お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

天国は待ってくれる

G

井ノ原快彦(V6)主演の純愛映画。

築地に住む宏樹、武志、薫の3人は、幼い頃からまるで兄弟のように育った。3人は、「聖なる三角形」を描いて、一生の友情を誓った。誓いの通り3人の友情は大人になっても変わらなかった。ある日、武志は宏樹の前で薫にプロポーズをした。薫は戸惑うが、武志と結婚する事を決める。しかし、婚約パーティーの日、武志は交通事故に遭い、そのまま意識不明となる。3年後、宏樹は、初めて薫に思いを告げ、結婚の約束をするが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

天国は待ってくれるの評価・レビュー

2.7
観た人
296
観たい人
125
  • 3.0

    ユナマリアさん2021/12/02 10:02

    幼馴染み3人による邦画ならではの感動作。

    清木場初映画主演と話題になったが、芝居云々と言うより、この役がとことんハマっていて、蟹江敬三も共に本当に魚屋さん?と思ってしまうレベルだった。

    いのっちと戸田恵梨香のフレッシュなお芝居も見所と言えば見所。

    個人的には仕事の都合で時間が合わない武志が、幼馴染みの宏樹と薫を遠くから見つめる場面が大好き。

    こんなに近くにいるのに距離感があると言う心理描写がうまく表現されていた。

  • −−

    桜さん2021/06/16 20:45

    清木場俊介が見たくて、映画館で鑑賞。

    車がゴロゴロ転がるシーンで無になった。

    主題歌は勿論良かった❤️

  • 2.8

    かっつさん2020/02/16 15:07

    どこかで観たような…

    事故って眠りについて、突然目が覚めたと思いきや余命1ヵ月、でやっぱり…

    いいのでしょうか、これで?
    岡田惠和も所詮は〝脚本家〟だということ?
    原作やらせても…

    《鑑賞:2007/8/14》

  • 4.0

    sayuさん2020/01/23 23:54

    清木場俊介さんのファンなので鑑賞しましたが感動して涙が溢れました。

    3人の特別な関係性が素敵!
    武志の気持ちを思うとすごく切ないけれど…強いな、すごいなと思いました。

    主題歌の「天国は待ってくれる」も優しいメロディーと歌声がとても心地良くて大好きです

  • 1.2

    shioriさん2018/09/09 21:51

    みんなの家族の関係がよかった。それにしても都合よすぎ、運わるすぎ。みんなそれぞれあの歳になるまで恋しなかったの?って違和感。戸田恵梨香が光ってた。

  • 2.6

    muさん2018/01/07 18:37

    なんかチケットもらったんだったかで、母親に連れられて映画館で観た思い出!

    幼馴染の三角関係。重い。重かった。号泣した。小学生の頃の薄い記憶だけど(笑)

  • 2.8

    Liaさん2017/05/06 22:19

    最近同じような境遇を味わったので、待つということの辛さを感じて胸が痛みました。自分の場合は半月だったから、3年よりは短かったけれど。やはり自分の大切な人がいなくなってしまうんだと予感できてしまう状況は、ただ待っていることしか、何も出来ない、非常に辛い。ただラストが物凄くキレイすぎて、逆に泣けませんでした。優しい終わり方だとは思うけどこんな風にとんとんと話が進むかな、と。井ノ原さんはやっぱり和むな。舞台の演技の方がすきだけれど、でも映像系の演技もすき。

  • 3.0

    侑菜さん2016/12/10 13:17


    「あの頃、僕らは永遠だと思ってた。」

    小学校の時築地に転校して来た宏樹は、級友の薫と武志と仲良くなる。
    その後も3人の友情は続き、宏樹は新聞記者になり、薫は文具店に勤務し、武志は築地市場で働き始める。
    3人の関係はずっと変わらないように思えたが、ある日、宏樹の前で武志が薫にプロポーズし、薫はそれを受ける。

    大人になってもずっと一緒は難しいよな、、、
    清木場さん今何してるのかなぁ?

  • 2.0

    マッサージ屋さん2016/01/30 11:32

    小学校からの幼なじみである宏樹(井ノ原快彦)、薫(岡本綾)、武史(清木場俊介)は大人になっても変わらない友情を育んでいる。
    宏樹も武史もそれぞれ密かに薫に対し恋心を持っていたが、ある日武史が3人揃っている時に薫に対してプロポーズをする。
    だが結婚式当日、宏樹は自動車事故を起こしてそのまま昏睡状態となり3年の月日が流れた・・・。

    公開当時に気にはなっていた作品ですが評判が芳しくないのでスルーしてました(^_^;)

    ストーリー的には難病モノに友情と恋愛が描かれ“泣き”の法則はあるはずなんですけど…特に何も心に響いてこないんですよ。
    というのも、主要キャラ3人が誰も本音を語っていない。誰も感情を爆発させない。
    上辺だけの友情じゃないの?みたいな(^_^;)
    そうなると宏樹と薫が病の武史に対して会話するシーンがただの作り笑いにしか見えなくてちょっと気持ち悪かった(笑)

    しかし岡本綾はこの作品の後引退状態なんですよね〜。不倫スキャンダルが引き金で。
    もったいないなぁ(^_^;)

  • 3.7

    ちょへさん2015/06/23 03:55

    公開当初から気になってはいたものの
    今日までずっと観るタイミングを逃してきた映画。

    なんとなく結末が読める映画ではあったけど、観てよかったなって思える時間でした。
    タイトルと同名の主題歌がやはりこの映画の肝。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました