お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

デジャヴ

G
  • 字幕

トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演の緊迫のタイムリミット・アクション巨編!

543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグは、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬間、強烈な“デジャヴ”に襲われた―「私は、彼女を知っている…」。彼は特別捜査班の一員として、政府が極秘に開発した【タイム・ウィンドウ】と呼ばれる映像装置を見せられる。その正体は、現在時間から《4日と6時間前》の映像を自由に見ることができる、驚くべき監視システムだった! まるで生きているかのように美しい彼女の姿を見続けるうちに、ダグは再びデジャヴを感じ、さらに「彼女を救いたい」と強く願うようになる…。やがて、《4日と6時間前》の過去と現在をめぐる《驚愕の真実》が明かされる。果たして、彼は“すでに殺されている女性”を救い出し、“すでに起こってしまった爆破事件”を防ぐことができるのか?―その答えは、“デジャヴ”に隠されている…。

詳細情報

原題
Déjà vu
関連情報
製作:ジェリー・ブラッカイマー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-07-18 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス洋画ランキング

デジャヴの評価・レビュー

3.6
観た人
11633
観たい人
4091
  • 4.5

    げちぇなさん2020/05/30 21:54

    随所のデジャブを後で解消していくが覚えておくのが大変。SFの説明や前提がすぐに頭に入ってこない。でも総じてかなり面白かった。

  • 3.6

    Mさん2020/05/28 12:40

    中途半端に見てしまったので時空の流れが若干混乱してしもーた。
    真剣に観るべきだった。
    でもラスト、あぁ…からのハッピーエンドでなんか、やっぱハッピーエンドっていいなと思った。
    気持ちが明るくなるね。

  • 4.4

    KanaYoshidaさん2020/05/25 23:18

    難しいけど、こういうお話好き!!
    時空越える映画!
    面白かったー!
    最後どうなんの?!運命は変えられないの?!
    最後までハラハラドキドキ!

  • 3.7

    ガブXスカイウォーカーさん2020/05/25 10:13

    《あらすじ》
    連邦捜査官のダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、記録データから再構成される過去(4日と6時間前)の映像を見るシステム「白雪姫」を使ってなんとか爆破テロの犯人を逮捕する。やがて白雪姫は4日前に現在の人間を送れるタイムマシンでもあることがわかり、ダグは爆破テロを防ぐために過去に飛ぶ。

    最初からダグがタイムマシンでタイムスリップする話にすればいいのにと思ったけど、それではよくあるタイムスリップ物になってしまう。やはりダグが4日前とリンクしながら犯人を追う(と書いても映画を観ていないと意味がわからないと思う)前半がこの作品の最大の特徴なのだ。
    丁寧な説明があるので、いちおう話と設定はわかるし、要所要所にアクションを入れてくるのでドキドキハラハラもする。でも、どーせ、全てうまくいくんだろ? どうやってダグは4日後に帰るんだ? 現在のダグと鉢合わせしないのか? なんて思っていたら、ラストは切ない。トニー・スコット監督のファンでありながら、難解そうな設定とあらすじでずっと観なかったことを後悔した。こんな複雑な設定の企画を通し、それを脚本、映像化したスタッフたちを高く評価したい。

  • 3.3

    megameyagiさん2020/05/23 18:36

    タイム・ウィンドウ”と呼ばれる4日と6時間前の過去の特定のエリアを自由に見ることが出来る監視システムを使い女性を助けるストーリー!

    超自然現象を期待していたがSFサスペンスであったのでちょっとがっかりしたが楽しめた!

  • 3.8

    TakumaSumiさん2020/05/23 11:52

    意外に面白かったから高評価!
    途中から観たと思って見返したら、全く違う映画だった!
    ミッション8ミニッツを思い出した!

  • 3.7

    Kさん2020/05/21 14:31

    時間と記憶。デジャブ現象の不思議を扱ったSFサスペンス。

    後半に見事に改修されていく伏線と、一筋縄に進まないストーリーに結末がどうなるのかドキドキでした。

    違う時間軸で描かれる、変わったものと変わらないものの見せ方が面白い。

  • 4.6

    アキラナウェイさん2020/05/21 00:08

    面白れぇーーーーーーーーい!!!!
    良過ぎてゲー出るかと思った!!!!

