お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

クイール

G

実話をもとに、一匹の盲導犬と様々な人々との触れ合いを温かいタッチで描いた感動ドラマ。

生まれて間もない子犬のクイールは、すぐに親元を離れてパピーウォーカーのもとで1年間育てられ、そして盲導犬となるべく訓練センターでの生活を始め、多和田訓練士の訓練を受ける。やがて、盲導犬を断固拒否していた渡辺が、クイールのパートナーに決まったが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2003
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-06-27 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

クイールの評価・レビュー

3.4
観た人
5450
観たい人
928
  • 3.5

    ぽちさん2020/11/26 17:12

    クイールが本当頭のいい子で可愛い。
    最後までご主人様を守ろうとして、感動する。
    パピーウォーカーのもとで育つ1年がその子の性格を決めるのかもしれないけど、本当いい家族のところにいたんだなー

  • 3.5

    みっこさん2020/11/12 18:27

    知ってた。これ見たら絶対泣いてしまいことを。犬とか猫とか動物系映画はどうしても…

    盲導犬のことって、知ってるようで知らない。私たちには計り知れないほど、助かってるんだろうな。でも、まだまだ日本の社会は盲導犬やその他の補助犬に優しくないなって日々感じる。あー、もどかしい…

  • 3.8

    皮膚呼吸さん2020/11/09 00:24

    犬は本当に優しい生き物。
    最近は犬の映画ばかり観て泣かされている。

    人のために働いてる犬たち
    元気や癒しをくれる犬たち
    ありがとう!

  • −−

    chacoさん2020/11/05 00:08

    盲導犬の教育方法、知らないことだらけだった。
    関西弁こてこて
    感情表現の苦手な視覚障害者の渡辺さん(小林薫)がもどかしくてもどかしくて。
    カッコつけたい気持ちも端々に出てたり人間らしかった。
    盲導犬のクイールの生涯はずっと懸命。

  • 3.5

    soutaの映画まとめさん2020/10/29 19:26

    【soutaの邦画つぶやき No.229】
    "クイール"


    ラブラドール・レトリーバーの盲導犬"クイール"の 生涯を描いた実話。


    "盲導犬"について 詳しく知れる映画。
    目の見えない障害者の方に 寄り添う盲導犬は、身も心も打ち解けさせる温かい存在なんだなぁと思った。クイールの一生を描いてるので、やはり 最後は泣いてしまう。。

  • 3.6

    勝沼悠さん2020/10/25 14:32

     写真集『盲導犬クイールの一生』を映画化。

     これ、元は本といっても写真集だったのか。うまい具合いにストーリーを持った盲導犬紹介映画にはなってると思うのだが、たぶん写真集が持つ力を越えていないのではないかなぁ。。。

  • 3.6

    chi09さん2020/10/09 22:36

    実在の盲導犬クイールの生涯🦮
    盲導犬について知ってるようで知らなかった。

    パピーウォーカー、訓練士、それぞれの役割。大事なバトンを継ぐ。

    母親が普通の家庭犬だと盲導犬には適さない血統が大事。サラブレッドではない
    普通の家庭犬の母から産まれたクイールが愛情溢れるパピーウォーカーに育てられ、訓練士とのトレーニングによって盲導犬になった!クイール誇らしく思う。

    パートナー視覚障がい者の渡辺さん(小林薫さん)最初はクイールに対しても冷たく愛情も感じられなかったが、落第したことにより変化。
    その時に見せる優しい表情からクイールの存在を認め自分を受け入れたように感じる感情表現が見事だな🤍

    訓練士(椎名桔平さん)、視覚障がい者それぞれの視点の発する言葉にはっとさせられ考えさせられた。
    観て知ることが出来て良かった。
    どうやって撮ったのだろうと思う程、表情豊かで賢くてかわいいクイール🦮

    子供の頃に飼っていたラブラドール・レトリバーの愛犬の姿とクイール重ね合わせながら観てしまい、懐かしく、切なく、心温まる🤍

  • 3.5

    Nakaoさん2020/10/06 23:28

    うわぁぉ懐かしい。盲導犬クイールといえば実家に写真集?絵本?もあったな。

    ストーリーは盲導犬となったクイールと盲目のおじさんの物語。クイール頭も良くて可愛い、そして名演。

  • −−

    はさん2020/10/05 17:57

    どうしよう、泣けなかった
    けどお父さんの死と、クイールの死が縦付けに起きて特に最後の方は悲しかった。
    お父さんの死と共に自分の任務 終わった、と感じそれをじわじわと味わうように眠っていくクイールの姿が何とも言えない。
    初めは盲導犬を必要ないと感じてたお父さんもすっかり絆を強くしていくし、またみたいと思った

  • 4.0

    ちらしまさん2020/09/14 13:35

    泣くのに鉄板の話
    小さい頃みて大きくなった今でも見て号泣する

    街中で盲導犬を見る度この映画を思い出して涙腺が緩むくらい

    昔の映画だけど、泣けます
    クイールが可愛すぎるのと

    なんだろ家族とか色んな会いに気づかさせれる
    これが実話なのもまた泣ける

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す