お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

アンナと王様

G
  • 字幕

ジョディー・フォスターとチョウ・ユンファの豪華競演のスペクタクル・ロマン。

19世紀末、東南アジアの国シャム(現在のタイ)。モンクット国王は、王子達の家庭教師として英国人アンナを迎え入れた。西洋に育ったアンナは封建的な国王と何度も衝突するが、国を愛する王の心に打たれ徐々に絆を深めていく。その頃、隣国ビルマによって国境地帯が襲撃され、その背後には侵略を企む英国の影が! さらに国内で勃発したクーデターにより、王国に危機が迫る!

詳細情報

原題
Anna and the King
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1999
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-07-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー洋画ランキング

アンナと王様の評価・レビュー

3.3
観た人
1403
観たい人
425
  • 3.3

    MiYAさん2020/06/17 22:24

    名作といわれるミュージカルをドラマ化して、何の意味があるんだろうか。歌唱シーンがなければつまらないし、結末も知ってるのだから、2時間半は退屈すぎるだろう。

    と思ったら、結末が全然違ったんでびっくり! ほぼ室内劇だったミュージカルに較べると屋外のシーンも多かったりはしますが、最後があんな爆発アクション(?)になるとはね。いずれにせよ、ミュージカルの悲しい結末に比べりゃ、随分と後味がよろしいです。

    文明国が非文明国を教化するという帝国主義的な要素はどうしても拭えませんが、いっぽうで異国でたくましく生きる女性の姿はうまく描けていると思います。

    でも、タイ人がこれ見て怒るのは仕方ない。だって、なんでタイ人が王様を演じないのかって話ですよ。

  • 3.5

    Ryujiさん2020/05/14 20:25

    王様と私は未見。ジョディ・フォスターが英国人でチョウ・ユンファがタイ人?まー、日本人も演じてるくらいだしね。そこに違和感を覚えるのは野暮か。これ完全に史実?最後のはちょっと出しゃばりすぎじゃね?花火とか。

  • 3.3

    なおふぁさん2020/04/26 21:24

    チョウ・ユンファさんの表情の演技がとてもお上手で、一瞬で心情が、そのシーンの意味が理解できる素晴らしさ。


    全くストーリーを知らずに観たのですが、もっと宮廷内でドロドロするかと思ったら、外政がおもでした。

    改革の種は、長くかかる。
    新しい一歩を踏み出した王の前には、もっともっと前からのしがらみが横たわってるのですね。

    映像の美しさに期待してみたのですが、前向きな人の清しさも楽しめるストーリーでよかったです。

  • 3.0

    かっつさん2020/03/03 00:31

    こういう史実に基づいた話って嫌いじゃないんだけど、一歩間違えるとうそ臭いというか、逆にドラマティックになりすぎちゃうことがあるから危ういんだよね。

    チョウ・ユンファがシャムの王って…

    渡辺謙がやるよりましか。
    やっぱり、ユル・ブリンナー?😅

    《鑑賞:2009/12/13》

  • −−

    4歳の女のコさん2020/03/01 01:44

    🚧👷🏻‍♀️鑑賞記録ONLY👷🏻‍♂️🚧

    【過去鑑賞】
    これから少しずつ2000年代以前の作品も記録してIKKO
    ↔️☝🏻” ゚Д゚)<<どんだけぇ——ッ!!!!
    …すいまてん。モチのロンで観てまつ

  • 2.9

    さす池さん2020/02/16 21:46

    【過去に観た。★記録】

    ジョディフォスターが小柄で可愛過ぎるしチョウ・ユンファのまるっこい顔が愛らしすぎて全面的に萌えました。

  • 2.8

    JangDuxPanchamaさん2020/01/12 02:48

    ユル・ブリンナーとデボラ・カーの方は忘却の彼方なのですが、
    ジョディ・フォスターとチョウ・ユンファもなかなかです。

  • 3.3

    犬さん2019/11/05 21:27

    改革

    1862年
    未亡人のアンナは、10歳の息子をつれてシャムへとやってきた
    モンクット王に依頼され、王子たちに世界への視野を広める教育を施すアンナだったが……

    リメイク

    教えがスゴい


    いろんな違いがある

    国が綺麗
    雰囲気あります

    2人の感じが良い
    トム・フェルトンが幼いです

  • 4.9

    maaaarrrriiiiaさん2019/09/29 01:23

    チョウユンファを好きになったキッカケとも言うべき映画。
    タイ人に、ちゃんと見える!
    タイに住んでいたので、このあたりは厳しめに 笑
    立ち居振る舞いもタイの王様らしく、男性なのに、アジア特有の美しさ、アジアンビューティーを感じた。
    ラストのダンスシーンは、本当に素敵。

  • 3.7

    Waddyさん2019/08/05 23:53

    19世紀のシャム(タイ王国)にて、実在したラーマ4世とその家族に支えたイギリスの家庭教師アンナの物語。

    どこまでが本当かは分からないが、
    伝記小説を元になっていて、3回目の映画化作品🎬

    このラーマ4世の時代は日本では幕末で、
    黒船が来航してるかしてないかぐらいの時期。
    かたやタイのラーマ4世は未来を見据えた近代化に向けて、王の子供達に英語や歴史、科学などの教育や欧米文化を早くも取り入れていち早く強国へと成長させる手立てを整える。

    当時タイはビルマ(ミャンマー)との国境で対立してたことや、周囲の国々はどこも植民地になって居たことから、強い外交政策が求められていた事が描かれており。

    東南アジアの歴史に詳しくなかったので、非常に勉強になった。
    結果、このラーマ4世やアンナからの教えがあっての事からか、 息子であるラーマ5世が近代化の施策を推し進め、司法を制定し欧米列強に対して強く出れた事で、日本同様アジア諸国で植民地にならなかった珍しい国になったというエピソードも。

    王様が本音で話せる存在としてアンナがどこまでの存在だったのかは謎であるが、間違いなくタイにとっては大きな存在であったのかもしれない。

    タイ国内ではこのアンナの小説に賛否両論あり、国内では上映禁止されてるらしい。

    とりあえず王様役のチョウ・ユンファの渋さだけでも見る価値あり👀

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す