お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

G
  • 字幕

アカデミー監督賞をはじめ、オスカー4冠を獲得した巨匠アン・リーによる感動のアドベンチャー大作!

第85回アカデミー監督賞をはじめオスカー4冠獲得! 巨匠アン・リーが贈る感動のアドベンチャー大作。1960年、インド・ポンディシェリで生まれた少年パイ・パテルは、父が経営する動物園で動物たちと触れ合いながら育つ。そしてパイが16歳になった年、両親がカナダのモントリオールに移住することになる。しかし、家族と多くの動物たちを乗せた貨物船は、太平洋のど真ん中で突然の嵐に見舞われ沈没。たったひとり、救命ボートにしがみつき一命を取り留めたパイだったが、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられた凶暴なベンガルトラが身を潜めていた。小さなボートに残されたのはわずかな非常食、そして一頭のトラ。果たしてトラは少年の命を奪うのか、それとも希望を与えるのか!? かくしてパイと一頭のトラとの、227日にも及ぶ想像を絶する漂流生活が始まる。

詳細情報

原題
LIFE OF PI
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-01-28 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日の評価・レビュー

3.5
観た人
37638
観たい人
10752
  • −−

    Ayaさん2021/12/02 01:05

    原作を読みおわってから映画を観ようと思ってたけど、洋書&割と分厚くて、時間がかかってしまったので映画を観ちゃうことに‥。

    圧巻。素晴らしい作品だった。
    とにかく映像が美しくて、かなり集中して見入っている自分がいた。そうゆうのは久しぶり。

    円周率のように割り切れないことがたくさん起こるのが人生。残酷だけど、美しくもある。人として生きる為に、心の拠り所を探すのかなぁ。

    ひっくり返される最後の約20分。
    映画はまた何度でも観たいし、本も読み終えようと思った。映画館で観たかった‥。
    スピリチュアルで、哲学的で、
    かなり好みでした。

  • 3.8

    mimiさん2021/11/29 19:47

    漂流するまでは何回も寝落ちしてたけど漂流してからは釘付けになった。

    思わぬ終わり方をしてビックリ。
    妄想話をずっと聞かされてて最後に現実?
    どっち?
    どっちでもいいや、映像がほんとに綺麗だった
    「どっちが好き?」って聞かれたら見せられて(聞かされて)楽しいのはリチャードパーカー(トラ)との漂流記だな
    過酷で残酷だったけどどんな最悪の状況でも希望を持って生きるって大事だなーと思った。

    夜の鯨のシーンとか、ミーアキャットの島とか引き込まれる
    島は横たわる人間の形だった。

  • 3.6

    ayaさん2021/11/28 17:12

    気になっていた映画。
    鮮やかな色彩。
    少年とトラが漂流って、特別な絆でも生まれる友情ストーリーかと軽い気持ちで見たら、なんじゃこれーってなった。

    トラ出てくるまで長いんだけど、漂流が始まったらとても濃い。

    幻想的で残酷。

    生と死の狭間と宗教の話。

    命をいただくことは自然界でごく自然なこと。

    壮大な哲学映画。

  • 3.9

    ぐりりんさん2021/11/28 16:53

    すごい映画でした。
    映像美が素晴らしいことはもちろん、ラストでこの物語は一変します。衝撃でした。
    見る角度によって、こんなにも景色というものは違って見えるのか…!

  • 3.6

    KARENさん2021/11/28 03:44

    海が怖い私からしたらトラと漂流ってよりも
    海の方が怖くて笑

    あと、クジラのところ素敵なのに残酷、、、、
    あの島は結局なんだったのか、とか色々思うことはあるけど素敵な話でした

  • 3.8

    マッシモさん2021/11/24 12:08

    ヤン・マーテルの小説『パイの物語』を原作とした物語。インド人の青年パイ・パテルが語るトラと漂流した227日を描く。

    【キャスト】
    パイ・パテル(青年):スラージ・シャルマ
    パイ・パテル(成人):イルファーン・カーン

    監督はグリーン・デスティニー、ブロークバック・マウンテン、ジェミニマンのアン・リー氏

    【ストーリー】
    序盤はパイの人生を特に幼少期からの家族関係や置かれた境遇を描き。ある理由でパイとその家族がカナダに移住することになり日本の貨物船へと乗船する。しかし、インドからカナダへと航海の途中船が事故に見舞われ沈没し、パイは家族と離れ離れになり、救命艇にはオラウータン、ハイエナ、シマウマ、そしてトラと海を漂うことになる。

    【総評】
    タイトル通りに本当にトラと一緒にサバイバルする姿は中々持ってユーモラスだし色んな意味で見やすい映画にはなっている。暗くて重たい雰囲気になりがちなサバイバルモノがこんなに鮮やかに描かれるのは稀かと思う。

    【あとがき】
    本当のことはパイ・パテルにしかわからない。それでいいと思う一本。

  • 3.5

    神代さん2021/11/23 05:50

    虎までの話がめちゃくちゃ長い。
    ラストのところで、虎の物語が真実なのかそれとももう一方の現実味のある話の方が真実なのかを問うシーンが好き。

  • 3.5

    ぱんごろうさん2021/11/22 19:48

    過去の鑑賞を記録。
    映像や音響など知覚的な要素は良かった。
    海上でのサバイバルも壮絶で凄かった。
    けど内容はイマイチだった。

  • 3.2

    TDSさん2021/11/21 16:56

    トラと太平洋を漂流

    何よりも映像が綺麗
    海も動物も自然もどれも綺麗

    話の解釈は聞き手に任せられる的な

    大半が海のシーンで酔いかけた

  • 4.0

    やすきーさん2021/11/18 10:03

    2021年144作品目
    虎と漂流し、生きるか死ぬかではなく何故生き残ったかという話。
    冒頭40分ほどは主人公パイの生い立ちでいつ漂流するんだと思ったが、いざ見終わるとだいぶ満足感があった。
    漂流中の演出に飽きはなかったし、結末としてはこれはどう結論づければ良いの?と考えさせられる。
    某シーンは映画館で見たかったなあ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました