お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

天心

G

主演・竹中直人。他に中村獅童ら豪華キャストで、岡倉天心と弟子たちの熱い生き様を描く。

明治初期、若き天心はフェノロサと共に日本美術の保護に奔走していた。その後、東京美術学校の校長に就任。横山大観、下村観山、菱田春草ら若き才能の育成に尽力するなど、美術界のエリートコースを歩んでいたが、西洋画派との対立により、辞任に追い込まれる。天心は、彼を慕う大観ら弟子たちと共に日本美術院を立ち上げるが、やがて経営難へと陥ってしまう。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

天心の評価・レビュー

2.7
観た人
50
観たい人
46
  • 1.4

    まっとさん2020/09/23 03:31

    かっこつけてるだけの映画。

    28歳の岡倉天心を、老人の竹中直人が演じている絶望的な違和感。

    話が断片的過ぎて、明治の美術界が全く見えてこない。

    フェノロサとの出会い、法隆寺夢殿の再発見、20代でなぜ東京美術学校校長になれたのか、制服を古代の武官風の装束にした理由、ボストン美術館職員としての日本美術の収集合戦などなど語ることはいくらでもあったはず。

    そうした重要エピソードを全部すっとばして、かっこつけた観念的なセリフをナルシスティックな調子で竹中直人が喋っても、何も心に響かない。

  • −−

    hiroさん2020/07/12 08:22

    日本画の歴史が垣間見れて勉強になった。あまり作家のことをしらなかったけれど、みたことのある作品がちらほらでてくるので「この作品のことかー」と再確認できた。直線だけかかされる、曲線だけかかされる、そして新しい日本画を模索する…もはや職人の世界。

  • 2.8

    みるるさん2020/06/07 17:12

    岡倉天心、横山大観、菱田春草たちの
    関係性を整理することができて
    日本美術の勉強になった。

    やっぱり竹中さんの存在感がすごい。

  • 3.0

    はぬーさん2020/01/03 06:59

    文化勲章を受賞した横山大観に、記者が取材をするという冒頭から始まる。

    五浦六角堂を建てた岡倉天心と、その弟子たちの奮闘。西洋化が進む怒涛の明治期に、日本画とは何かを追求していく人間の映画。

    日本映画において菱田春草に焦点を当てて描いた事があるのは、本作ぐらいではなかろうか。
    とにかくメインの役者が良い。
    天心役の竹中直人は勿論。大観役の中村獅童、春草役の平山浩行が最高。

    台詞回しもカッコいいし、退屈しない。


    配給時の宣伝文句に100年前にクールジャパンを創った男たちなどとあるが、クールジャパンなどという文句の軽さに嘲笑すら覚える。

    後半に六角堂にて横たわる天心を窓越しに映すカットがあるのだが、硝子の歪みで竹中直人の顔が歪み、ちょっと面白かった。

    絶対に最後の現代の東京藝術大学を映したシーンは要らなかった。
    新制の現・東京藝術大学と、天心が創立した東京美術学校は別物であるし、そもそもが排斥された東京美術学校を辞任して、創立した日本美術院を描いた映画なのだから、そこを間違えてはいけない。

    過去に松本清張原作の『脱兎のごとく・岡倉天心』というNHKのスペシャルドラマがあったそうだが、そこで下村観山を演じた本田博太郎が、今作では謎の船頭役で登場している。

  • 3.0

    ayaさん2019/12/20 22:38

    岡倉天心、フェノロサ、狩野芳崖、菱田春草、横山大観、下村観山、など大まかな流れを掴むには良かったです。勉強になりました。五浦(いづら)にもいつか行ってみたい。

  • 2.0

    horsetailさん2019/10/09 13:47

    アマゾン・プライム。
    予告編を見ただけで、これはだめだろうな、と感じさせられた。案の定あまりよいできではない。明治美術に興味があるのでがんばって最後まで観た。
    前半はフェノロサ、狩野芳崖と日本画を作り上げる過程。後半は、東京美術学校を追い出された後、弟子を連れての五浦での生活。
    天心は、自分では絵を描かず、抽象的言葉を放っては、弟子の描く絵にダメ出しを繰り返し弟子を精神的に追い込む。スタジオ・ジブリの高畑勲もアニメーターに度重なるダメ出しを繰り返し、スタジオを混乱に陥れたらしい。映画を観ていてこういう感じだったのかな、と思った。

  • 2.5

    ロミアラータさん2019/08/16 14:37

    配役を見たら、ちょっと観てみようとなったけど、面白くないです。
    天心さんの伝記です。日本の
    美術史に興味ある人は、楽しく鑑賞できるのかな?
    岡倉天心より、菱田春草の話?と思いました。
    今も昔も、芸術で食べていける人は、ほんの一握り。でも、その為に生きる人達って素晴らしいな、と思う。

  • 3.0

    Kazuchanさん2019/08/13 20:33

    岡倉天心という人そのものを無学な私は知らなかったので、、ふ〜ん。と思いながら鑑賞。

    景色が美しい✨
    でも、僕には難しいです。

    芸術とは…食えるどうこう考えてる次元ではないのだな〜〜
    そんな中、キタキマユさん演じる奥さんの演技は⭕️

    中村獅童さんは流石の安定⭕️
    しかし、
    竹中直人さんは、こーゆーのではなく、先日鑑賞した レオン的なのが好きです。
    他の追随を許さない!感、この人にしか出せないと思うので。

  • 3.4

    yassi1000rrさん2019/08/11 14:10

    春草の絵は上手いなぁと、とても好きだったのだがこんな物語があると知らなかった。大観、観山、武山と五浦での日々や岡倉天心が率いたというのもボンヤリとしかイメージしてなかった。芸術の遠さ。

  • 3.7

    エッジさん2019/03/05 20:37

    日本美術にとっての天心とフェノロサの貢献度がよくわかる。
    狩野芳崖宅の龍の襖絵をはじめ美術効果が優れてる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す