    トニー・スコット&デンゼル・ワシントンコンビ。
    この組み合わせで5作も作ってる。
    そして、ジェリー・ブラッカイマー製作なもんだから、とことんエンタメ、爆発、銃撃、カーチェイス!!

    2006年2月28日、ニューオリンズで543名もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件が発生。捜査を担当するATF捜査官ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、その的確な捜査能力を買われ、FBIの特別捜査班への協力を要請される。

    彼は政府が極秘に開発したのは、衛星から撮影したデータを蓄積し、"4日と6時間前"を映し出す、最新鋭の監視システム"スノー・ホワイト"。遺体として発見された謎の女性クレア(ポーラ・パットン)が事件の鍵を握っていると睨んだダグは、テロ事件以前の映像で彼女を監視し、真犯人を血眼になって探し出そうとする。

    冒頭、フェリーに乗り込む乗客達。

    あれ…?デジャヴ?
    船の上から人形を落としてしまう少女。
    見た事ある…。

    エ、エ、エ、エルたーーーーーん!!
    子役時代のエル・ファニング発見!!
    我ながらエルセンサーの感度の良さにビビる。

    4日と6時間前の映像から真犯人を探すなんて、めちゃんこ面白い設定。意味のわからん言葉を並べ立てられて、科学的根拠なんて真偽の程はわからんけど、映画だからいい!そこらへんの設定はそれらしく語ってくれたらオッケー!

    そして、これはただ過去の映像を観ているんじゃない…!?って気付いてから、更に面白さが跳ね上がる。

    ダメだ!!
    ネタバレしないでレビューを書くのはこれが限界。
    以下、ネタバレ含みます。

















    ダグが、レーザーポインターでクレアを照らし、過去と現在が窓越しに繋がっているとわかってからが面白い。

    紙を折り曲げた時に、紙の端と端とがくっ付く様に、過去と現在が繋がり合う。

    ならば!!
    死んだ彼女を救う事だって可能じゃないか!!

    ダグは過去に戻ってクレアを救うと決意。
    大して活躍する場面のないヴァル・キルマーが、「お疲れ様」とでも言う様に普通に退勤して家に帰るのワロタ。いや、奇跡のタイムトラベルを見ようと思わんの!?

    タイムトラベル!?いや、んなアホな。
    って思う人もいると思うけど、メモ用紙を転送出来た時点で、デンゼル・ワシントンの1人ぐらい、過去に転送出来るかもと思わせる映画のマジック。

    質量を軽くする必要があると、服を脱がされるダグ。ターミネーターが裸なのはそういう事か。本作では下着は履いていて良いって言われていたけど。

    クレアの部屋の留守電メッセージ、
    血だらけの洗面台、
    ダグの指紋、
    その他諸々、
    散りばめられた伏線が続々と回収されていく爽快感。

    フェリーに乗り込む乗客のシーンは最初と最後に二度流れるが、同じ映像なのに、緊迫感がまるで違う。

    そして、「デジャヴ」という言葉に帰着するラストシーン。最高か。

    これは大好きな映画。
    色んな人に布教したい。

  • 3.0

    XTCさん2020/05/20 22:45

    2020.05.20
    なぜ二度目だと思った? デジャヴ? 海からダグの死体の破片が見つかるかも。物語の起点となる時間軸において、タイム•リープしてきたデンゼル•ワシントンはいつ死んだ? 辻褄が合っていない。それからハッピー•エンドのようでいて、結局のところ、いつだってバッド•エンドになりうる世界にいるわけで。ここが面白い。

  • 3.7

    中本さん2020/05/20 15:57

    おデコが切れるくらいのカットはトニースコット映画で印象的な気がする好き。ゴーグルを着けて片目で過去の犯人を追いながら走る場面は斬新だった。ストーリーは大体「マイノリティーレポート」。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す