お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ガタカ

G
  • 字幕

近未来を予言するスタイリッシュ・SFサスペンス。

DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来“不適正者”として自然出産で生まれた若者が適正者に成りすまして宇宙へ旅立とうとするが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ガタカの評価・レビュー

4
観た人
57153
観たい人
40562
  • 4.3

    いけやりくさん2021/06/18 21:58

    常軌を逸してこそ、不可能を可能にできる。
    例えそれが、遺伝子によって差別される世界だとしても。
    最後のジェロームのシーンで、炎色反応によって、銀メダルが金メダルに変わったように見えるシーンがなんとも切ない。。

  • −−

    Keikoさん2021/06/18 21:57

    ???
    そもそもなんで車椅子ジェロームは車椅子ってだけで世捨て人になる必要があった??遺伝子至上主義の世の中なら車椅子でも上層の仕事につけるはず、、SFなのにバリアフリーじゃないし(なぜか家にエレベーターがない) 97年の映画とはいえ古すぎる、、

  • 3.0

    adeamさん2021/06/17 12:22

    遺伝子操作によって人間の優劣とその運命が生まれた時点で確定するようになった未来を舞台に、自ら運命を切り開こうと奮闘する男を描いたSFドラマ。
    いかにもSF的な設定でありながら突飛な世界観ではなく、あくまで現代の現実世界の延長線上のようなビジュアルイメージが作品に説得力を与えていて良かったです。
    正体を偽ることで生まれるサスペンスがおもしろく、身分発覚の危機の乗り切り方がやけにアナログなのはイマイチでしたが、殺人事件の発生によって更なるサスペンスが上塗りされていく展開は良かったです。
    人間のアイデンティティとは何か、予め最適な形に定められた運命は幸せと言えるのか、そんな哲学的テーマを含みながらも娯楽作品として成立させているバランス感覚が見事でした。
    しかしラストの検査での手助けはあまりにも簡単に為されてしまっており、主人公が人生をかけて闘ってきた重みを台無しにしている気がしました。

  • 3.8

    ゆのはさん2021/06/17 10:19

    遺伝子操作で生まれることが当たり前の世界。
    あり得そうであり得ない近未来を舞台に繰り広げられるストーリーは私を不思議な世界にいざなった。
    ネタバレになるためどこがとは言えないがアンビバレントな感情になる。
    自然出産って生まれてきた以上、完璧な人などいないけれど、人間は可能性に満ちた生命体なのだと改めて思った。

  • 3.5

    hirokoさん2021/06/15 15:41

    ずっと見たかったのに私の試してるサブスクにはことごとく無くて、まさかのテラサで!
    全然ハマらなかった…好きなやつだと思ったのに…笑
    や、よく見たらこれ24年前の作品なの凄いな…!
    エンドロールの【GATC】だけブルーなの好き。

  • 4.2

    さきさん2021/06/15 12:06

    最初無心で見てたんやけど、徐々に訳が分かってきて引き込まれていく映画やった。ラストには泣いた。でも、1度見ただけで全てを理解出来るようなものじゃなくて、完全な感情で泣くことは出来んかった。
    ストーリーが理解できないんじゃなくて、登場人物の心理が難しい。受け取り方が色々あっていいなと思う。
    初めて見て、誰かの、考えすぎじゃね?っていう考察を読んだけど、奥が深い作品なんやなってのが分かった。
    とにかく主人公ヴィンセントの強い意志と遺伝子に負けない努力が、見る人の気持ちを変えると思う。
    ジェローム、アイリーンの心もすごい動かしたんやろな

  • 4.3

    かびさん2021/06/14 23:39

    最高だった。大好き。ドンピシャで今求めてた映画だった👶🔥

    ちょっと怖くて切ないSF、大好き。
    無駄がなくて綺麗でのめり込んでみちゃった。

    生命倫理の分野はからきしわからんけど、この映画でいう適正と不適正が共存する前提の遺伝子操作ってありえるのかな。

    難しいことは置いといても、アンニュイなジュード・ロウが満点だった💯
    ジゴロ・ジョーが最高だと思ってたけど、更新しそうな勢いだった……。

  • 4.3

    はらさん2021/06/14 21:48

    こういう同性同士の恋とも友情とも言えない深い関係が大好き
    所々の演出が凄すぎて何とも言えない気持ちになる

  • 3.5

    DelayManさん2021/06/14 01:29

    遺伝子操作で造られた優れた能力を持つ適正者と自然妊娠で誕生した不適正者という区分けが出来た近未来
    不適正者である主人公が協力者と手を組んで夢を叶える為、適正者になりすますという内容

    20年以上前の作品と考えると作品の近未来の雰囲気と発想が凄い
    適正者が優先され不適正者は不遇な扱いをされるという差別的なルールが出来ている近未来で、それを自身の努力で跳ね返していくという主人公の一面とほぼ犯罪行為を行うという一面が描かれている

    近未来の作風の中で、全然未来的になっていない部分も含まれていたのが少し雑だなと思ったので、設定も含め気になる人は気になるかもしれない

    全編冷静なテンションで進んでいくがコンパクトにまとめられていてSFの名作と言われる作品の中でも観やすい作品だと思う

  • 4.3

    まいこさん2021/06/13 01:41

    残酷なまでに美しい未来
    愛だけでは君に届かない

    DNA繰作による優秀な遺伝子を持った“適正者”によって支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは、自分の運命を変えるためDNAブローカ一の紹介でジェロームという青年の適正者lDを買い取り、ジェロームになりすますが…。

    "NASAの選ぶ最も現実的なSF映画"
    あらすじを読んでわかる通り大体のストーリーラインが予想出来て、あとはエンドがどうなるか、というのが醍醐味だろうと、それほど期待せずに鑑賞したのが間違いだった……🤦🏻‍♀️

    SFと人生と自然が要素として入ってきて死生観まで繋がってしまうともうダメ。遠泳と宇宙の光と生命の輝きは色々と連想しちゃうし、全ての画が美しくて「ヌァーーー😭これですよこれ待ってましたァー😭😭」と、ドツボにハマってしまった。あと何よりもくどい程かかる『The Morrow』の破壊力。終盤に流しちゃダメでしょう。

    宇宙服でなくスーツが標準服装だったり、捜査がザルだったり、ラブに偏るにしてもサスペンスに偏るにしても描写不足が気になる場面がある。
    しかし、綺麗で切なく退廃的な世界を最後まで描きり、熱い思いを胸に前へ進む登場人物の姿に心揺さぶられ、そこから明日も一日頑張ろうと思えたならば、いいんじゃあないかなぁと鼻水をすすりながら思うものです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す