お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

G
  • 字幕

アカデミー監督賞をはじめ、オスカー4冠を獲得した巨匠アン・リーによる感動のアドベンチャー大作!

第85回アカデミー監督賞をはじめオスカー4冠獲得! 巨匠アン・リーが贈る感動のアドベンチャー大作。1960年、インド・ポンディシェリで生まれた少年パイ・パテルは、父が経営する動物園で動物たちと触れ合いながら育つ。そしてパイが16歳になった年、両親がカナダのモントリオールに移住することになる。しかし、家族と多くの動物たちを乗せた貨物船は、太平洋のど真ん中で突然の嵐に見舞われ沈没。たったひとり、救命ボートにしがみつき一命を取り留めたパイだったが、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられた凶暴なベンガルトラが身を潜めていた。小さなボートに残されたのはわずかな非常食、そして一頭のトラ。果たしてトラは少年の命を奪うのか、それとも希望を与えるのか!? かくしてパイと一頭のトラとの、227日にも及ぶ想像を絶する漂流生活が始まる。

詳細情報

原題
LIFE OF PI
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-01-28 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日の評価・レビュー

3.5
観た人
35393
観たい人
9967
  • 4.2

    てつこてつさん2021/03/01 11:40

    アジアが世界に誇る巨匠アン・リー監督の二度目のオスカー最優秀監督賞受賞作品。

    台湾時代の作品「ウエディング・バンケット」「恋人たちの食卓」、ハリウッドに活動の場を移してからの「グリーン・ディスティニー」「ハルク」「いつか晴れた日に」「アイス・ストーム」「ブロークバック・マウンティン」「ラスト・コーション」「ウッドストックがやってくる!」と、およそアン・リー監督の全ての作品が自分の好みである身としては、この映画もどうしても贔屓目に見てしまう。

    とにかく「徹底的に映像にこだわる監督」であることで有名なだけに、嵐のシーン、凪んだ海に漂うボートと少年とトラのショット、辿り着く浮島を埋めつくさんとするミーアキャットの描写などなど、この作品の3D効果およびCGを駆使した映像は圧倒的に美しい。自分はシネコンの小さなスクリーンで観てしまったが、出来ればアイマックスシアターで鑑賞しておきたかったなあ。

    原作は、向こうではそこそこ有名な冒険ファンタジー小説らしく、映像化があまりにも困難で、M・ナイト・シャラマンやタランティーノ監督らが一時製作を考えたものの匙を投げたものだとか。

    主人公の少年を演じた役者は、これが演技初体験らしく、むしろそれだからこそリアルだし、演技も誠実。

    原作小説こそ読んではいないものの、一つの映画作品としては、寓話の中に様々な宗教観が織り込まれ、そしてそれが決して押しつけがましいものではなく、子供から大人まで楽しめる見事な出来映えであったと思う。

    漂流の末に最後に救助された少年。彼が号泣した理由は、トラが一度も振り向くことなくジャングルに消えて行ってしまったから・・。これは、なかなか深い。

  • 3.7

    Loveさわげさん2021/02/27 20:37

    カトリックもヒンドゥー教も宗教は分からないので、知っていればこそ楽しめる部分が多い。けどそれを抜きにしてもハラハラドキドキする脚本や神秘的な映像体験に楽しませてもらえた作品。

    物語は自分がどう捉えるかで結末が変わる。

    後で解説読もう。

  • 3.8

    Taiseiさん2021/02/27 10:48

    初めの40分は淡々と主人公の少年時代の話があるので退屈だが、船で遭難してから物語は動きます。
    最後の20分でどんでん返しがあります。
    振り返ると退屈だった最初の40分と漂流中の出来事がいろいろな伏線があります。

  • 3.6

    CYunaさん2021/02/27 01:01

    片方のストーリーがもっと宗教的なことと
    絡んでいそうだと思ったので(島の形とか)原作を読んでみたい。

    最後にえ!そう言うことだったのか!
    ってどんでん返し凄い!的な話だけではなさそうな色んな要素がチラチラ見えた。。

    よくある原作の細かい大事な部分を映画ではカットして惜しい感じになってしまったのかな。。と。

  • 2.5

    めそさん2021/02/23 16:43

    トラと漂流というわくわくサイコーファンタジー冒険譚‼️かと思ったらぜんぜん違った……!
    自分はオチというか真相というかそういうのを知ってから見てしまったのでそこまで衝撃もなかったな〜もったいない〜〜😭知らないひとはそのまま見てくれ
    映像がたいへんうつくしい。公開初日に映画館で見たい(タイムスリップ?)

  • 4.0

    ほーくさん2021/02/23 11:45

    “When you look into an animal's eyes, you are seeing your own emotions reflected back at you, and nothing else.”

    少年パイと動物たちが心通わす作品。
    そう思って鑑賞していたが、パイの最後の告白で全てが反転する。
    張り巡らされた伏線の数々に唸らされました。

    何が真実で物語かはパイのみぞ知る。

    P.S.
    海と自然の映像美に魅せられました。 
    ペトロと魚のような、聖書を想起するような場面が散りばめられているのもまた良い。

    1.ストーリー:3
    2.構成:4
    3.喜怒哀楽:4
    4.映像や音楽:5
    5.演出:4

  • 3.7

    デコポンさん2021/02/23 10:53

    そうはならんやろ(なっとるやろがい)
    純真な心でトラかわいいと思いながらアドベンチャー物のして観るのがベストかも
    オチを知ってる状態でみると楽しさ半減
    やはり猫は至高

  • 3.9

    misoさん2021/02/23 03:34

    1回目で信じたいものを信じて
    2回目で全部疑って観て
    3回目で(飛ばしながら観て)「あー、…あー…。。」ってなる…。

    私は、4回目はもう良いかなってw
    自分の終わらせたい処で終わらせればいいや。

    深読み好きな人は是非観るべき。

    個人的には、深読みはやめて1回目で終わっておくのか良かったかなぁ…。

    1回目の観賞の印象が1番好きw

  • 3.6

    けいさん2021/02/22 17:45

    単純に動物との冒険映画ではなくて、哲学と宗教のお話!最後の最後まで明言しないところが良い。観終わったあと考察サイト見漁っちゃった。

  • 3.5

    ターノさん2021/02/21 01:05

    見る前はトラと仲良くやる感じなのかなとか思ってたけどいい意味で期待を裏切られてよかった
    海が異常に綺麗

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す