまぜにしても混乱しないのはやっぱり新藤兼人の熱量のなせる事のような気がする。
    観たことあるようでない新感覚を味わえた。

    殿山泰司とこんなに向き合うのは裸の島以来。
    素晴らしいです。全員。

  • 4.0

    dodoさん2020/11/05 17:34

    名脇役、殿山康司の実話を大好きな竹中直人が、演じているので、それだけで満足。
    酒飲みで、女にだらしがなく、兎に角胡散臭い!が、チャーミング。
    荻野目さんの、潔い脱ぎっぷりが素敵。
    笑えるし、ちょっぴりホロリときたり、ポロリがあったり。
    楽しめました♪

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す