お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ツレがうつになりまして。

G

宮﨑あおい、堺雅人競演のハートフル・ドラマ。夫のうつ病を機に、絆を深める夫婦の姿をユーモラスに描く。

うちの家族は漫画家の私と、夫であるツレとイグアナのイグのちょっと変わった家族だ。ツレは仕事をバリバリこなし、毎朝お弁当まで作るスーパー・サラリーマンで、おまけに性格も超ポジティブだったが、ある朝、真顔で「死にたい」ってつぶやいた。病院での診断結果は、仕事の激務とストレスが原因によるうつ病。私は「会社辞めないなら、離婚する!」とツレに告げるが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2011
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-06-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ドラマ邦画ランキング

ツレがうつになりまして。の評価・レビュー

3.5
観た人
39644
観たい人
7695
  • 3.8

    チュンセさん2020/07/12 00:24

     勉強になった。
    うつになった原因を考えるんじゃなくて、うつになった意味を考える。
    本人にしか分からない、不安や辛さがあるというのが伝わってきた。
    あ、と、で
    は心にとめておこう、

  • −−

    tさん2020/07/11 20:39

    素敵な夫婦だった…2人のお互いを大事にする気持ちとかこれまで積み重ねてきた日々が、鬱病に負けない理由になっているんだと感じた。ツレがうつになったからって変に変わろうとせず、「頑張らない」と決めて春さんなりに向き合っている姿が、理想的で羨ましい。なんの気も使わない上司や兄弟も、近所の次男坊の元気な様子を見守っていた春さん両親もいて、うつ病の周りにはうつ病を知らない良い人も悪い人も沢山いるんだと思った。自分と自分の支えたい人は、私しか大切にできないんだと思う。

  • 2.8

    きりんさん2020/07/11 09:07

    人って結構がんばれって言ってるよな、がんばらないこともいるよな。

    ゆるゆるホワホワと進んでいきまして、
    確かにうつ病には偏見とかあまり理解してないところがあったけど、病める時に向き合う心を教えてくれる映画。
    「休みは、休むことが宿題なんだよ。」

  • 3.0

    あるさん2020/07/09 16:15

    タイトルだけ聞いたことあり見ることに
    『きいろいゾウ』感がすごくある
    宮崎あおいが幼顔すぎて年の差を感じた
    重く暗い映画かと思ったらほっこり可愛い
    宮崎あおいが真剣な話をする時の低い声は
    沢尻エリカの声に似ている気がした
    「休みの時は休むことが宿題なんだよ」
    身近な人の一言で救われるし自殺に繋がる
    うつ病は身近なもの、みんな見るべき

  • 3.9

    LiveMeさん2020/07/09 13:08

    淡々と、でもとても誠実にうつ病と向き合う夫婦の様子が描かれていて、ああ、生きてるだけでいいもんだなあと、しみじみさせられた。
    病は気からと言うけれど、その気持ちの治し方を誰も教えてくれない。心と身体を同じようにいたわって、大切な人を支えて支えられて生きていかなきゃなーとおもった。

  • 3.3

    アラーンさん2020/07/07 15:21

    暗くて重い話ではなく
    ゆる〜くて、かわいらしい^_^

    堺雅人の演技が徐々にツボに入り、
    クスクス笑える場面多々あり、

    鬱は誰にでもなりゆる。

    知ってるつもりでいたけど、症状や仕組み、勉強になった!心は複雑。

    優しく包み込んであげるパートナーがどれほど支えか。
    好きになる夫婦。

    内容はリアルな話。

  • 3.5

    ふかひれスープさん2020/07/06 23:38

    頑張れ。頑張れ。って言われる中で、頑張らなくてもええんやで。って言ってくれた人がいたの思い出した。そっか頑張らなくてもいいんだって気が楽になった。その言葉のお陰で今日も生きれてるし明日も生きてると思う。

  • 3.0

    yUkiさん2020/07/05 23:57

    私も同じような経験があるので、少し辛かった。
    表現がとてもリアルで、俳優さんの表現力、演技力に圧倒された。

    妻の言動によって傷ついたことも、全て曝け出されていて、伝えたい気持ちが大きいことがわかった。

  • 3.5

    mumbleboyさん2020/07/05 23:01

    何となく気分的に日本映画が観たくなって、この映画に対する予備知識も何もなく宮崎あおいと堺雅人だったら信頼できると思い、観てみたら予想は的中しました。原作がかなり話題になった本だったという事は全く知らず、観ていて宮崎あおい演じるハルさんが漫画家なんだったらこの体験を漫画にしたらいいんじゃない?と思ったら実際にそうなりました。

    自分は鬱病になったことはないけど、数年前にある日立ち眩みみたいな事があってこのままの生活を続けたら自分は鬱になるかも知れないと思って当時やってた仕事をやめました。毎日満員電車に乗って会社勤めみたいな仕事でもないのに知らない間に病み始めてたとすると実際にサラリーマンの仕事をしてたら確実に鬱になっていたのではないかと思います。しばらく前に観た「最高に素晴らしいこと」も鬱病というか精神病に関する映画でしたがやはり心の病で一番の助けになるのは身近に愛を持って一緒にいてくれる人がいるかいないかではないかと思いました。

  • 4.0

    masa1さん2020/07/05 20:56

    2011年宮崎あおい、堺雅人W主演の夫婦ラブストーリー

    【ツレがうつになりまして】

    気になってたけど、テーマが苦手かなって敬遠してたけど、宮崎あおいがいい演技してるって事で鑑賞。見たことないとても可愛らしい宮崎あおいが見れるよ。

    テーマは重いけど、説教ぽくなく全編コミカルにゆるく可愛らしい作風で楽しくもあり、でもやっぱり泣かされたりいい日本映画だった。
    実話らしいけどこんな素敵な夫婦って居るのね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す